片づけ、整理、掃除術

7年経った人口大理石の黄ばみ汚れ落としに1分もかからなかった件、ダイヤモンド研磨剤の一撃くん

 

洗面台に使っている、人口大理石に蓄積された、黄ばみ落としをやってみた結果を、実際の写真で解説しました。

いろいろ試して、まったく効果なかったのですが、ダイヤモンド研磨剤を使うと、1分もかからずにキレイにすることができます。

 

結論としては、効果的な道具はこれ一つです。

他に何もいりません。(しいていえば水だけ)


 

7年経った人口大理石の黄ばみ

 

この人口大理石の洗面台ですが、7年以上(もうすぐ8年)使ってきました。

水あかなのか、黄ばみなのかの、汚れがついてからというもの、何をやっても取れなかったんですよね。

 

メラミンスポンジで、何度もこすってみたり、強力カビキラーや、キッチンハイターをスプレーしたりしてみたのですが、全く落ちませんでした。

ここまでなるまで、放置したのが悪いのですが、徐々になっていくので、あとでチャチャッとやってしまおうなんて、軽く考えていたのが失敗です。

 

それに長い間、毎日見ていると、デザインのように感じてきてしまいます。

 

人口大理石の黄ばみ

 

今回は、この部分の汚れをキレイに落とせるかをやってみました。

 

クエン酸編

 

強力カビキラーや、キッチンハイターをスプレーしてもダメだったので、無駄そうですけど、一応、念のためクエン酸も試してみました。

水200mlに、小さじ1杯のクエン酸を入れた、クエン酸水を塗ってみて30分放置してみたところ…。

 

人口大理石にクエン酸水をぬってみた

 

なんのお変りもないようです。↓

分かっていたことですが、やはり黄ばみは落ちなかったですね。

 

あとで知りましたけど、人口大理石にクエン酸は、表面が溶けてツヤがなくなるそうなので、使わない方がいいみたいです。(ガーン)

 

人口大理石にクエン酸水をぬって30分放置

 

ということで、クエン酸後のメラミンスポンジも試してみました。

クエン酸水まで含ませて、ごしごしやってみたところ…。

 

メラミンスポンジで黄ばみとり

 

お変わりないようです。↓

 

メラミンスポンジで黄ばみとり途中

 

その後も続けた結果…。

汚れではなく、メラミンスポンジが削れたようで、小さくなりました。(がんばった)↓

 

メラミンスポンジで黄ばみとりは失敗

 

ちょこちょこ試しては、いつもここで諦めているのですが、今回は強力な助っ人を手に入れてきました。

ここまでやってダメなら、削るしかない!ということで、覚悟を決めて、ダイヤモンドやすりで挑戦です。

 

オーエのダイヤモンド協力研磨剤「一撃くん」陶器・タイル用レギュラー

 

一撃くんですからね。

名前からして、期待大です。

 

水をつけてこするだけの、オーエのダイヤモンド強力研磨剤「一撃くん」陶器・タイル用レギュラーを使って、人口大理石の黄ばみに挑戦です。

人口大理石用ではないのですが、洗面台の陶器部分もやってみたかったので、こちらで代用。

 

「一撃くん」陶器・タイル用レギュラーで黄ばみ落とし挑戦

 

恐る恐るですが、水をつけてこすってみると、黄色い汚れが大量に出てきました。↓(胸が高鳴ります)

 

「一撃くん」陶器・タイル用レギュラーで黄ばみ落としをすると汚れが落ちる

 

出てきた汚れを流して、さらに一撃くんでこすっていくと、汚れが出なくなります。

この時点で、フチに付いていた黄ばみや汚れが、なくなっていますよね。↓

 

「一撃くん」陶器・タイル用レギュラーで、キレイになる

 

一撃くんは、まさに一撃でした。

陶器・タイル用の、ダイヤモンド研磨剤でしたけど、傷もまったくついていませんし(目で見る限り)、つや消しみたいな濁った鈍い感じにもなっていません。(ピカピカ新品みたいです)

 

やすりのイメージですと、削ったあとがザラザラで、見た目も擦り傷がついたようになるのでは?って感じですが、くもり一つないツルっツルのキラッキラになりました。

あれだけ、いろいろやってみて落ちなかった、こんなに酷かった黄ばみや汚れが、完全になくなりましたね。

 

ビフォー
人口大理石の黄ばみ

アフター
黄ばみがおちた人口大理石

 

一撃くんの黄ばみ落としは、1分もかかっていません…。(今までの苦労が…)

 

写真では、黄ばみ汚れがあまり分かりにくいかもですが、真っ白な人口大理石なので、すごく目立っていました。

実際の色味はこんな感じです。↓

 

きれいになった人口大理石の洗面台

 

どうしても汚れが落ちない黄ばみ汚れなどになっていたら、一撃くんみたいな、ダイヤモンド研磨剤を使ってみることを、おすすめします。

実際使う場合には、目立たない場所で試してからの方がいいと思いますよ。

 

レギュラーとハーフタイプがありますが、サイズが違うだけになっています。


 

 

反省点

 

そもそもな話しなのですが、こうなるまで放置していたのがいけませんよね。

水がとんだらふき取るとか、そんなちょっとの手間なんですけど、そのちょっとをやるべきでした。

 

汚れてから掃除すればいいやって、後回しにすることで、とんでもなく労力やお金を使う羽目になってしまいます。

今回の一撃くんみたいな道具を使えば、労力はほぼないのですが、そこに行きつくまでの時間やお金を使ってしまいますね。

 

ちなみに、ステンレス用や、鏡・ガラスのうろことり用もありますので、参考までにどうぞ。↓

 



 

追記

研磨するなんて、削って傷をつけるようなものなので、すごくためらって今まで使っていませんでしたけど、早く使えばよかったと後悔です。

どんだけ滑らかになるんだってくらい、ツルツル、スベスベになった上に、キレイになります。

 

思い込みはダメですね。

 

-片づけ、整理、掃除術

© 2021 e-きっかけブログ