foods、drink

別な意味で感動してしまった、プライドポテト<感激うす塩味>レビュー感想

プライドポテト<感激うす塩味>のパッケージ

 

プライドポテトシリーズのうすしおは、感激するうす塩味。

なんだそうです。

 

さすが、湖池屋のプライドは伊達ではありません!

って感じですが、新プライドポテト製法で作られた、ポテチ本来の味って、まだ知らないんですよね。

 

今まで、プライドポテトをいくつも食べてきたのですが…。

今回個人的に、そんなポテチの味が、明るみにでるので楽しみです。

 

プライドポテト<感激うす塩味>のパッケージ裏

 

プライドポテト<感激うす塩味>

 

香りは、非常に落ちついたポテチの香りです。

うすしお味は、割と油っこいポテチの香りがしたりしますが、プライドポテトは、あまり油っこくないような、ホクホク蒸かした、じゃがいもよりな感じの香りになっています。

 

ある意味、とらえどころのない普通な感じなんですけど、ポテトの旨みが、食べる前から伝わってくるような感じがあるんですよね。

 

プライドポテト<感激うす塩味>ポテトの旨みが食べる前から伝わってくるような感じ

 

見た目からしても、しっかり揚げられているのが分かるくらいの色味ですし、焦げの部分もたくさんあります。

ここまでしっかりと、揚げられている感じがあると、食べなくても分かってしまいますが、カラッと揚げられている分、噛み心地は、バリッバリです。

 

中までしっかり、バリバリに揚げられているのが、噛めば噛むほど伝わってきます。

 

プライドポテト<感激うす塩味>の噛み心地は、バリッバリです

 

そして始めて分かる、プライドポテト本体の味わい。

味は、うすしおだけあって、ポテトの味がハッキリと分かります。

 

プライドポテトってこんな味してたんだね。(泣)

プライドポテトは、とにかく味付けが、尖ってるものが多いので、ポテチ自体の旨みがよく分からないんですよね。

 

それくらい、突き抜けた味をしていますが、感激うすしお味を食べてみて、初めて分かります。

バリバリとした、荒っぽい食感と違って、ポテトの旨みが繊細だということが。

 

プライドポテト<感激うす塩味>バリバリとした、荒っぽい食感と違って、ポテトの旨みが繊細

 

食感に意識を持っていかれて、始めはよく味が分からないのですが、あとから塩の旨みとともにやってくる、繊細なポテチの味が、気持ちいいくらい、おいしいです。

あと味からも、うまさが、じわじわとやってくるんですよね。

 

じゃがいもの甘さや、旨みの余韻が、非常に優しいです。

感動うす塩味って、荒々しい食感に隠れて、ギャプ萌を狙っている!?みたいな感じがしてしまいます。

 

プライドポテト<感激うす塩味>

 

食感とのギャップがあって、ちょっと複雑な気持ちにもなりますけど、プライドポテトって、こんなうまさだったのか…と、今頃知るみたいな感じでした。

やっと出会えたので、感動みたいな。

 

こんな繊細で優しい味してたのね…。

って感じです。

 

それくらい、プライドポテトシリーズは、味が際立っていて、ポテチの味が分からない。笑

 

この感激うすしお味から食べていたら、他の味付けも、また違った印象だったんでしょうけど、どちらにしろプライドポテトは、衣を脱いでみると、意外な繊細さがあったってことですね。笑

感動うすしお味は、定番のものを食べまくっているので、逆に選びずらかったです。

 

原材料やカロリーなど

プライドポテト<感激うす塩味>の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、香味油、デキストリン、食塩(岩塩、藻塩)、酵母エキスパウダー、でん粉、昆布、まぐろ節

 

栄養成分表示 1袋(60gあたり)はこちら

エネルギー326kcal、たんぱく質3.3g、脂質19.5g、炭水化物34.4g、食塩相当量0.5g

 

プライドポテト<感激うす塩味>は、繊細なポテトの味わいを引きだしている

 

この感動うす塩味って、無添加なんですよね。

しかも岩塩と藻塩を使っているこだわりぶり。

 

それだけでなく、日高産昆布の味わいとまぐろ節で、日本料理みたいな旨みを際立たせているんです。

うすしお味って、名前からして普通ぽくみえても、プライドポテトは、やはりプライドポテトでした。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ