foods、drink

知らない人っているのだろうか?チップスターのレビュー感想

チップスターのパッケージ

 

これって食べたことない人いるんですかね?

置いていない店を見たこともないような…。

 

ほとんど誰もが知っていると思いますが、開封レビューみたいな形で紹介します。

 

チップスターのレビュー

 

チップスターの蓋は、ボンドでしっかりとくっついているので、開ける時に多少力が必要です。

小さな子供には、もしかすると無理かもですね。

 

箱の中にはさらに、遮光性にすぐれた袋でパッケージングされたチップスターが入っています。

 

チップスターの蓋を開ける

 

こんな感じで入っていますが、円柱の箱って必要?って感じもしないでもないですが、箱がないときっと、ボロボロになったチップスターを買うことになりそうです。

箱に入っていても、意外と割れているモノも、あったりするので。

 

だいたい底のチップスターは、高確率で割れてますよね。

蓋から中身のパッケージまでの空間が結構あるので、無くした方が割れにくいと思うのですが、どうなんでしょう。(上下に動けるから、割れやすいのでは…)

 

チップスターの中包装

 

チップスターの開け方って3通りありますよね。

  • 残すことを前提に、上の方だけ開けて、輪ゴムやクリップで閉じられるようにしておく開け方
  • パッケージを花びらのように広げて、箱に引っ掛けて縦にして食べる開け方(見た目がリップクリームみたいな感じですね)
  • 一か所を横に開いていく開け方

 

チップスターの食べ方

 

花びら縦置きにしてよく食べていましたけど、今では、横置きです。

倒れた時の惨事を考えると、横置きが安全で、食べている時に塩とかこぼれにくいので。

 

チップスターのいいところは、全部形が整っていることですよね。

しかもキレイに並んでいるので、掴みやすく食べやすい。

 

チップスターの特徴

 

楕円に反った形で、見た目からして美味しいですし、横でも縦でも掴みやすいんですよね。

ポテトチップの香りもいいですし、塩もきいていて抜群の美味さです。

 

しかもサクサクした食感が、手を止めることを許してくれません。

 

チップスター側面

 

チップスターLは、68~70枚くらい入っているんですよね、確か。

ですから、結構長く持ちます。

 

もうそろそろなくなるかなって思っても、意外とまだたくさん入っていたりするので、その辺もなんだか得した気分になるんですよね。

 

1本食べると、結構な満足感になります。

 

このチップス、1976年から、ずっとあるんですよね。

どれだけ、食べられているのやらです。

 

薄くて、軽いわりには、存在感がどデカイ。

 

原材料やカロリーなど

チップスターの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

ポテトフレーク、植物油脂、食塩/乳化剤、調味料(アミノ酸)

 

栄養成分表示(100gあたり)はこちら

エネルギー532kcal、たんぱく質6.4g、脂質31.0g、炭水化物56.9g、食塩相当量1.0g

 

てか、いつの間にか、ヤマザキナビスコから社名変更で、ヤマザキビスケットになっていました。

2016年に変わったみたいですが、知らなかった…。

 

チップスターがあると楽しくなる

 

チップスターは、アニメみるにも、映画みるにもあると嬉しい存在なんですよね。


 

チップスターの定番は、うすしお味、コンソメ、のりしおの3種類ですね。

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ