ヒント

アイデアを出すのは実は簡単、難しいのは実行です。アイデアが出てこないと思ったら実は違ったって話

アイデアを出すのは実は簡単、難しいのは実行です。

アイデアが出てこないと思ったら

 

いいアイデアが、なかなか出てこないって思うことはありませんか?

実はアイデアを出すこと自体は、簡単です。

本当は、アイデアを出せるのに、自分で出さないようにしているのかもしれませんよ?

いいアイデアかどうかが、気になっているだけとかですね。

 

アイデアを出さないようにしている?ってどういうこと?

って思ったら読んでみて下さい。

 

結論

アイデアを出すより、そのアイデアを実行する方が難しい。

それに、アイデア自体に価値はありません。

アイデアがあっても、実行されないのでは、あってもなくても同じです。

 

なぜアイデアを出せないのか

 

  • 人の評価が怖い
  • 自分でやるのが面倒
  • うまくいくか分からない

こういった理由で、アイデアはあるけど、言わなかったりするんですよね。

 

人の評価が怖い

アイデアはもっていますが、人の評価が怖いって思っている人もいると思います。

  • 自分のアイデアを、バカにされたらどうしよう
  • 実行するにしても、他の人を巻き込むのが怖い

そういった人の目を気にして、アイデアがあるにもかかわわらず、アイデアを出さないようにしている可能性もあると思います。

 

ですから、ただ口に出さないってこともありますが、そういった考え方をしていると、知らず知らずアイデアを、考えないようにしている場合もあると思います。

 

自分でやるのが面倒

会社ですと、言い出した本人がしないといけなくなったりもします。

  • アイデアはあるんだけど…
  • どうやっていいか分からない…
  • もしくは、自分がやらなきゃ行けなくなるのが面倒…

ほとんどがこれではないかと思うのです。

今の仕事にプラスして、何かをやらなければいけなくなるよりも、今のままでいいという現状維持ですね。

 

うまくいくか分からない

うまくいくかどうか分からないから、いい考えがあっても言わないし、やらないなんてこともあります。

自分のアイデアで失敗するのが怖いとかですね。

アイデアを出しても、うまくいくか分からず怖いなら、そもそも案なんて出しませんよね。

 

アイデアが出せないではなく、出さない!?

 

こうしたらどうだろうか?これいけるんじゃないかな?なんてことは、何かしらあったりすると思うのです。

会社の作業なんて特に、どうしてこんな無駄なやり方しているんだろうって思うことありませんか

でも、何か変えようとすると、反発が出てくるかもしれないし、何を言われるかも分からない。

それに、自分がやらなきゃいけなくなるかもしれないから、言われた通りにやっておこうとか、アイデアのないフリをしているなんてこともありますよね。

 

それに、なんでもできるのであれば、アイデアなんて、収拾つかないくらいでてくるのではないでしょうか。

自分で勝手に制限をかけて、やろうとしていないのも考えられます。

仮に的はずれなアイデアだったとしても、そんなことでいいのなら、こんなのもあるよって、明らかに理解不能なアイデアでも、アイデアを出すことに役に立つ場合もありますよね。

ですから、アイデアが出せないではなく、出さないのではないかと思うのです。

 

眠らせているアイデア

 

実行せずに、あなたの中で眠らせているアイデアが、どれだけあることか。

何もせずに、忘れ去られたアイデアもいくつもあると思います。

思いついても、メモしていないとか、勝手にダメなアイデアだと思っている場合もあります。

そういったものが、実はたくさんあったりするんですよね。

 

いいアイデア、悪いアイデアかは、やってみないと分からない

 

いいアイデアが成功するかというと、そんなことないのは、きっと分かっていることだと思います。

むしろ、こんなの上手くいきっこないってことが上手くいったりして、困惑することもありますよね。

結局のところ、いいアイデア、悪いアイデアは、やってみないと、それが良かったのか悪かったのか分からないということです。

 

時代によっても変わってきます。

そんなアイデア商品、絶対上手くいかないと思っていながらも、しぶしぶやらないといけないこともあるでしょう。

そしてやってみた結果、「ほらね、やっぱりうまくいかなかった」ってこともたくさんあると思いますが、何かのきっかけや時代の流れで、全く売れていなかったものが、驚愕するくらい売れてしまうなんてこともあります。

「この商品は、始め全く売れていなかったんですよ」とか、「こんなに大ヒットする商品になるとは思っていませんでした」って、商品は探せばいくらでもあります。

 

アイデアの価値は、人や場所でも変わる

それに悪いアイデアって、あんまりなかったりします。

今の自分や、会社では上手くやれそうもないけど、他の会社ではどうだろうかって考えると、意外とこのアイデアいけそうとかあったりします。

例え過去にやったようなことでも、やる人や場所が変わるだけで、いいアイデアになることもありますよね。

元働いていた会社で普通にやっていたことが、転職先で、すごく効果を上げたりすることもあります。

自分の中では普通で、使い古されたアイデアでも、他のところでは違ったりします。

 

アイデアに価値はありません

 

実際、大変なのは、アイデアよりも、実行することです。

アイデアなんて、ネットで検索かけるだけで、ごろごろ出てきます。

今、世の中で行われていることは、完全に新しいアイデアだったなんてことは、ほとんどないですよね。

ほとんどが既存の延長だったり、組み合わせでしかなかったりします。

ですから、元々そんなに大したアイデアはなかったりしますし、アイデアがあっても実行されなければ意味がないのです。

 

問題はアイデアがないことではなく、何もしないこと。

 

アイデアは自分で考える必要すらなくなった

自分なりのアイデアを出せたとしても、調べれば大抵のことは、すでに誰かがやっていたりします。

ですから、自分で考えなくても、誰かが言っていてやっていないアイデアを、先にやってしまえばいいのです。

SNSでも、誰かこのアイデアやってくれないかなって、発信している人もいますよね。

 

それに、本も使えます。

本はアイデアの宝庫です。

こうすればうまくいくよって、アイデアが書かれたものが売られているんですから、拝借しちゃえばいいのです。

丸パクリはできないにしても、自分や会社に合わせて、やりやすいように変えて試してみればいいのです。

 

基本的に、アイデアに価値はなく、考えることより実行することに価値があるということです。

 

まとめ

 

アイデアがでてこない、浮かばないは言い訳しているだけかもしれません。

自分の頭で考えなくても、そこらへんに落ちているのが、今の時代です。

ただ探すだけでOKだったりします。

 

どんなにいいアイデアでも実行されなければ、価値はありません。

あとは行動するのかしないかだけです。

 

実行されずに、手つかずのアイデアの方が、はるかに多いので、アイデアを出すこと自体は簡単ということです。

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ