本記事には広告も含まれています。

片づけ、整理、掃除術

散らかった部屋の片付けを、すぐに終わらせる大胆な方法と考え方

散らかった部屋の片付けを、すぐに終わらせる大胆な方法と考え方

 

片付けないと…なんて思いながらも、やる気が起きず、いつも散らかった環境で過ごしていませんか?

明日でいいか…という後回し癖がついて、その明日を毎日繰り返していませんか?

 

もしそうなら、片付けをすぐに終わらせられる、大胆な方法と考え方を解説していますので、片付けをしなくちゃいけないと、少しでも思っているのなら、続きをどうぞ。

 

実は考え方一つ変えるだけでも、片付けはすぐに終わらせることができます。

ですから、読み終えたあとからは、すぐに、後回しし続けていた、片付けを始めることができるようになっていると思いますので、ぜひ読み進めてみてください。

 

片付けなんて、びっくりするくらい早く終わるということにも気付けると思います。

 

ココがポイント

片付けは早く終わらせることが重要です。

 

片付け方には、いろいろな方法がありますが、後回し癖をやめるためには、とにかく早く終わらせることが、一つのポイントになります。

ですから、大胆にやるということが大事です。

 

なぜ早さを気にするのか?といいますと、時間がかかると、どうしても面倒になりますし、途中でやめてしまったりする原因になってしまいます。

計画を立てて、少しずつできる人ならいいのですが、片付けは一気に短時間でやってしまわないと、途中でやめてしまった場合、次をいつやるのかが分からなくなってしまいます。

 

そんな、中途半端な散らかり具合で終わっていると、またすぐに元の状態に戻ってしまうことになるのです。

なぜなら、目から入ってくる情報に、すごく影響を受けているからです。

 

目から入る情報によっては、散らかりやすい部屋になる

ごちゃごちゃしていたり、散らかった部屋になっている場合、もともとが散らかっているのですから、別にあと少しくらい散らかしても問題ないように思いませんか?

後片付けをしなくても、すでに散らかっているんですから、別にやる必要がそこまでないんですよね。

 

そういう部屋になっていると、やりっぱなしにしても、罪悪感をほとんど感じなくなってしまいます。

すでに散らかっているという状態は、もっと散らかりやすくしてしまう原因になっているのです。

 

ですから、見た目だけでも整うまで、片付けはした方がいいのです。

 

ポイント

汚い部屋だと汚してもいいやとなりやすい。

 

反対に、きれいな部屋だと、どうでしょうか。

散らかしたらいけない、汚したらいけないという気持ちになりませんか?

 

整った部屋やきれいな部屋は、ちょっと散らかるだけで、それが非常に目立ってしまうので、違和感でしかなくなります。

そうなると、散らかしにくく、汚しにくくなってしまうのです。

 

ポイント

きれいな部屋って、なぜか汚しにくい

 

ですから、片付けを途中でやめてしまうと、また散らかしてしまう可能性が大きくなります。

ですがその前に、そもそもやる気が起きないということも問題ですよね。

 

片付けはしたいけど、始めるまでが長いみたいな。

まずはそれの解決方を解説します。

 

片付けにやる気が起きないをまずは解決

 

片付けをしようとは思っているけど、やる気が起きないというのは、他にもっと楽しいことがあって、その誘惑に負けてしまっている状態だと思います。

動画を見たりTVを見たり、SNSのチェックやゲームをしたりと、身近に娯楽がありすぎて、そういったことに時間をつい使ってしまい、片付けはいつも後回し、日をまたいでいくみたいな感じではないでしょうか。

 

片付けする時間があるなら、遊ぶ時間に使いたいみたいな。

もしくは、どうせまた汚れるとか、また片付けないといけなくなると思って、やろうとしていない場合もあると思いますが、少しでも片付けなきゃなぁなんて思っているなら、休憩時間がおすすめです。

 

片付けは休憩時間に終わらせる。

自分の自由な時間は、好きなことをして過ごす人が大半だと思いますけど、好きなことをするにしても、ずっとやり続けるのは、よくありませんし、そもそもできないと思います。

どんなに楽しい遊びでも、飽きはきますし疲れてきますよね。

 

そんな時には、気分を変えたり、何か別なことをしたりすると思うのですが、そういった時に休憩を時々はさんだりすると思うんです。

そのちょっとした休憩をするときに、片付けを利用するのです。

 

しかも、片付けたあとの楽しみがすぐそこにあると、人ってこんなにも機敏になれるのか…。

というくらい、動きがテキパキだったりしますので、片付けが終わるのも早くなります。

 

はやく終わらせて、やりたいことをするという、先のお楽しみがあるためか、おのずと行動が速くなりますし、片付けが気分を変えるのにも役立つのです。

気分も変わりますし、スマホをずっと見ていたなら、目の運動にもなります。

 

片付けにわざわざ時間を使うという考え方ではなく、気分を変えるために片付けを利用するのです。

ですから、休憩の合間に、さっと終わらせることが重要です。

 

片付けをする前提ですと面倒ですけど、楽しい時間を過ごす合間として、気分を変えたりリフレッシュすることが目的であれば、片付けに対する気持ちも全然違ってくると思います。

それに、遊びの合間となると、さっさと片付けなければいけませんし、取り掛かりの行動も早くなります。

 

子供が特にそうですよね。

片付けてから遊びなさいとか、明日の準備してから遊びなさいというと、物凄い速さで動き出します。

 

取り掛かる時間も早いですし、片付ける動きも速くなります。

その分、雑になりますし適当な部分はありますけど、すぐに終わるんです。

 

片付けをしたあとに待っている、お楽しみのためならって感じですよね。

これは大人も同じです。

 

いつもはのんびり仕事をしていたとしても、仕事が終わったあとに、デートの約束があったり、家族でお出かけとか、なにかしらの楽しいイベントがあると、はやく仕事を終わらせて帰ろうとするじゃないですか。

それと同じです。

 

自然と早く、速く片付けることがきるようになります。

ですから、片付けは、楽しいことをする合間に、気分転換としてやると、少しはやる気も起きるのではないでしょうか。

 

片付けを、すぐに終わらせる方法

 

片付けを、休憩の合間にすぐに終わらせるためには、「大胆に行動する」ということが重要です。

けっして、ちまちまとしてはいけません。(時間もかかりますし、途中で飽きます)

 

それに、他の楽しく楽な方に逃げてしまうのは、片付けに時間がかかると思っていることも原因の一つです。

普段していなければ、余計にそう感じてしまうかもしれませんが、それは勘違いです。

 

片付けに、そんな時間はかかりません。

なぜなら細部まで、きれいにしようとする必要がないからです。

 

片付けは細部にこだわらない

せっかく片付けをするんですから、きれいに整えたいと思うのは当然かもですが、その場合は時間がかかります。

そういった完璧と思える片付け方をしようと考えると、面倒になっていつもの後回しになってしまうのです。

 

それに、時間もかかりますし、1日で終わらない可能性だってあります。

ですから、とりあえず見た目だけ整えるだけの片付けをするのです。(部屋の見た目は大事ですから)

 

見た目だけでも整うと、散らかしにくくなります。

ですから、早く速くするためには、ちょっとした休憩時間に、大胆に、大ざっぱでやるのがおすすめです。

 

片付けで大きく時間を使ってしまう行為をやめる

 

ココに注意

片付けで時間を使うのは、判断です。

これはいる、いらないを判断することに時間を使ってしまいます。

 

捨てたいけど、もったいなしなぁ。どうしようかな。ん~みたいな。

そういう物がたくさんあると、時間がかかるのは当然です。

 

すると…、面倒になって途中でやめてしまいかねません。

片付けに対して、まずは細かと考える必要なんてないのです。

 

あれをしてこれをして、これはいるかもしれないなどという、判断や行動が多くなると、考えるだけで面倒ですし、スピードも遅くなります。

あれこれ考えている暇があったら、一つ手に取って捨ててしまった方が、前に進みます。

 

それを踏まえたうえで、片付けをすぐに終わらせる方法は、散らかっている物を、全部一カ所に集めます。

一カ所に集めただけでも、実は8割片付きます。

 

あちこち動くのが面倒なので、まず一カ所に集めるのです。

動きながら仕分けしていくのと、1カ所でやるのとでは全然違います。

 

それから仕分けしながら、すぐに捨てられるものをゴミ袋に捨てていきます。

 

仕分けの内容

⇒ しまう場所が決まっているもの

⇒ 服

⇒ 捨てようかどうか迷ったもの

⇒ 置く場所が、まだ決まっていないもの

 

4つの仕分けが終わったら、あとは順番に移動させます。

しまう場所が、はっきりと分かっている物は、何も考えずに手早くしまいます。

 

そして服は、まとめてクローゼットに投げ入れ、扉を閉めます。

やる気があれば、洗濯するものと、そうでない物を分けてもいいのですが、面倒なら、とりあえず全てクローゼットに投げ入れましょう。

 

服の選別は、別の休憩の時にやればいいので、ここでたたんだりと時間を使う必要性はありません。

ここまでは、びっくりするくらいすぐに終わります。

 

そして最後に残った、捨てようかどうか迷ったものや、どこに置くか迷った物は、じっくりと片付けてもいいのですが、とりあえずひとまとめに箱に入れて、押し入れなどの適当なところにしまいましょう。

これで散らかった部屋をスッキリとさせることができます。

 

散らかしが解消されると、散らかしにくくなるので、まずはここまでを一気に大胆にやります。

細かくやろうとしてはいけません。

 

とりあえず、見た目を整えましょう。

箱にしまったごちゃごちゃとした物の整理は、とりあえず見えない部分に置いてあるので、別の休憩時にじっくりしてもいいのですが、これも短い休憩時間内に、素早くやってしまった方が片付けられると思います。

 

時間がかかってしまうと、面倒になって、そのままやらなくなってしまいますので。

 

まとめ

 

片付けは、まず部屋の見た目を、素早く整えることが大事です。

部屋の状況、見た目にによって、今後の散らかりやすさが変わってきますので。

 

そして片付けは、遊びの休憩の合間にさっとやりましょう。

時間をかけて細部まで、やる必要性は全くありません。

 

細部までやるのは、また別の休憩時に、気分を変えるために片付けを利用しましょう。

ココがポイント

この片付け方は、判断に時間を使わないことがポイントです。

 

-片づけ、整理、掃除術