本記事には広告も含まれています。

foods、drink

濃いじゃが アンチョビオリーブは、味の広がり方と食感が楽しいポテト

濃いじゃが アンチョビオリーブ、パッケージ

 

濃いじゃが アンチョビオリーブ、レビュー感想

 

香りがものすごいですね。

お菓子ではなく、ちゃんとした料理の匂いです。

 

アンチョビを食べたことがないので分かりませんが、オリーブオイルやスパイス、それにニンニクの効いた、パスタっぽい匂いにも感じます。

ポテチとは思えない、本格的な香りなので、若干、気軽さがなくなってますね。笑

 

とにかく香りが豊かで、すっごく美味しそうな匂いを醸しだしているので、ずっと嗅いでいられます。

それと見た目が、ベビースターの丸をもっと潰したような感じにも見えなくもないです。

 

濃いじゃが アンチョビオリーブは、オリーブオイルやスパイス、それにニンニクの効いた、パスタっぽい匂いにも感じます

 

食べてみた感じでは、ん?って感じで、頭を傾げてしまうような味になっています。

香りと違って、味がそんなに濃くない?みたいな感じなんです。

 

ちょっと期待はずれかと思ったのですが、それも束の間ですね。

噛み進めていくと、味がだんだんと濃くなっていくタイプになっています。

 

濃いじゃが アンチョビオリーブは、噛み進めていくと、味がだんだんと濃くなっていくタイプ

 

味が一気に広がるような、瞬発力のある味わいではありません。

じわじわと濃くなっていく味なので、噛み締めて味わいたくなるポテチになっています。(ポテチといっていいのか分かりませんが。)

 

内側からやってくる味わいなので、自然と味わってしまいます。

じわじわくる味には深みがあって、通常のポテチとは全く違う、味の広がり方をしてきます。

 

飲み込む時には、深みのあるスープっぽい味わいにも感じられて、ちょっとクセになりそうな、心にまで染みるような味があります。

 

濃いじゃが アンチョビオリーブは、通常のポテチとは全く違う、味の広がり方をしてきます

 

オリーブの味が芳醇で、なおかつ、広がる香辛料の刺激が加わっていて、多分アンチョビなんでしょうけど、深い味わいをにじませてきます。

美味しいです。

 

目の覚めるような美味しさみたいな感じではなく、落ち着いた、深みを感じさせる味を楽しむことができます。

それに、ポテトの味が香ばしく、しっかりと存在感があるので、十分ポテチの味も楽しむことができます。

 

濃いじゃが アンチョビオリーブは、落ち着いた、深みを感じさせる味を楽しむことができます

 

そして、食感が全然違いますね。

堅そうにみえて、全く堅くありません。

 

サクサクっとした軽さがあって、ほぐれ方がまた面白く、不思議な食感になっています。

細切りポテト自体にも、細かな空気層があるかのような、そんなサクサク食感に感じます。

 

どこにもない食感なので、その点も美味しさのポイントですね。

 

濃いじゃが アンチョビオリーブは、サクサクっとした軽さがあって、ほぐれ方がまた面白く、不思議な食感になっています

 

それに、一枚食べただけで、口に残るアンチョビオリーブの味がすごいです。

ほのかに残る感じではなく、濃厚に残ってきます。

 

いつまでいるの?って感じで、口の中に残してくる存在感が、とにかくすごいです。

はじめは、7枚しか入ってないとか思いましたけど、一枚の存在感がすごかったです。

 

一枚食べただけで、ちょっと忘れられない味がありますね。

 

原材料やカロリーなど

濃いじゃが アンチョビオリーブ、原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

ポテトスティック(馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油)、砂糖、食塩、チキンブイヨンスープ、香辛料、粉末油脂、レッドベルペパー、アンチョビパウダー、パセリ、オリーブオイル、乳等を主要原料とする食品、オリゴ糖、粉末しょうゆ/糊料(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、香料、パプリカ色素、香辛料抽出物、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉・魚醤(魚介類)を含む)

 

栄養成分表示 1袋(35gあたり)はこちら

エネルギー189kcal、たんぱく質2.0g、脂質11.4g、炭水化物19.4g、食塩相当量0.8g

 

濃いじゃが アンチョビオリーブ

 


 

+-------------------------------------------------------------------------------------+

ポテチ好きにおすすめしたい!湖池屋のオンラインショップでは、ここでしか食べられない貴重なポテチが食べられます。
【EC限定】湖池屋 工場直送便


お菓子のおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメを、無料動画配信サービス7つも含めてご紹介。
動画見放題で時間を忘れてみる?

お菓子を食べながら、楽しむエンタメの一つ。本や雑誌200万冊、読み放題できるサブスクです。コスパがよく非常におすすめで、スマホで見たり読めたりするので、どこにいても楽しめます。(初回1か月無料)

電子書籍Kindle Unlimitedで人生変えてみる?

1570ポイント無料で貰って、オンラインクレーンゲーム(オンクレ)を無料でする方法↓

景品獲得へGO!

-foods、drink