foods、drink

奥歯で、カリっと嚙み潰したいアーモンドチョコレート、レビュー感想、クリスプとの比較もあり

アーモンドチョコレートのパッケージ

 

最後に、クリスプとの比較があります。

 

アーモンドチョコレート、レビュー

 

アーモンドチョコレートは、ビターとミルクの二層のチョコを、アーモンドにコーティングさせたチョコレートだったみたいです。

今までよく食べてきましたが、そういった内容を知ったのは、今回が初めてだったり。。

 

レビューなんて書いていなかったら、ずっと知らないままでしたね。

ただアーモンドに、チョコをかけてあるだけの商品だと思っていました。

 

だから、ものすごく甘いって訳でもなく、甘さ控えめってわけでもなく、ちょうどよい甘さになっているんですね。

 

アーモンドのナチュラルな味と、チョコのバランスがいいっていうのも、甘く感じすぎないって要因でもあるのでしょうけど、「甘すぎなくてクセになる」のキャッチは、間違いありません。

いくらでも食べられるような味になっています。

 

このチョコ、引き出した時の香りが、またいい匂いがするんですよね。

 

アーモンドチョコレートの中身

 

大きさとしては、一口サイズにはなっていますが、チョコの中では、ちょっとだけ大きめのサイズかもしれませんね。

この大きさになると、なぜか奥歯で、カリっと嚙み潰したくなるのは、私だけでしょうか。

 

表面チョコレートの、しと~って感じの食感がきてから、最後にアーモンドのカリっとした食感とともに、頭に音が響くんですよね。

この音も癖になる要因だと思っています。

 

気持ちいいですからね。

iPhoneで文字を打った時の音のような?、心地よい音に癒されます。(微妙な例え)

 

アーモンドチョコレートの食べ心地がいい

 

それに、分かりますかね。

箱から引き出しを、引き出した時のアーモンドチョコレートが転がる音もいいんですよね。

 

これが好きな人、結構いると思うのですが、どうなんでしょう。

その音で、あとどれくらい残っているか当てたりと、そんな不思議ゲームを始めてしまうのも、このチョコの特徴です。え?

 

アーモンドチョコレート何個?

 

アーモンドチョコレートは1箱に、21個入っています。

内容量が86gなので、1個あたりは、約4.1gってことになりますね。

 

ちなみに、アーモンドチョコレートクリスプは、89gで3g多く入っていますよ。

個数が同じなので、モルトパフ分?の重さだと思いますが。

 

 

アーモンドチョコレートのポイント

チョコのほどよい甘さと、アーモンドのカリっと感が特徴ですね。

 

口に放り込むと、チョコのおいしそうな香りが口いっぱいに広がって、表面のチョコがしっとりとほぐれたら、甘さがあとから押し寄せつつの、カリッとするアーモンドの噛みごたえと、2つの合わさった食音がやってきます。

チョコの甘さと、アーモンドが一緒になると、いい甘さと味になるんですよね。

 

どうでもいい話

学生のころに、アーモンドチョコレートの箱を筆箱代わりにしてました。

開けるたびにいい匂いがして、お腹がすくのが欠点です。

 

原材料やカロリーなど

アーモンドチョコレートの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、アーモンド、全粉乳、カカオマス、植物油脂、ココアバター、乳糖/光沢剤、乳化剤(大豆由来)、香料

 

栄養成分表示(86gあたり)はこちら

エネルギー492kcal、たんぱく質8.7g、脂質32.9g、炭水化物40.3g、食塩相当量0.09g

 

LOTTEのアーモンドのこだわり

U.S.D.A(米国農務省)が定める最高クラスの基準より、さらに厳しい基準でアーモンドを選別しています。

 

チョコのほどよい甘さと、アーモンドのカリっと感で癒されたいなら、おすすめです。

 

アーモンドチョコレートの中身

 

アーモンドチョコレートとアーモンドチョコレートクリスプ比較

 

アーモンドチョコレートと、アーモンドチョコレートクリスプの一番の違いは、食感です。

 

アーモンドチョコレート:しと~カリっ!

アーモンドチョコレートクリスプ:サクサクっカリっ!

 

アーモンドチョコレートは重い食感ですが、クリスプは軽い食感が特徴です。

 

アーモンドチョコレートとクリスプの違い

 

ですから、クリスプの方が、噛み砕きやすいです。

チョコとアーモンドの間にモルトパフがあるので、空気感といいますか、空間があるのでサクッと噛みやすい。

 

アーモンドチョコレートは、チョコとアーモンドの空間がなくチョコがコーティングされているので、若干クリスプよりも硬く感じます。

そして、大きさはクリスプの粒の方が大きくなっていますよ。↓

 

上がアーモンドチョコレート(細身)、下がアーモンドチョコレートクリスプ(ふくよか)です。

 

アーモンドチョコレートとクリスプの比較

 

個数は同じですが、クリスプが3g多く入っています。

 

 

アーモンドチョコレート:甘すぎなくてクセになる

アーモンドチョコレートクリスプ:サクサク食感でクセになる

ということで、どちらを食べても、クセになるということです、はい。

 



-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ