foods、drink

瞬間糖分摂取菓子!?ロッテのチョコパイ、レビュー感想

ロッテのチョコパイのパッケージ

 

チョコパイの箱は、割と大きいので場所をとります。

ですが、邪魔になったことは一度もありません。

 

なぜなら、ちゃんとチョコパイを置くためのスペースが、開けられているからです。

そこにあって、しかるべきといった感じですね。

 

チョコパイは、家の一部です。

 

ロッテのチョコパイ

 

子供の頃から思っていましたけど、ちょっとお酒っぽい香りながらも、すごく美味しそうな香りを、ただよわせているんですよね、チョコパイって。

しかもチョコの香りが、普通のと違う、高級な感じのする香りなので、贅沢な気分にもなれます。

 

ロッテのチョコパイの香りは高級な感じがする

 

それに周りのチョコなんて、ちょっと触っただけで溶け出すので、口の中に入れたら、途端に口どけしていくんですよね。

そんな感じなので、甘さが一瞬で口の中をめぐっていくような、そんな幸せな気分になれます。

 

瞬間糖分摂取菓子みたいな。

 

ロッテのチョコパイは口どけがよく甘さが一気に広がる

 

そして、ふわふわなパイの口当たりですよ。

噛む必要がないくらいの優しい柔らかさで、ホロホロしっとり崩れてくるんです。

 

柔らか〜って感じです。(表情も溶け出します)

それに加えて、しっかり甘いので、とっても癒さます。

 

ちょっと濃厚な、ツーンとくる洋酒とチョコの香りが、鼻にぬける感じもたまりません。

ケーキ生地に挟まれているバニラクリームは、ふぁ〜っていつの間にか消えていきます。

 

ロッテのチョコパイのバニラクリームの口どけも素晴らしい

 

チョコ感がすごくて、バニラをあまり感じないんですけど、ケーキ生地の間に入っているので、口どけの潤滑油みたいに、滑らかな生地溶けにもっていってくれて、これがまたいい感じなんですよね。

これはみんなハマるわって感じですよ。

 

チョコパイの裏側エピソード

うちの家にもチョコパイは、常備されているんですけど、チョコパイの裏側に、チョコパイほっこりエピソードって書かれていて、内容に納得するんですよね。

 

ロッテのチョコパイの個包装の裏側に、ほっこりエピソード

 

我が家ではチョコパイを常備。何かあった時に、「チョコパイ食べよう!」と家族の誰かが号令をかけます。皆でチョコパイを食べると、なぜかとても幸せ笑顔になります。

これですよこれ。

 

分かる分かるって感じです。

でもうちは、殺伐とした奪い合いに発展する時もありますけどね。

 

フッ。

 

チョコパイのせい

チョコパイは、やっぱ甘いんですよね。

ですから、ちょっと食べ過ぎると、罪悪感も生まれたりして、ちょっと控えようって思うんです。

 

でも一瞬だけ。

 

結局、美味いからしょうがないじゃん!って、チョコパイのせいにして、何事もなかったかのような日々に戻っていくんですよ。

チョコパイ、恐るべしですよね。

 

ロッテのチョコパイは6個入り

 

ですから、6個がちょうどいいのかもしれませんね。

 

原材料やカロリーなど

ロッテのチョコパイの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

小麦粉(国内製造)、ショートニング、砂糖、水あめ、カカオマス、植物油脂、液卵、乳糖、全粉乳、脱脂粉乳、ココアバター、ホエイパウダー、乳等を主要原料とする食品、洋酒、食塩、でん粉、脱脂濃縮乳、還元水あめ、乾燥卵白、卵黄、乳たんぱく/ソルビトール、酒精、乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、加工でん粉、香料、増粘剤(セルロース、カラギーナン)

 

ロッテのチョコパイの原材料やカロリーなど

 

栄養成分表示 1個(31gあたり)はこちら

エネルギー156kcal、たんぱく質1.8g、脂質9.4g、炭水化物16.2g、食塩相当量0.12g

 

チョコパイは、見た目てきにも高級感があるのですが、意外に、箱を無駄にしない、こんな遊び心もあったりします。

 

ロッテのチョコパイの遊び心

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ