本記事には広告も含まれています。

foods、drink

ひと噛みごとに食感も味も変わる、毎回違った楽しみがチョコバッキー(シャトレーゼ)

チョコバッキーのパッケージ

 

森永製菓の、パリパリバーみたいな感じ?

かなと思ったのですが、食べてみたら別物でした。

 

チョコバッキー、レビュー感想

 

チョコバッキー開封

 

チョコがまばらになっているので、カリカリ、パキパキ、パリパリと、毎回違う食感があって、かなり気持ちがいいです。

それにプラスして、チョコとバニラの味わいが絶妙で、心地いい食べ心地なんですよね。

 

カリっとするような、堅めのチョコの塊もあったりして、とにかく食感が優秀で楽しいです。

パキパキとした、チョコの軽い食感と、カリッカリッとした力強いチョコの食感とが混ざっていて、最後まで飽きさせないような食感になっています。

 

チョコバッキーは飽きない食感

 

ひと口食べるたびに、違う食感と味わいがあるので、始めから最後まで単調な味と食感にならないんですよね。

ひと口ひと口が、新鮮で違った楽しみが生まれるんです。

 

チョコの厚みが違ったりするので、それだけでもチョコがしっとりとろける感じや、もたっとするような食感があったりと、毎回違った楽しみがあります。

それに、バニラアイスのスーっと溶ける食感も混ざってくるので、常に楽しいんですよね。

 

チョコバッキーは、毎回味が変わる

 

まばらなチョコなので、当然、毎回味も変わってきます。

チョコが厚い部分は、チョコレートの味一色で、バニラの味がわからなくなるくらいの味わいがあったり、バニラとミルクの味わいを濃厚に感じられる部分があったりと、違った顔を見せてくれます。

 

それに、ミルクもまたコクがあって、一味違った味わいがあるんですよね。

時々、バニラミルクとチョコのバランスがよくて、濃厚なコクの味わいを楽しませてくれるところもあったりと、楽しみ要素が満載です。

 

そんな、ひと噛みごとに違った食感と味わいを楽しませてくれるのが、シャトーレーゼのチョコバッキーアイスになっています。

 

チョコバッキーは、食感も味わいも毎回楽しい

 

食べている時間が楽しい分だけ、1本の量がちょっと物足りなく感じてしまうのが難点ですね。

 

原材料やカロリーなど

チョコバッキー原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

乳製品(国内製造、ニュージーランド製造)、準チョコレート、砂糖、水あめ、卵黄、でん粉、寒天、こんにゃく粉/乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、(一部に卵・乳成分・大豆を含む)

 

栄養成分表示(1本あたり)はこちら

エネルギー174kcal、たんぱく質2.4g、脂質11.8g、炭水化物15.2g、食塩相当量0.06g

 

チョコバッキー

 

味は整っていないけど、そこがまたチョコバッキーの美味しさです。

見た感じでは、下の方にバニラが多く、チョコがあまり入っていないように感じますが、そんなことはありません。

 

中にチョコが詰まってます。

ひと噛みごとに、新鮮な味わいを求めるなら、すごくおすすめなアイスです。

 

+-------------------------------------------------------------------------------------+

ポテチ好きにおすすめしたい!湖池屋のオンラインショップでは、ここでしか食べられない貴重なポテチが食べられます。
【EC限定】湖池屋 工場直送便


お菓子のおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメを、無料動画配信サービス7つも含めてご紹介。
動画見放題で時間を忘れてみる?

お菓子を食べながら、楽しむエンタメの一つ。本や雑誌200万冊、読み放題できるサブスクです。コスパがよく非常におすすめで、スマホで見たり読めたりするので、どこにいても楽しめます。(初回1か月無料)

電子書籍Kindle Unlimitedで人生変えてみる?

1570ポイント無料で貰って、オンラインクレーンゲーム(オンクレ)を無料でする方法↓

景品獲得へGO!

-foods、drink