foods、drink

【レビュー】ん?なんだこれ?ん~とかいいながら止まらない梅れんこんチップ、感想

梅れんこんチップのパッケージ

梅れんこんチップレビュー

 

れんこんを、そのまま素揚げして、梅味にしたお菓子です。

 

始めて食べた時は、ん?なんだこれ?

っていうのが感想でした。

 

梅れんこんチップ

 

これって美味しい?疑問?みたいな。

れんこんの味はしないしなぁ、みたいな感じだったのです。

 

でも、ん?ん??とか思いながら食べていたら、止まらなくなってたんですよ、これが。

あら不思議。

 

れんこんのシャキシャキッとした食感は、チップになっているのでなくなっていますし、れんこんの味もしないのですが、食感はバッチリですし、そこに梅のほどよい味がくるんですよね。

 

梅れんこんチップの大きさ

 

しかも香ばしい香りもあるので、これはこれでありですね。

男は好きかなって感じがします。

 

それに、噛み応えがガリガリ、バリバリっとくるので、この食べた感はガツンときます。

若干、パリパリにした鶏皮っぽいような。

 

メーカーは、れんこんを軽いチップに仕上げ、梅の香りと程よい酸味を効かせました。

と言うことを書いていますが、軽くはないです。

 

チップというほどの、サクサク手軽な薄さはなく、少し厚みがあるので、しっかりした食感を味わうことができます。

そこに程よい感じの味付けがくるんですよね。

 

この程よいって感じが、ポイントだと思います。

ポイント

味があまりにも濃ゆい味だと、なんか違う感じがしたと思うんですよね。

 

しっかりした味付けになると、れんこんっていうイメージと、全く合わなくなるので、逆に違和感が出てきたと思います。

ですから、ナチュラル感が出ているので、ん?って感じが、個人的には正解なんだと思ってます。

 

その証拠に、手が止まらないんですよね。

これ↓

 

梅れんこんチップは手が止まらない

 

梅れんこんチップは、量もちょうどいい

量的にも、ちょっと食べたい時に、ちょうどいいと思います。

お菓子って、ついつい食べ過ぎてしまうじゃないですか。

 

ですから、いい感じの量なのではないかなって思います。

ポイント

量が少ないかわりに、ガリガリとくる噛み応えで、カバーできている。

 

これがサクサクって感じでしたら、量的に物足りない、イマイチって評価になりそうですけど、食べた感は、しっかりありますので、いい感じです。

 

梅れんこんチップのデメリット

デメリットとしては、一度開封してしまうと封ができないって点ですね。

ジッパーがついていたら、バッグに忍ばせられますが、まぁ途中で食べるの止めるって感じができなさそうなお菓子ですから、これはこれでいいのかもしれませんけど。

 

コスト的な問題かもしれません。

 

原材料やカロリーなど

梅れんこんチップの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

れんこん、植物油脂、でん粉、食塩、食物繊維、うめシーズニング/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料

 

栄養成分表(18gあたり)はこちら

エネルギー91kcal、たんぱく質0.6g、脂質5.4g、炭水化物10.9g(糖質9.5g、食物繊維1.4g)、食塩相当量0.9g

 

割れているものも出てきますが、そこは仕方ないのかなって感じがします。

 

梅れんこんチップは食べだすと止まらない


 

プチポリ納豆とまるごとおいしい干し梅の組み合わせ
なにこれ…、全然あり!プチポリ納豆とまるごとおいしい干し梅のコラボ、感想

プチポリ納豆とまるごとおいしい干し梅を合わせて食べてみたレビュー   なぜこんなことをしたのかといいますと、納豆に梅干しって合うじゃないですか。 ただ、それだけなのです。   です ...

続きを見る

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ