foods、drink

ポテチNo1のホクホク食感、じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>レビュー感想

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>のパッケージ

 

じゃがいも心地の食感は、食べ心地がとにかく良すぎます。

ポテチNo1じゃないでしょうか。

 

塩味は定番でも、あまり食べないのですが、ホクホクした食感とポテトの旨みを味わいたくて、買ってしまいました。

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>

 

開封時に味わえる、シンプルなポテチの香りはたまりませんね。

じゃがいもと塩だけなはずなんですけど、どこかコンソメのようなコクも香りから感じますし、とにかく香りがいいです。

 

揚げ方?なのか、厚みのせい?なのか、素材なのか分かりませんけど、香りの時点から美味いんですよね。

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>開封時の香りから美味い

 

ポテチの見た目といい、厚みといい、色合いといい、総合的に美味いです。

すでにポテチ自体の味を、知っているっていうのも、あるかもしれませんけどね。

 

はじめて食べた時は感動しましたよ。

このポテチを食べた時の心地よさときたら、完璧ですね。

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>は、本当にうまいポテチ

 

ほんとに、うめー!って感じですよ。(目を見開きます)

なんなんでしょうね、口の中が幸せなんですよ。

 

このポテチの滑らかさといいますか、口に入れた瞬間に感じる、舌触りだったり、食べた時に感じる噛み心地や、口の中に広がる優しさみたいなものが、完璧なんです。

しかも、サクサクというよりは、本当にホクホクしているんですよね。

 

食音はサクサクなんですよ、でも全然違うんです。

通常イメージしているポテチとは、全くの別物の食感です。

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>は、通常イメージしているポテチとは、全くの別物の食感

 

厚切りしている分、みずみずしさが残っているかのような噛み心地で、それが心地良さを運んでくると言いますか、至福の時間に感じるんです。

そして、じゃがいもの旨みを、それはそれは文句のつけようがないくらいに、感じることができます。

 

口の中で感じる旨みだけでなく、鼻にぬける香りからも美味さを感じます。

そんなじゃがいも心地を、塩で味わう贅沢ですよ。

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>は、ポテチを塩で味わう贅沢感がいい

 

塩に、オホーツクの塩と岩塩、2種類使っているみたいですが、はっきりいって塩のことはよくわかりません。

 

ですが、よりポテチの旨みが引き立っているのは分かります。

ですから、ホクホクしたポテチが、より美味く感じますよね。

 

シンプルがゆえに。

じゃがいもうめーを感じたいなら、じゃがいも心地で決まりです。

 

原材料やカロリーなど

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、デキストリン、食塩(オホーツクの塩50%、岩塩50%)、たんぱく加水分解物(鶏肉を含む)/調味料(アミノ酸等)、香料(りんご由来)

 

栄養成分表示 1袋(58gあたり)はこちら

エネルギー316kcal、たんぱく質3.1g、脂質18.6g、炭水化物34.2g、食塩相当量0.6g

 

じゃがいも心地<オホーツクの塩と岩塩>

 

これ食べてれば、満足できます。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ