foods、drink

写真7枚、夏に嫌みのない食感とさっぱり梅が合う夏ポテト<紀州の南高梅味>レビュー感想

夏ポテト<紀州の南高梅味>のパッケージ

 

今回のパッケージは、夏の祭りっぽくて、ちょっとウキウキしてしまいそうな、そんな見た目でいいですね。

前のは、涼しげな感じだったので、楽しそうな感じがするこちらの方が好きです。

 

夏ポテトとは?

夏限定の商品なので、夏ポテトっていうのかといいますと、微妙に違います。

使われているじゃがいもに、初夏から夏にかけて収穫される、みずみずしいといった特徴のある夏の新じゃがを使っているから、夏ポテトなんですね。

 

夏ポテト<紀州の南高梅味>

 

開封時の香りは、よくお菓子で食べたことがあるような、梅の香りって感じがします。

よくよく考えると、すっぱムーチョの、梅味の香りと似ていますね。

 

ポテトと梅の同じ組み合わせなので、似てくるのは当然といえば当然かもしれませんけど。

若干酸っぱそうで、でもどこか甘さも感じられるような、そんな香りですが、やっぱり爽やかな雰囲気があるので、夏にはぴったりですね。

 

夏ポテト<紀州の南高梅味>の香りは爽やかな梅の香り

 

それに見た目からして形が良く、美味しそうに感じます。

厚めのポテチで、間隔の大きい波形なので、ゆるやかな雰囲気がまた夏にぴったりなんです。

 

この波感覚は、食感が柔らかく感じるので、個人的には好きですね。

 

夏ポテト<紀州の南高梅味>波感覚が夏にあっている

 

厚い割に、サックリとしていて、すごく軽い食感です。

 

そのサックリ感に、みずみずしさがでているので、夏ポテトの特徴になっている、みずみずしい新じゃがが、そのまま活きている感じがするんですよね。

そんなさっぱりとした、軽い優しい味わいが最高です。

 

本当に柔らかい感じの食感で癒されますよ。

角がない軽い口当たりなので、どこかふわふわしているそんな印象も感じます。

 

波形なので、ちょっと食感アップしてそうですけど、暑い中で食べても、嫌味のない噛み心地になっています。

 

夏ポテト<紀州の南高梅味>嫌味のない噛み心地

 

そんな食感に梅味ですから、よりさっぱりしている感じになりますよね。

暑い夏に、ちょっと食欲落ちても食べられそうな食感と、爽やかな梅味の組み合わせは抜群です。

 

梅肉パウダーの梅肉に、紀州産の南高梅を90%使用しているので、梅味が強いのかと思っていましたけど、非常に優しい味わいなので、ポテトの旨みもすごく良くわかります。

それに不思議と、ポテチの油っこい感じもなくて、梅の爽やかさだけが口に広がる、さっぱりした味わいなのもいいですね。

 

夏ポテト<紀州の南高梅味>不思議とポテチの油っこい感じもなくて、梅の爽やかさだけが、口に広がる

 

ポテトのみずみずしい旨みを引き立てる、爽やかな梅味がたまりません。

 

梅味にしても、ポテチ自体にしても、優しい感じのポテチです。

全然油っぽくなく、非常に爽やかなので、夏にぴったり、おすすめです。

 

原材料やカロリーなど

夏ポテト<紀州の南高梅味>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

じゃがいも(国産)、植物油、梅肉パウダー、でん粉、食塩、でん粉分解物、砂糖、梅しそフレーク/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料(ゼラチンを含む)、甘味料(ステビア)、着色料(紅麹、果実色素)

 

栄養成分表示 1袋(65gあたり)はこちら

エネルギー361kcal、たんぱく質3.5g、脂質22.7g、炭水化物35.6g、食塩相当量0.7g

 

夏ポテト<紀州の南高梅味>

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ