学べる本

本を読むのが苦手な人が、読書をするきっかけになるのは?【ジャンル】

本を読むのが苦手な人が、読書をするきっかけになるのは?

読書が苦手な人でも、読書を始めるきっかけと読みやすいジャンル

 

過去に読書をしていた時期もあったけど、今では全く読まなくなった人に、なぜ本を読まなくなったのか、本を読むきっかけは何だったのかを、聞いてみた件です。

 

本を読むきっかけ

その方は私と同じで、元々読書が嫌いな人でした。

ですが、読書が苦手で面倒だと思っていても、辛いことがあったときは別だったそうです。

その頃は、いろいろとあり毎日落ち込んでいて、その状況を変えるために本を読んでみたってことです。

 

私も、自分におきた問題を解決するために読書を始めたので、きっかけは同じでした。

「読書が嫌い、または苦手な人」が本を読むきっかけになるのは、やはり何か問題を解決したい時だということですね。

読書が苦手なのですから、何かきっかけがないことには、本を読まないっていうのも、当然かもしれません。

 

本には、元気をもらったり、現実逃避できたり、問題を解決できたりといった、いい側面があるので、何かに悩んでいる人は、まず本を読んでみて欲しいと思います。

いろいろな面で、救われることは多いですよ。

 

そんな辛い時期に、読んだジャンル

その方は、ポジティブになれる、自己啓発本を読んで、元気がもらえたそうです。

それに、こんな考え方があるんだって、気持ちが楽になって元気が出たりするというのとは別に、分かりやすくて完結なところが、自己啓発本の良いところだったみたいです。

自己啓発本は、1ページの文字数も少なく、その1ページで完結しているものが多いので、読みやすいってことも、自己啓発本を選んだきっかけだったそうです。

 

読書が苦手な人でも、最後まで読める唯一のジャンルってことですね。

そして、元気をもらえたことで、心がやすらぎ前向きな行動をとれるきっかけにもなったということです。

 

なぜ読書をしなくなったのか

結論は、問題が解決したから、読まなくなったってことです。

読書をすることによって前向きになり、考え方が変わったことで、問題を解決するだけの行動をとれたっていうことですね。

今までの普段の考え方では、なかなか前向きになれることもなかったのが、今までと違う他の考え方を学んだことで、それが行動するだけの原動力になり、物事を変えることができたってことです。

 

そうやって行動してから、問題はなくなったので、読む必要性はなくなったのですが、その後も読んだ方がいいとは思っていても、物語とか長々と文章を読むのが苦手なのは変わらないので、そういった理由で、面倒になってしまっているってことでもありました。

読書はしたいと思っているけど、途中で飽きてしまうので、最後まで読み切れない。

でも問題解決したし、いいかみたいな感じです。

 

すぐに結論がでる、分かりやすいものだけなら、続けてもよかったかなみたいな感じなので、ネットではよく文字を読んでいるとのこと。

ネットの情報は基本短文ですし、すぐ結論も分かるからだということですね。

 

問題解決後も、読み続けることは難しい

読書が苦手な人は、問題が解決したら、読書をやめてしまう傾向があるみたいです。

読書中に飽きる前に、結論が分かるものがあるといいのですが、そうなると難しいかもですね。

まずは読むことに慣れてしまわないと、読書の継続は難しいかもしれません。

 

読書を始めるなら、自己啓発本

読書が苦手な人が、読書を始めるなら、自己啓発本がおすすめです。

1ページで完結していて、すぐに読めてしまうものに限りますが。

読書は、特に長文を読まないといけない、なんてことは無いですから、読書を続けていきたいって思っている時のジャンルとしては、自己啓発本が役に立ちます。

 

前向きになったり、行動する力をもらったりするので、他のジャンルに挑戦するためにも、いいきかっけになると思います。

それと、読書に枠はありません。

 

読書に、くくりはない

どんなものでも、本を読めばそれは読書です。

漫画でもいいですし、ラノベでもいいと思います。

漫画やラノベは、読書とは言わないなんて声も聞こえたりしますが、そんなことは無いですよね。

 

なぜ、そんなくくりがうまれたのかは知りませんが、読書に変わりはないです。

読書は、勉強することもできますし、娯楽として楽しむこともできます。

いちいち、それは読書なのかどうかなんて、分ける意味もないですし、誰も気にしていません。

 

読書は、書物を読む、本を読むってことなので、本であるなら、読書をしていることになります。

そういったものから、読むということに慣れていくのもいいと思います。

 

まとめ

 

読書が苦手な人が、本を読むきっかけになるのが、リアルの問題です。

それを解決するために読書を始めて、解決したら読むのをやめてしまうって感じです。

それで何も問題はありませんが、読書による効果をそこで知ることになるので、続けていきたいと思いつつも、面倒でやめてしまっているってことですね。

 

ですから、読書を続けたいけどって思えたなら、読みやすい自己啓発本やマンガなどで、読書に慣れるところから始めてみるといいと思います。

そんなに本に、お金をかけられないってときの、オススメものせときます。

 

電子書籍なので、スマホでいつでも読めて200万冊読み放題です。

初月無料で、おすすめですよ。

Kindle Unlimited

-学べる本

© 2021 e-きっかけブログ