foods、drink

一切、具の入っていない強気な一蘭カップ麺、レビュー感想

一蘭カップ麺のパッケージ

 

真ん中の赤いものは、なぜか梅干しだと思っていました。

「あえて具材は入れておりません」と書かれているのを知って、ようやく梅干しではないと気付くしまつ。

 

思い込みって怖いですね…。

そもそも一蘭のラーメンに、梅干しなんて入っていないのに、真ん中に赤丸があると、梅干しだと思ってしまうのは、日本人だから!?

 

しかし、このパッケージ、すごくカッコイイと感じるのは、私だけでしょうか。

 

一蘭カップ麺

 

一蘭カップ麺は、開封すると、こんな感じです。↓

 

一蘭カップ麺の中身

 

調味料は、すべて「後入れ」なので、開封して調味袋を取り出したら、お湯を入れてとりあえず待つだけです。

ちょっと長めの4分待ちですね。

 

一蘭カップ麺の調味料

 

調味料Aは、粉末調味料ですね。

粉末はだいたい、先入れが多い気がしますけど、一蘭は後入れになっています。

 

一蘭カップ麺の調味料A

 

調味料Bは、液体調味料です。

粉末と液体の合わせスープの流れは、この大きめサイズのカップ麺の形状で、よくありますね。

 

一蘭カップ麺の調味料B

 

私が、梅干しだと思っていたものは、調味料Cの秘伝のタレ。

これは、辛いのでお好みでって感じになっています。

 

辛いと知らずに、当然全入れしましたけどね…。

 

一蘭カップ麺の調味料C

 

当然かもしれませんが、まさに一蘭の味です。

ですが、完全に一蘭のラーメンってわけではないですね。

 

何かが違うことは確かです。

ですが、基本的な味の雰囲気は、きちんと再現されているので、一蘭好きの人は、家で一蘭のラーメンを味わえるので、嬉しいのではないでしょうか。

 

スープを飲むと、あーこれ、全部飲んでしまう味だって感じですよ。

コクがあって、香りにも奥深さがあるんですよね。(何とは言えませんけど)

 

スープを飲んだ時に感じる、鼻に抜ける香りが、複雑なんです。

それが、またうまさを出しているんですよね。

 

語彙力が低いと、こういうときに苦労します。

一蘭のカップ麺は、表現を苦労させるような、おいしい味なのは確かですよ。

 

一蘭カップ麺の麺

 

具が全く入っていないのですが、シンプルにうまいと思えるのは、さすがの一蘭です。

逆に何も入っていないので、より麺とスープの味をしっかり感じるのかもしれませんね。

 

麺は割と伸びにくい感じなので、時間が少し経ったとしても、麺自体のうまさはキープされていると思います。

でも思うのが、麺がやっぱり、ちょっと違うかなぁって感じなんですよね。

 

といっても、やっぱスープが美味いので、そこは問題にならないかもです。

一番の問題は、値段がそこそこするので、この味食べたい!って時でないと、なかなか手が伸びないかもってことですね。

 

具もない上に、麺が60gと量が少ないですから、この美味さでこの麺の量は、なかなかの我慢をすることになると思いますよ。

量的に、三つくらい食べて、ちょうど満足できる気がします。

 

スープをしっかり飲んで、お腹を満たすか、他の麺を入れて食べてみるのも面白いかもしれませんね。

一蘭のスープで、他の麺を味わうって、カップ麺でなければ出来ませんので。

 

あとは、ご飯とスープとで味わうとかですね。

 

原材料やカロリーなど

一蘭カップ麺の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

めん(小麦粉(国内製造)、食塩、植物性たん白、大豆食物繊維、卵白粉)、液体スープ(ポークエキス、香味油、しょうゆ、調製ラード、食塩、砂糖、発酵調味料、菜種油、シーズニングペースト、たん白加水分解物)、粉末スープ(ポークエキスパウダー、たん白加水分解物、調製ラード、香辛料)、たれ(還元水あめ、菜種油、たん白加水分解物、唐辛子、食塩、ポークエキス、砂糖、おろしにんにく、しょうゆ、おろし生姜、調製ラード、味噌、シーズニングペースト、シーズニングパウダー、ブラックペッパー)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、酒精、炭酸カルシウム、乳化剤、卵殻焼成カルシウム、微粒二酸化ケイ素、着色料(カラメル、カロチノイド、クチナシ、カカオ)、酸化防止剤(ビタミンE)、かんすい、香料、増粘剤(キサンタン)、酸味料、(一部に小麦・卵・大豆・鶏肉・豚肉を含む)

 

一蘭カップ麺の原材料やカロリーなど2

 

栄養成分表示 1食(128gあたり)はこちら

エネルギー471kcal、たんぱく質14.1g、脂質20.0g、炭水化物58.8g、食塩相当量8.6g(めん1.4g、スープ7.2g)

 

ちょっと思ったのが、秘伝のタレを一切いれなかったら、どんな味だったんだろうって、いまさらながらに後悔しています…。

また機会があったら、やってみますけど。


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ