foods、drink

同時に食べたら、どっちが勝つ!?九州すっぱムーチョと九州カラムーチョ

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>と九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>パッケージ

 

2021年8月稼働、湖池屋初の、九州の生産拠点。

九州阿蘇工場の稼働にあわせて発売された

  • 九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>
  • 九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>

同時に食べたら、どちらの味が勝つのかやってみました。

 

こんなどうでもいいことを、やってしまうんですよね、環境的に。

お菓子は、大量にストックされていますし、だいたい開封したら、1袋をそのまま食べきってしまうと思うのですが、私は全部食べずに、残しておきます。

 

ですから、中途半端に残されたストックお菓子も、たくさんあるのです。

なぜそんなことをするのかといいますと、いろんな味を、気軽にちょこちょこと摘まめるからなんですよね。

 

小腹がすいたら、一度に3~4種類のポテチをだして、食べたりしてしまうのです。

そうすると当然ですが、一度にたくさんの種類を楽しめるんですよね。

 

そんなことを日々しています。

やっぱりこれが一番うまいなぁとか、同時に食べ比べないと、分からないこともありますからね。

 

とか言いつつ、ただ食べたいだけなんですけど。

それはどうでもいいとして、やるまでもなく、カラムーチョとすっぱムーチョなら、どう考えてもイメージ的には、カラムーチョが勝ちそうですよね。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>と九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>と九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>同時に食べたらどうなる?

 

色的に見た感じからして、カラムーチョでしょ!?とか思いますよね。

実はなぜか、味のハッキリしている濃いトマトカラムーチョより、あさっりしているすっぱムーチョの方が、どちらかといいますと味が強いんです!

 

不思議ですよね。

もしかすると、そう感じるだけかもしれませんけど。

 

なぜなら、九州カラムーチョの味が、非常にまろやかになるんです。

この場合は、まろやかにされたって言った方が、いいのかもしれません。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>と九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>を同時に食べると、九州カラムーチョの味が、非常にまろやかに

 

今回の九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>は、非常にトマトが強いです。

イタリアンテイストなんです。

 

定番のカラムーチョみたいにクセが強くなく、意外とあっさりなんですよね。

あっさりといっても、定番のカラムーチョと比べてですけど。

 

ですから、一緒に食べると、九州カラムーチョが、さらにまろやかになるんです。

非常に食べやすくなって、爽やかな酸っぱさをより感じるようになります。

 

甘辛さに対して、程よい酸っぱさが勢いずいてくるんですよね。

そして、まろやかな味わいになり、九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>に、味をもっていかれるって感じです。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>と九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>非常に食べやすくなって、爽やかな酸っぱさをより感じる

 

爽やかな酸っぱさのあるカラムーチョに変身します。

ハッキリいって、うまいです。

 

それにあと味が、トマトの風味と爽やかな柑橘がほのかに混じっていて、これがなかなかいい感じなんですよね。

ですから、味としては九州すっぱムーチョの勝ちですが、2つを混ぜて食べると美味しいという結論になります。

 

じゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>とも食べてみた

ちなみに、湖池屋のじゃがいも心地<瀬戸内青のりと天海の塩>と九州すっぱムーチョも合います。

やっぱりまろやかな感じになるのですが、多分、九州すっぱムーチョは、なんでも合いそうな感じですね。

 

九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>とは、まぁ別で食べた方がいいかなとは思いますけど。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>

 

香りは、好き嫌いが分かれるかもですね。

ちょっと今まで、お菓子で嗅いだことがないような青臭いといいますか、そんな感じの匂いがします。

 

ですが、食べると全然ちがうんですよ、これが。

柑橘の爽やかさと、ビネガーのすっぱい味わいが混ざって、酸っぱい中心ではなく、酸っぱさ優しい爽やかな味わいになっていて美味いです。

 

3種類も柑橘が混ざっていると、1枚1枚の味が一定ではないので、その微妙な変化を楽しめて、その辺もいいですね。

意外と、気持ちがまったりできるような味になっています。

 


 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>パッケージ
柑橘入って、酸っぱさがまろやかに!?湖池屋の九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>

  「宮崎県産の日向夏、大分県産のかぼす、九州産の柚子」 この3種類の、柑橘素材を使ったすっぱムーチョですね。   すっぱムーチョだけでなく、カラムーチョも、九州カラムーチョがでて ...

続きを見る

 

九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>

九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>

 

香りが、完全にトマトで、定番カラムーチョのクセ感や、辛さみたいなものはなくなっています。

ですが、フライドポテトにケチャップをつけたみたいな、非常にいい香りを出しています。

 

味もパスタソースのような味わいで、トマト中心になっているのですが、辛さはあとからじわじわとやってきます。

トマトに意識をもっていかれるので、辛さは二の次って感じですけど、ポテトにトマトは非常に合いますね。

 

それに唐辛子が加わるので、よくよく考えてみると、不味いはずがないって感じです。

トマトと唐辛子のバランスが絶妙ですし、意外なうまさを発見できますよ。

 


 

九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>パッケージ
辛さの種類が変わった!?非常にうまい九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>レビュー感想

  トマトだけなら、あまり惹かれないですけど、「チリ」トマトとなると、惹かれるのはなぜ!? しかし、この赤のパッケージに、くまモンが異常に映えてますね。   まずくまモンに目がいっ ...

続きを見る

 

原材料やカロリーなど

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>と九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、砂糖、食塩、たんぱく加水分解物(豚肉を含む)、でん粉、香辛料、日向夏果汁パウダー、オリゴ糖、粉末酢、かぼす果汁パウダー、ゆず皮/調味料(アミノ酸)、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、香料

九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、食塩、香味野菜調味パウダー、砂糖、香辛料、たんぱく加水分解物、ソースシーズニング、デキストリン、オリゴ糖、トマトパウダー/調味料(アミノ酸等)、酸味料、パプリカ色素、カラメル色素、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、香料、香辛料抽出物、(一部に小麦・大豆・りんごを含む)

 

栄養成分表示 1袋(57gあたり)はこちら

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>

エネルギー322kcal、たんぱく質3.3g、脂質20.5g、炭水化物31.1g、食塩相当量0.8g

九州カラムーチョ<甘辛チリトマト>

エネルギー321kcal、たんぱく質3.4g、脂質20.5g、炭水化物30.7g、食塩相当量1.2g

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ