ヒント

継続することは素晴らしいとはいえない【他人の評価NG自分判断でOK】

継続することは素晴らしいとはいえない

継続できないからといって、悩む必要はありません。

 

継続することは、素晴らしいことだとされていますよね。

ですから、そういう言葉に惑わされて、やめるにやめられず悩んでしまったり、逆に長く続けられないってことが、悩みになってしまうこともあります。

 

今やめたら、いままで我慢して続けてきたことが無駄になるかも…

どうしてこんなに続けられないのだろう…

どうしてすぐに飽きてしまうのだろう…

 

そんなふうに思ってしまうこともありますが、

全く問題ありません。

 

継続って大事?

やることを、コロコロ変えるのは悪い事?

って思っていたら、読み進めてみて下さい。

 

結論

継続する、しない、はどうでもいいことです。

継続するべきことは継続すればいいですし、興味もない、面白くもない、得られるものもないことなら、速攻やめるべきです。

それだけの話しだったりします。

 

継続することは素晴らしいことですが、なんでもかんでも継続するのは、むしろデメリットでしかありません。

 

自分の気持ちに正直になる

 

今までやってきたからって理由で、続けなくてもいい

少しでも興味があって、他にやってみたいことがあるなら、そっちをやってみた方がいいです。

人はやらなかったことに、後悔することの方が多いのですから。

単純に、継続できるからすごいとか、素晴らしいって思うのは間違いです。

 

長く続けることが、失敗だったなんてことも十分ありえます。

惰性で続けるくらいなら、新しいことに挑戦することも大事です。

 

継続する、しないは、本人が決めればいいことで、それを他人がとやかく評価することではありません。

 

続けられないことで悩む必要はありません

続けられないってことは、やってみたけど、面白くなかったり、ただ興味がもてなかった、ただそれだけです。

自分には、興味を維持できるようなことではなかったってことが、分かったのですからそれでいいと思います。

言うだけで行動しない人が多い中、やってみただけでも素晴らしいですよね。

 

そのうち、ずっとやり続けたいと思えることが見つかるかもしれませんし、それに人って基本飽き性ですよね。

飽きるんですから、コロコロ変えてみるのも、ひとつの方法だと思います。

 

子供の遊びをみても、秒単位で変わることもあります。

かくれんぼ→おいかけっこ→滑り台→おいかけっこ→砂遊び→かくれんぼ、みたいな。

 

それくらい、さまざまなことを試してみることで、やっぱりあれが、自分には一番合っているなってことが、分かったりします。

 

 

継続とは、その人にとって、ただ続けられたってだけのことでしかない

 

ずっと継続して続けることが、美徳みたいに言われたりしますけど、やりたいことって、日々変わってくる場合もあるのですから、その度に変えても問題ありません。

やることを決めたら、ずっと続けることをよしとする風潮があるので、我慢して続けたりしている人もいると思うのですが、続けることって、そんな凄いことでもないですよ。

 

その人にとって、ただ続けられることだったってだけのことですから。

長いこと継続している人でも別のことだったら、続けられていなかったかもしれないのです。

どんなに我慢強い人でも、無理なものは無理っていうのもありますからね。

 

なぜコロコロ変えるのは、よくないと言われるのか

 

コロコロとやることを変えるのは、根性がないとか、節操がないとか言われたりしますけど、なぜ変えるといけないのでしょうか?

変えることで、いろいろな経験をすることになりますよね。

 

どんなに辛くても、我慢してやり遂げることが、カッコいい生き方みたいに思えるのかもしれませんけど、ただ新しいことに踏み出せないだけかもしれませんよ。

何か新しいことに挑戦しようとすると、面倒なことが多いですからね。

 

それに、継続をよしとする人たちには、こんな思惑もあったのかもしれませんよ。

 

自己中のたわごと

自分も我慢して続けているのだから、あんたも我慢して続けろよ、みたいな人も中にはいると思うんですよね。

自分と同じ苦しみを味わえとか、その人に変わって欲しくないって人もいるかもしれません。

そういった理由で、継続することの大事さを、語っている人もいると思います。

 

ずっと続けて成功が保証されているなら、そんな風に言ってもいいかもですが、そうではないので、その人の人生、どう生きようが、その人の勝手です。

そんなことで縛られる必要はありません。

これ以上、続けても得られるものがないと思ったら、速攻でやめるべきです。

 

それなのに、続けているとしたら、ただの行動できない人ってことになってしまいます。

人の評価ではなく、自分の気持ちで動きましょう。

後悔しないためにも。

 

会社の都合や押し付け

会社が、従業員に辞められると困るから、そう言っている可能性もあります。

せっかく教育して育てた社員に、転職されると会社は困ります。

社員教育には、安くないコストがかかっているのです。

 

他の社員の時間も使っていますし、そうやってコストをかけて、せっかく教えた社員に辞められると、その時間はなんだったのって損失になります。

ですから、昔からそんなふうに言われたのかもしれません。

 

励ますため

人生は、なかなか思い通りにはいかなかったりします。

スポーツなどもそうですが、継続による鍛錬が必要なことってありますよね。

そのような、続けないと上手くならないようなことで悩んでいる人に、続けていれば、努力していれば必ず身を結ぶって励ましで、言われたのもあると思います。

 

継続が悪い方にすすむこともある

 

会社経営なんて、継続によって拡大していきますので、継続することは大事なことですが、何でもかんでもではありません。

何でもかんでも、バカの一つ覚えに、継続継続っていうのは、おかしなことです。

同じことを続けてしまったがために、時代に取り残され、倒産した大企業の例も調べれば多いのです。

 

昔からやっているからとか、そんな理由で続けて上手くいくような時代ではありません。

 

ですから、途中で何度でも、やりたいことが変わってもいいんです。

実際のところ、何がよくて正しいのかなんて誰にも分かりません。

 

成功できたのは、諦めずに続けてきたからだっていう人もいれば、すぐに飽きてしまうので、いろいろなことを経験していたら、これだってものが見つかったとか。

あのまま、ずっと嫌なことを続けていたら、今の成功はないとかですね。

ようするに、後ずけなんですよね。

 

継続がいいのか悪いのかは、あとで分かる

 

上手くいった人が、過去を振り返ってみて分かるみたいな。

今まで成功してきた人たちを分析し、成功しやすい原則みたいなものを書いている本もあります。

こうやって行動すると、成功しやすいですよっていう基本はありますが、ようは上手くいっていることは続けて、上手くいかないことは、すぐやめるって判断が大事ってことです。

 

しかし、上手く行かないと思ってやめた途端、誰かが成功させるなんてこともあります。

やめずに続けていればと思うかもしれませんが、その人のやり方では、続けていても結局上手くいかなかったと思うんですよね。

上手くいきそうなら、何かしら手応えがありますし、もう少し続けてみようと思ったはずなんです。

 

ですから、続けることがいいことなのかと言ったら、時と場合によるので、微妙としか言えません。

 

他人の判断ではなく、自分の判断を大事に

 

続けるもやめるも、その人次第なので、他人が続ける人が偉いみたいに、上から目線で言うことではありません。

続けられるようなことだったら続けてみて、自分のスキルにすればいいですし、必要なさそうなら、別のことをやった方がいいだけです。

 

継続することは、成功すれば美徳に、失敗すればまだ努力が足りないって言われたりします。

石の上にも三年とか、継続は力なりとか、続けることを良しとした人と、あなたは全く違うわけですから、他のことができる行動力がある方が、無駄に続けている人よりもよかったりする場合もあります。

 

ですから後悔しないために、自分の判断が大事です。

 

まとめ

 

ポイント

続けるかどうかは、得られるものがあるかどうかで判断すればいいと思います。

得られるものがなくなったと思ったら、サクッと変える。

 

成功した人は、続けることも大事にしていますし、すぐにやめることも大事にしています。

臨機応変に、やっていくしかありません。

 

コロコロやりたいことを変えるのも悪いことではないですが、やめるなら何か得てからやめた方が、次にいかせると思いますよ。

 

あなたのことはあなたにしか分かりません。

継続するかどうかは自分で決めて、その決断したことに対する他人の評価は無視しましょう。

 

やりたいことがすぐに見つかる公式
やりたいことがすぐに見つかる公式【やりたいことだらけにする方法】

やりたいことが見つからないは実はウソ!?   やりたいことが、見つからない…って思っていませんか?   一体自分は、何がしたいのだろう? どんな仕事をやりたいのだろう? 周りの人た ...

続きを見る

 

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ