foods、drink

柑橘入って、酸っぱさがまろやかに!?湖池屋の九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>パッケージ

 

「宮崎県産の日向夏、大分県産のかぼす、九州産の柚子」

この3種類の、柑橘素材を使ったすっぱムーチョですね。

 

すっぱムーチョだけでなく、カラムーチョも、九州カラムーチョがでているんですけど、なぜ九州ばかり!?かといいますと、湖池屋初の九州の生産拠点が熊本に完成し、2021年8月の稼働に合わせて発売されたからですね。

ちなみに、九州阿蘇工場に湖池屋 GOGO!ファクトリーという、「オリジナルポテトチップス作り」を体験できる施設があるのですが、コロナの影響で見合わせているみたいです。(いきてー)

 

といっても、まずは地元の小中学校からのご案内って感じですね。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>

 

開封時の匂いがヤバい。

なんだろう?って思ってしまう感じの香りがします。

 

お菓子では、今まで嗅いだことがないような香りです。

青臭いといいますか、まだ熟していないような?若い草のような?そんな匂いなんですよね。

 

ちょっと個人的には、好きな匂いではない感じです。

なんだか色々と混ざったような感じで、複雑です。

 

多分ですが、カボスの皮の青臭い感じでしょうか。

とにかく香りが独特ですね。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>青臭い独特な香り

 

ただ見た目は、黄金色といいますか、かなりキレイな色をしていて、美味しそうです。

じゃがいも心地っぽい感じの色合いですかね。

 

湖池屋のポテチは、見た目がいいのが多い気がします。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>見た目が黄金色

 

食べてみたはじめの印象は、すっごく爽やかな味わいで美味しいです。

すっぱっ!って感じはないので、爽やかな感じなんですよね。

 

柑橘の爽やかさがあるので、ビネガー中心のすっぱい味わいではないですけど、程よい感じに優しさがあります。

柑橘入って、酸っぱさがまろやかになっている感じです。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>柑橘入って、酸っぱさがまろやか

 

3種類の柑橘それぞれの味わいは、分かりにくいかもですね。

パクパク何枚か食べ続けていると、ふわっとそれぞれの一番強い風味がくるので、食べ続けると分かるって感じです。

 

食べている中で、味の風味が変わるので、そこで違いが分かるみたいな、そんな感じになっています。

特に日向夏の味を知らない人は、分からないのでは?って感じもします。

 

かぼすと柚子は、日向夏に比べれば味わいが強いので、この二つは、分かりやすいと思いますけど。

1枚1枚の、味は一定ではないので、その味の微妙な変化を楽しむのもいいですね。

 

この1枚は柚子を強く感じるとか、この1枚はかぼすだとかですね。

3種の柑橘の、何かが前にでてきてますよ。

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>3つの味の変化が楽しい

 

それにしても、気持ちのいいすっぱさで、すごく美味しいですね。

 

すっぱさの中に、程よい甘さもあって、爽やかなので、油っぽく感じませんし、ちゃんとポテチの旨みも感じられるんですよね。

優しく爽やかなので、カラムーチョと違って、箸休めなく、パクパク食べられてしまいます。

 

ガツンとくる味ではないですけど、あっさりと爽やかで、優しい感じがするすっぱムーチョです。

心地よさがあって、これ永遠食べられるんじゃ!?って感じの味わいですよ。

 

はじめの香りは、なんだか若い草感があって、ちょっと嫌な感じでしたけど、味は全然違って凄くうまいです。

気持ちが落ち着きますし、ちょっと疲れがとれて、まったり出来そうな、そんなすっぱさがありますね。

 

原材料やカロリーなど

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、砂糖、食塩、たんぱく加水分解物(豚肉を含む)、でん粉、香辛料、日向夏果汁パウダー、オリゴ糖、粉末酢、かぼす果汁パウダー、ゆず皮/調味料(アミノ酸)、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、香料

 

栄養成分表示 1袋(57gあたり)はこちら

エネルギー322kcal、たんぱく質3.3g、脂質20.5g、炭水化物31.1g、食塩相当量0.8g

 

九州すっぱムーチョ<九州柑橘&ビネガー>

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ