ヒント

【甘ったれるな!】恋人をつくるために必要なことは2つ。しかもマーケティングに学ぶとうまくいきます

【甘ったれるな!】恋人をつくるために必要なことは2つ。しかもマーケティングに学ぶとうまくいきます

彼氏、彼女をつくりたいのに、出会いがないと思ってしまうのはなぜ?

 

たとえ恋人ができても、どうやって付き合っていけばいいのか分からないとか、そういった悩みが、足枷になっている場合もあるかもしれませんが、出会いはマーケティングを学ぶと解決します。

 

それはなぜか?

「出会いがない」は、単純に出会う機会を、増やそうとしていないことがほとんどだからです。

 

自分のお気に召す人がいないっていう場合も、結局のところ、出会いの数が少なすぎるのが問題ですよね。

といっても、出会いがたくさんあったとしても、あなた自身をあなたの好きな人に売り込むことをしなければ意味がありません。

 

まずは自分のことを知ってもらうことが大事

自分のことを知ってもらわないと、恋人の関係性になることはありえません。

そんなことは当たり前、と思っているかもしれませんが、実際は、出会いが多かったとしても、自分のことを知ってもらうことすらしていない場合がほとんどです。

 

誰かが、話しかけてくれたらいいなぁでは、誰も話しかけてくることはないのです、残念なことに。

理想だったり、夢に思い描くような出会いも訪れません。

 

とにかく待っていてはダメなんです。

待つという行動をとっているのは、自分からは何もせずに、向こうから出会いがやってきて、楽して付き合えたらいいなと、考えているからではないでしょうか。

 

逆を考えてみると、いかに自分が無謀な待ち方をしているかが分かります

何か付き合うきっかけになるような出会いがたまたま起きて、相手から話しかけてくるなんてシチュエーションって考えることありますよね。

きっと考えているからこそ、自分から動こうとしていないのだと思います。

 

「出会いがない」というのは、ほとんどが待ちの状態です。

周りもあなたも待ちの状態で、相手も同じようにそう思っています。

 

あなたは出会いがあっても、相手が望んでいるように、あなたから話しかけることをするでしょうかってことです。

よほどコミュ力に自信がないと、なかなか初対面の人に、自分から話しかけるってできませんよね。

 

周りも、だいたいそんな風に思っているです。

ですから、出会いがあっても素通りしているのが現実なんです。

 

待つという行為は、無謀なことをしているということです。

 

ありえないことを待っていることに気づく

よほどの顔面偏差値が高くないと、こちらからアピールしなければ、待っている状態では、無理ゲーなんですよね。

ゾンビの世界になって、助けるまたは助けられるような、劇的な出会いがおきるなんてことを、待っていても何もおきません。

 

ゾンビの世界なんて、そんなこと考えるわけがないと思うでしょうが、そんなあり得ないことを待っている状態が、今の状態だったりするのです。

いつまでも、あり得ないことを待っていませんか?

 

きっとそれはもう、すでに経験済みだと思いますので分かりますよね。(私もそうでしたので、分かります。。)

いくら待っても、映画やドラマのようなことはあり得ないのです。

 

出会いはオフラインだけにあらず!

 

社会にでてコミュニティが職場だけになると、なかなか出会いなんてありませんよね。

しかも男職場、女職場だったりするとなおさらです。

 

ですが、出会いがないは、物理的にもありえないのです。

まずはもっと視野を広げてみたらいいと思いますよ。

 

出会いは職場だけでしょうか?友達のつながりだけでしょうか?帰り道の出会いだけ?

そんなことはありませんよね。

 

色々なところに出会いはあります。

あるんですけど、ただ行動していないだけです。

 

出会いがあっても、どうしていいのかわからないとか、面倒だったり、話しかける勇気がなかったりすることを、出会いがないと言っているにすぎません。

ようは自分に言い訳して、楽して出会いたいと思っているのです。

 

それに今では、オンラインでも、出会いを作ることが可能ですよね。

さらに出会いの場は、無限に増えているような状況です。

 

直接出会わなくても、文字だけで出会いを作ることだってできるのです。

オンラインゲームでも恋人を作ることは出来ますし、MMORPGを通して結婚する人たちもいるくらいです。

 

マーケティングで商品売るのも、恋人つくるのも同じ

 

いい商品をつくれば売れる。

わけがありません。

 

日本の製造職人さんは、物作りがうまくて、非常にオーバーキル的なスペックのものを作って、しかも安く提供していたりします。

作ることが楽しくて、顧客が求めていない性能を追求するんですよね。

 

しかも、そうやっていい物を作れば、売れると思っている節があって、売れなければ、さらにより良いものを、より高スペックな物を、と作ってしまうのですが、そんなことをしても売れません。

そもそも作るだけで、売ることを考えていないので売れないのです。

 

なぜいいものが売れないのか?

値段が高いから?

 

値段が高くても買う人は、たくさんいます。

何が問題かといえば、その商品を知らないからです。

 

作るばかりで作った商品を、知ってもらう努力をしていないので、売れないのです。

知らなければ、買うことはできませんからね。

 

知ってもらう努力だけは、絶対しなければいけません

出会いも同じです。

あなたのことを、知ってもらう努力を、しているのかいないのか。

 

芸能人がモテるのは、知ってもらっているからです。

かっこいいからではありません。(失礼な話し、こんな人でも人気芸能人になれるんだって人もいますよね。)

 

それは、知られているからこその話しです。

 

どんなに自分を磨いても、あなたのことを知らなければ、あなたと付き合いと思う人は現れないのです。

ですから、あなたがそこに存在していると、知ってさえくれれば、案外何とかなるものだったりするのです。

 

知ってもらうための行動をしなければいけません。

そこだけは楽をしてはいけない部分です。

 

出会いなんて確率論

こいつ本当に性格がクズだけど、仕事だけはできるんだよなとか、普段きつい性格しているのに、時折かわいいところを見せるとか。

そういった部分を、なんだか気になるって思ってくれる人が中にはいます。

 

ですから、知ってくれさえすれば、意外と好かれるのです。

ギャップみたいなものに、敏感な人もいるので、どれだけの人に知ってもらうかがものをいいます。

 

数打てば当たるんです。

 

出会いなんて確率論。

道すがら、なんでコイツに彼女がいて、俺にはいないんだとか、あの人の何がよかったのだろうか?とか思う事って、きっと1度や2度3度とありますよね。

 

周りをみれば、よく彼氏、彼女ができたよなって人もいるじゃないですか。(失礼)

恋人になる要素は、見た目だけではないのです。

 

さまざまな要素が絡んでいるので、恋人ができるかできないかは確率なんです。

むしろ付き合ってから、関係を維持するのが難しかったりするのですが。

 

知ってもらう方法

 

まずは知ってもらうために、やれることを何でもしましょう。(迷惑をかけない程度で)

 

自分はこういうやつなんです。

っていう日々のアピールブログでも始めてみたらどうでしょうか。

 

Facebook、Instagram、Twitter、YouTube、ブログメディアなんでも使えばいいと思います。

YouTubeで恋人募集するのも面白そうですよね。

 

毎日こんなことして過ごしてますとか、あなたのことを知ってもらえるサイトをつくって、待っているのではなく、自分からアプローチするです。

発信+アプローチ。これは絶対に必要です。

 

オンラインでもオフラインでも、自ら動きましょう。

 

オフラインでは、行動範囲を物理的に広げないといけなかったりする場合もあるのですが、オンラインでの出会いは無限です。

しかも出会いをつくるなんて、いつでもどこでもできて、24時間です。

 

こんな便利なものはつかわないと損です。

今すぐ、動きましょう。

 

誰に何を言われても、他人の評価はゴミ同然ですから、気にせずアピールです。

発信+アプローチ

この2つだけは、必ず必要で、脳内妄想をしているだけの楽をしてはいけません。

 

発信:自分のことを知ってもらうために必要(ここにいますよ宣言)

アプローチ:自分から好きな人に、売り込む

この2つを今すぐにやりましょう。

 

恋人なんて2、3人、すぐできると思いますよ。(複数人、作るかどうかは別として)

 

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ