エンタメでリラックス

ゾンビ映画好きなら分かるゾンビあるある4選

ゾンビ映画好きなら分かるゾンビあるある

 

ゾンビ映画好きなら分かるゾンビあるある4選

 

まずは基本をおさらいです。

ポイント

ゾンビが襲ってくる=食べるため

ゾンビに噛まれたり、引っかかれる=ゾンビ化

 

これに疑問を抱く人は、いないと思います。

食べるために襲ってきますからね。

 

相当、腹が減っているんでしょう。

たまに走ってくるなんて生ぬるい、猛ダッシュでかけてくる、元気のいいゾンビもいますけど、そのエネルギーは一体どこからきてるのかって感じです。

食べてないと、そんなに走れないはずなんですけどね。

体が動かなくなると思うので。

でも、彼らは常に元気です。

肉が歩いてるー!って感じで見えるんでしょうかね。

おっしゃ今日は、パーリィーだーって勢いですよね。

もしくは、持ち前の明るさなのかもしれません。

まぁ、そこまではいいですよ。

ゾンビ化すると、単純な行動しか、とれなくなるみたいですからね。

ですが、ここから不思議現象が起きてくるのです。

ゾンビは人を食べます。

たまに動物も食べてますけど、基本人間です。

所詮、人間なので、動物を捕まえられないって可能性もありますけど。

人間がゾンビに噛まれると、ウィルスに感染して、後々ゾンビになるのは、有名な話ですね。

基本形です。

これを知らないゾンビ好きはいないですよね。

正確にいうと、ゾンビ好きではなく、ゾンビ映画好きですね。(細かい?)

いやだって、あんなグロい生き物、好きにはなれませんよね。

特殊メイクで演技しているだけなんですけど。(それを言ってはいけない)

もし本当にいて、出会ったら、食べた物全部リバースして、腰抜かす自信しかありません。

下手したら、盛大に水溜りを作るかもしれません。

というのはおいといて、ゾンビに噛まれると、ゾンビウィルスに感染して、ゾンビになります。

ここまでは当然ですよね。

ですが、問題はここからです。

たくさんのゾンビに囲まれて、埋もれるように食われる人間っていますよね。

おびただしい数のゾンビに、食い散らかされる人です。

はい、ゾンビに噛まれるとゾンビになります。

ですから、そういう目にあった人が、以前仲間だった人が、ゾンビになって目の前に現れたりします。

悲しい反面、恐怖ですよね。

でもですよ、確かに噛まれたらゾンビになるのですが、噛まれるというより、たくさんのゾンビさんに食われているんです。

とすれば、え!?さっきみんなに食われてたよね…みたいな。

俺見てたけど、かなりなゾンビに食い散らかされてたよねってなるじゃないですか。

それなのに、そこまで体が損傷していないし、あれだけのゾンビに食われて、なぜに骨になっていないのですか!みたいな現象が起きるんです。

首食われてたのに、頭繋がってるしみたいな。

手も足にもかぶりついていたのに、ちゃんと肉があるといいますか、服着て歩いてるしみたいな。

一体あのたくさんのゾンビたちは、どこを食べたの?みたいなことになるわけです。

以前の仲間がゾンビになって襲ってくるって演出だから仕方ないと言えば、そうなのですが…。

これゾンビあるあるですよね。

たくさんのゾンビに食われときながら、何歩いてんの!みたいな。

それに、1人で食べてるゾンビに出くわすことあるじゃないですか。

非常に恐怖を煽ってくるシーンです。

後ろ姿で、くちゃくちゃやっていながら、突然後ろを振り向くみたいな。

ミーターナみたいな顔してるじゃないですか。

元気のなさそうな肌の色しておきながら、顔はやる気まんまんみたいな。

そこまではいいとして、その食べられていた人。

なぜにゾンビにならない!?みたいな。

たくさんのゾンビに囲まれて食べられたはずの人は、割と肉が残った状態でゾンビになっているのに、1人のゾンビに食べられている人は、ゾンビにならないようなことが起こります。

1人の方が、ゆっくり食事ができるからという理由ですかね。

しっかり食べているので、ゾンビにならないんでしょうかって感じです。

腕だろうが胴体だろうが、無くなってもはってでも襲ってくる奴らですよ。

それがなぜかゾンビになっていない。

これもゾンビあるあるですよね。

それに、突然後ろに現れるゾンビもいますよね。

忍者か!っていいたくなるくらいの現れ方をしますよね。

そこから出てくるの有り得なくない?みたいな。

そんな高度な動きが、できるとは思えないじゃないですか。

人みたら、肉だー!って襲ってくる奴らですよ?

そのなコソコソ忍び足って、あのハッチャケテ襲ってくる元気はどうしたー!ですよね。

それに、ゾンビを倒す時に、ゾンビの血を浴びて、顔中血だらけの人がいますよね。

布で拭って、はい綺麗みたいな。

噛まれたり、引っかかれたりするだけでゾンビ化するのに、血を浴びてなぜにゾンビ化しないー!って思っている人、これは相当いると思います。

目や口や鼻、ましてや皮膚からゾンビウイルス入るよね…。

分かりますよ、それでゾンビ化していたら、主人公が、ゾンビ倒す度に入れ替わることになりますからね。

今ですらコロナの飛沫感染を防ごうと、マスクしているのに、ゾンビの血を大量に浴びて、それで平気ってどういうこと!?なわけです。

そうです、ゾンビ化するには、傷口ではないといけないんです。

そういう決まりなんです。

ゾンビ最大の謎があります。

ゾンビは、ゾンビを食わない。

ただ食べるために歩いているゾンビが、食べられれば何でもいいはずなのに、ゾンビは食べない。

なぜ…。

好き嫌いすんな!って、世のお父さんやお母さんに怒られそうですよね。

いんやおれは、特上A5ランクの肉しか食わんのや!みたいな葛藤もあるんでしょうかね。

全くもって不思議なのです。

そういった不思議現象に、見て見ぬふりをしながら楽しむのがゾンビ映画なんです。

疑ったら負けです。

仕方がないのです。

そういう矛盾に目を瞑って忖度です。

だって、ゾンビも…

人間だもの。

ってことで、ゾンビあるあるでした。

まだいくつかあるんですけどね。

今言ったことはキレイさっぱり忘れて、楽しみましょう。

追記

たまに、俺のことは気にせず先に行け!っていって犠牲になる人いますよね。

そういう行動を、引き止めようとする人、いるじゃないですか。

ダメだ!一緒に行くんだ!みたいな。

それを周りにおさえられるみたいな。

あれって、みんなを助けるために犠牲になろうとしているんだから、そこでモタモタされていたら、犠牲になる人って食われ損じゃないですか。

だから早く行けって思ってしまうのは、私の心が狭いから?

ゾンビが襲ってきているのに、そのやり取りの時間があるなら、一緒に逃げようよみたいな。

それに、早く行けとか言っておきながら、最後の言葉を色々述べている人もいますけどね。

たまには、行け!って言われて、分かったー!ピューンみたいに、清々しく後ろすらも振り向かず逃げる人もいて欲しい。(いたらいたで引くかもしれないけど)

行けって言った人も、あっあ~そんな感じ!?引き止めてくれないんだね…みたいになるパターンもあっていいような気もするんですよね。

悪いやつが、自分だけ助かるために、元々犠牲にするつもりで、仕掛けてくる場合もありますけど、先に逃げたひとは、だいたい先に食われますよね。

けど、最後まで生き残る人ってそういう人なんだと思うんですよ、現実は。

映画でそれしたら、みんなシラケるから、早々と鉄槌を下すわけで。

先に逃げて食われてらぁ、ざまぁみたいな感じなんでしょうけどね。

-エンタメでリラックス

© 2021 e-きっかけブログ