foods、drink

うま味とスパイシーが、押し寄せる!湖池屋ストロング鬼コンソメレビュー感想

湖池屋ストロング鬼コンソメのパッケージ

 

湖池屋のストロングシリーズ、2つ目購入してみました。

そして湖池屋のHPをのぞいてみると…。

 

現代社会を強く生き抜く人たちへ。

大人を解放する濃厚な食べ応え、それが KOIKEYA STRONG!

 

↑STORONGに、こんな意図があったとは…って感じです。

子供じみたお菓子ではなく、大人が満足する食べ応えってことですかね。

 

味というより、現代社会から解放して欲しい。笑

 

湖池屋ストロング鬼コンソメレビュー

 

開封時は、コンソメ?

みたいな、コンソメっぽくない香りがします。

 

湖池屋ストロング鬼コンソメの開封

 

通常の、コンソメお菓子の香りでイメージしていると、そんな印象になるんですよね。

お菓子と言うよりは、調理で使うコンソメのブロックの塊を、直接嗅いだようなくらいの濃さって感じです。

 

湖池屋ストロング鬼コンソメの食感もストロング

 

ストロングポテチの表面は波型で、食感もバリバリと力強く、硬く感じられて、なおかつ味も濃いので、まさに鬼って感じですね。

味は単純に、非常に濃いです。

 

どちらかと言うと、お菓子っぽいコンソメではなく、コンソメスープを濃縮してまぶしたような、そんな濃さがあります。

 

湖池屋ストロング鬼コンソメは、味が濃い

 

しかもポテチ系は、小さく割れたポテチとか、袋の底の方にたまっていると思いますが、そのほんのちょっとした欠片でも、味が濃いんですよね。

欠片なので、食感はガリッとすぐ終わりますが、味は関係なく、濃いコンソメとスパイスが、ブワーって広がります。

 

欠片ですら鬼です。

まさに、濃さの衝撃ですね。

 

湖池屋ストロング鬼コンソメは、ポテチのかけらでさえ鬼

 

スパイスもしっかり効いていて、スパイシーな辛味もありつつ、濃厚なコンソメが押し寄せてきます。

ひと噛みめの、鼻に抜けるコンソメの香りですら、強烈です。

 

そしてスパイスがアクセントになって、口の中をピリつかせ、薄いながらも力強い噛み心地の食感。

あと味は、コンソメとスパイスが、いい感じでポテトと混ざった、旨味を残してくれます。

 

中には、コンソメの薄い部分もあったりするので、そういうのは、ポテトの風味が強く味わえますが、それはそれで味の緩急があっていいんですよね。

ずっと衝撃的な味だと、慣れてしまいますからね。

 

でも基本的には、食感も味もストロングです。

 

原材料やカロリーなど

湖池屋ストロング鬼コンソメの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、砂糖、香辛料(大豆を含む)、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、食塩、ミートエキス調味パウダー(乳成分・小麦・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)、オリゴ糖、昆布、しいたけエキスパウダー、酵母エキスパウダー、粉末油脂、香味油(小麦・大豆を含む)/調味料(アミノ酸等)、パプリカ色素、香辛料抽出物、甘味料(ステビア)、香料(大豆由来)

 

栄養成分表示 1袋(56gあたり)はこちら

エネルギー314kcal、たんぱく質2.9g、脂質19.6g、炭水化物31.5g、食塩相当量0.9g

 

コンソメ好きで、もっとパンチのあるコンソメを食べたい時に、おすすめです。

うま味と、スパイシーが、押し寄せてくる体験を味わえます。

 

湖池屋ストロング鬼コンソメは、強烈なコンソメ味

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ