本記事には広告も含まれています。

foods、drink

シャトレーゼ ホワイトチョコラスクは、なぜか側面に…。

シャトレーゼ ホワイトチョコラスク、パッケージ

 

ラスク専用のフランスパンを、じっくり焼きあげてつくられた、シャトレーゼのホワイトチョコラスク。

丁寧に、一枚一枚ホワイトチョコを染み込ませているので、手で持った感じでも、そのチョコの厚みが分かります。

 

この辺は、チョコラスクと同じですね。

ちなみに、チョコラスクと原材料も全く同じです。

 

シャトレーゼ ホワイトチョコラスク、レビュー感想

 

ホワイトチョコの香りが、非常に際立っているラスクです。

とても甘そうな感じのする匂いなので、甘いのが苦手な人には、香りからすると無理かもですね。(実際には、そこまで甘くないのですが)

 

それに、ホワイトチョコの香りが強すぎて、ラスク感は全くないです。

ロッテが出していた、クランキーのパフ入りホワイトチョコと、そっくりな香りに感じます。

 

ラスクというよりは、ホワイトチョコとして美味しそうな感じです。香りではですね。

 

シャトレーゼ ホワイトチョコラスクの香りは、ホワイトチョコ一色

 

表と裏があるのか分かりませんが、ホワイトチョコの付き方が、若干違いますね。

意外にも、フランスパンの耳の部分が、ホワイトチョコが層になっているくらいついています。

 

手に持った感じがヌルッとして、持ちにくいくらいですから。

 

シャトレーゼ ホワイトチョコラスクは、側面にホワイトチョコがたっぷり

 

はじめはどうかなって半信半疑でしたけど、食べると非常に美味しいです。

サックサクの食感と、ホワイトチョコの味が、絶妙にあっています。

 

全く違和感がないですね。

むしろラスクとの相性が良すぎるくらいです。

 

それにチョコラスクと違って、ホワイトチョコの場合は、ちゃんとラスクとしての味が残っています。

ホワイトチョコの香りが強いだけに、これもラスクの味はしないのかと思っていたのですが、意外にもちゃんと感じられるので、得した気分になりました。

 

苦味もなく、甘さも程よい感じに十分あって、美味しいですね。

 

シャトレーゼ ホワイトチョコは、ちゃんとラスクとしての味が残っています。

 

香りと違って、そこまで甘さが強くないので、甘いのが苦手な人でも、意外といけそうな感じがします。

通常のラスクと違って、滑らかな甘さになっていますので。

 

噛み心地は、ホワイトチョコでしっとりとする食感もあるんですけど、基本的にはサクサク食感なので、噛むのが気持ちいいのは、このラスクも同じですね。

ミルクのクリーミーな味わいもあるので、滑らかな味の広がり方をします。

 

原材料やカロリーなど

シャトレーゼ ホワイトチョコラスク、原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

準チョコレート(国内製造)、小麦粉、ショートニング、全粉乳、砂糖、パン酵母、食塩、モルト/乳化剤(大豆由来)、香料、酸化防止剤(V.E、V.C)

 

栄養成分表示(1枚あたり)はこちら

エネルギー84kcal、たんぱく質1.2g、脂質4.9g、炭水化物8.9g、食塩相当量0.1g

 

シャトレーゼ ホワイトチョコラスク

 

+-------------------------------------------------------------------------------------+

ポテチ好きにおすすめしたい!湖池屋のオンラインショップでは、ここでしか食べられない貴重なポテチが食べられます。
【EC限定】湖池屋 工場直送便


お菓子のおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメを、無料動画配信サービス7つも含めてご紹介。
動画見放題で時間を忘れてみる?

お菓子を食べながら、楽しむエンタメの一つ。本や雑誌200万冊、読み放題できるサブスクです。コスパがよく非常におすすめで、スマホで見たり読めたりするので、どこにいても楽しめます。(初回1か月無料)

電子書籍Kindle Unlimitedで人生変えてみる?

1570ポイント無料で貰って、オンラインクレーンゲーム(オンクレ)を無料でする方法↓

景品獲得へGO!

-foods、drink