foods、drink

甘すぎる!?理由はこれか!マックカフェのチョコレートタルト、レビュー感想

マックカフェのチョコレートタルト

 

マックカフェ・バイ・バリスタの、いくつかあるスイーツの中で、食べてみたチョコレートタルトです。

個人差はありますが、ムッとするくらい超甘いって感じでした。

 

マックカフェの商品説明はこちら↓

タルト生地とチョコムースの間にガナッシュを挟み、上部にはチョコレートシェイプとカカオをのせたタルトです。

 

このチョコレートタルトの最善な食べ方は、カフェにあり!?

 

チョコレートタルトのレビュー

 

お持ち帰りで、スイーツが入れられている箱ですが、見た目も触り心地もいい箱です。↓

捨てるにはもったいない。。

 

マックカフェのお持ち帰り箱

 

子供が遊びで使えると思いますね。

 

マックカフェのお持ち帰り箱2

 

中はこんな感じで、入れられています。↓

 

マックカフェのお持ち帰り箱の中

 

倒れたりしないように、輪っかになった緩衝材も入っていました。

チョコレートタルトを横からくるんでいるビニールは、後ろのところから簡単に、手で切ってとることができます。

 

チョコムースにかかっているものも含めれば、5層ですね。↓

 

マックカフェのチョコレートタルトの側面

 

チョコレートタルトの上の面です。↓

詳しくは知りませんが、「チョコレートシェイプ」と「カカオ」をのせたって書いてあるので、チョコレートを削った感じのものがチョコレートシェイプ?で、粉がカカオかと。(違ったらごめん)

 

マックカフェのチョコレートタルトの上面

 

食べてみた感想は、非常に甘い!…でした。

こんなに甘く感じるのは、個人差もあるでしょうけど、コーヒーと合うように作られているからだと思います。

 

その訳は↓

コーヒーをあまり飲まない私には、すごい甘くムッとするような感じだったので、甘い物が苦手な妻には、これはきっと無理だと思うよって言っていました。

ですが、コーヒーをよく飲む妻は、ちょうどいい甘さで良かったと言ったのです。

 

そういう事だと思います。

ポイント

この甘さは、ブラックコーヒーに、非常によく合うのです。

 

「マックカフェのコーヒーと一緒にどうぞ」ということですね。

甘いものが好きな人には、そのままでも美味しいと思いますが、苦手な人はコーヒーと一緒なら、とても美味しく食べられるチョコレートタルトなのです。

 

 

マックカフェのチョコレートタルトのムースから下は硬い

 

フォークを入れた感じは、チョコムースより下の部分が、途中で硬くなっていったので、食感も硬いのかと思ったのですが、口の中ではそうでもなかったです。

ふわっと溶けてなくなるチョコムースの部分と、硬くは感じないのですが、ちゃんと口の中で食べた感じが残る食感でした。

 

マックカフェのチョコレートタルトのチョコレートムース

 

薄く削られたたチョコと、カカオがかかった、チョコレートムースは、すごく滑らかで、すぐに消えてなくなる、少しあっさり目のチョコになっています。

そして、その下の薄い板チョコに見えるガナッシュ。↓

 

マックカフェのガナッシュ

 

しっとりとしたチョコレートで、チョコの味がしっかりします。

この辺から、フォークの通りが硬くなります。

 

フォークを入れた感じでは硬めですが、口どけはゆったりと滑らかに溶けていきます。

チョコムースがふわっと溶けても、ガナッシュで、ゆったりとチョコを味わえるようになっています。

 

その下には、チョコタルト部分ですが、しっとりモソモソした食感です。

 

マックカフェのチョコタルトのマフィンみたいな食感

 

落ち着いたチョコの味で、ちょっとだけ苦味あるチョコマフィンみたいな?感じで、表現は悪いですけど、しっとりしたパサパサ感。

すぐ消えてなくなるチョコムースや、口どけで消えていくガナッシュとは違い、口に残ってくれる食感を出してくれます。

 

タルト生地もそうですが、コーヒーと一緒に流し込むことを、想定している食感なんだと思います。

この組み合わせ面白いです。

 

マックカフェのチョコタルトのタルト生地

 

一番下のタルト生地は、あっさりとした甘さのある素材です。

下の2層はコーヒーと合うように、もそもそした食感にしているのでしたら、計算されている!?のかもしれません。

 

始めにチョコが一気に広がって、甘さがガツンときて、最後に、このタルト部分が残る。

コーヒーと一緒に食べるって考えると、この食感が生きてくる感じがします。

 

全体的には、しっかりとした食感を下地で作りつつ、口溶けのよいチョコによって、一気に口いっぱいにチョコを広げて、ちょっと重めのチョコが、お腹に溜まるって至福の時を演出、みたいな感じがします。

 

マックカフェのチョコレートタルトはコーヒーと良く合う

 

甘くて濃い、チョコケーキみたいなタルトです。

口溶けのよいチョコと、食感残るチョコ、下地のタルト生地で味の変化も持たせています。

 

先端の部分は、量が少ないので、すぐに消えてなくなる感じですけど、後ろにいくほど、下地が厚く食感が生まれてきます。

 

チョコの甘さがしっかりで、甘すぎですが、後半になるとチョコの部分が薄くなる分だけ、甘さが抑えられていき、最後は食べた感じがしっかり残って終わります。

最後まで甘ったるいのを残さず、スッキリした感じで終われるようにしているかと。

 

食べ進めていく時間が、単調にならないような工夫がされていると、勝手に思っています。

でも、甘すぎるのが苦手な人には、ちょっとキツイかもですね。

 

甘いものが食べたいときには、期待を裏切らないチョコタルトです。

しっかり気持ちを満たしてくれると思いますよ。

 

後半一気にかき込むと、水分必須です。

 

食感残るチョコタルトをコーヒーで流し込んで、糖分と、ちょっとしたお腹を満たせて満足、みたいな感じのスイーツですね。

 

原材料やカロリーなど

 

栄養成分表示(78gあたり)はこちら

エネルギー372kcal、たんぱく質4.6g、脂質26.3g、炭水化物29.2g、食塩相当量0.1g

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ