foods、drink

いつでもどこでも気楽にプロテインがとれる、inプロテインバー「ウェファーバニラ味」レビュー感想

inプロテインバー「ウェファーバニラ味」のパッケージ

 

inプロテインバー「ウェファーバニラ味」レビュー

 

開封時は、バニラのウエハースって感じの香りがします。

若干チョコっぽい香りも、混ざっていたりするのは、ウエハースの部分かもしれません。

 

香りだけですと、シールがおまけでついている、ビックリマンチョコとか、鬼滅の刃やラブライブなどのウエハースとかと同じ香りですね。(「シールがおまけで」ではなく、「シールのおまけが」ウエハースかもしれませんが…)

 

inプロテインバー「ウェファーバニラ味」の開封時の香りはウエハース

 

ウエハースが、ミルフィーユみたいに重なって、分厚くなった見た目をしているプロテインバーです。

 

inプロテインバー「ウェファーバニラ味」はウエハースがミルフィーユ

 

食感は、期待通りのサックサク。

ですが、水分は必須ですね。

 

なかなかの水分吸収力で、口の中から水分を奪っていきます。

バニラの味が濃いので、水とよくあうってのも計算されているのか分かりませんが、普通に美味しいです。

 

プロテインって感じは、全然ありません。

これにシールついていたら面白いですけどね。(形状的に縦長になるので、1本入りでは無理そうですけど)

 

inプロテインバー「ウェファーバニラ味」は食べやすい味になっています

 

味は、とっても食べやすいバニラ味になっています。

プロテインバーだと言われなければ、きっと分からないと思いますよ。

 

粉っぽくないですし、後味も若干ミルクっぽい風味が、優しい感じで口の中に残るって感じです。

ただ、こぼれやすいので、食べる場所は選んだ方がいいかなとは思います。(これはウエハースの欠点でしょうか)

 

inプロテインバー「ウェファーバニラ味」はこぼれやすい

 

この1本(37g)で、プロテイン10gを摂取できるのは大きいですね。

粉末のプロテインを、水や牛乳で溶かして飲むのが、きつい人にもおすすめです。

 

サバスのプロテインでも、牛乳200mlに21gのプロテイン粉末を入れて飲んで、たんぱく質15gくらいの摂取になるので、37g食べて10gのたんぱく質がとれるとなると、楽に摂取できるようになります。

専用の容器を洗う面倒もないっていうのも、お手軽で便利ですね。

 

プロテイン以外の栄養素に関しては、違いますけど。

 

inプロテインバー「ウェファーバニラ味」はプロテインを摂取しやすい

 

子供の頃から、ウエハースに馴染みがあるなら、特に食べやすいプロテインバーだと思います。

素早いたんぱく補給が、できるようになりますね。

 

原材料やカロリーなど

inプロテインバー「ウェファーバニラ味」の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

小麦粉、ショートニング、大豆たんぱく、砂糖、ホエイたんぱく(乳成分を含む)、植物油脂、果糖、ココアパウダー、難消化性デキストリン、とうもろこしでん粉、さとうきび抽出物、食塩/乳化剤、香料、酵素処理ルチン、膨脹剤、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12

 

栄養成分表示 1本(37gあたり)はこちら

エネルギー193kcal、たんぱく質10.3g、脂質10.5g、炭水化物14.7g(糖質13.7g、食物繊維0.4~1.7g)、食塩相当量0.12~0.6g、ナイアシン3.3~18.8mg、パントテン酸1.4~7.1mg、ビタミンB1,0.25~1.43mg、ビタミンB2,0.33~1.63mg、ビタミンB6,0.28~1.43mg、ビタミンB12,0.4~2.5μg、葉酸26~244μg、酵素処理ルチン42mg配合

 

プロテインの働きを強める、Eルチンも配合されています。

inプロテインバーは、高たんぱく10gを、いつでもどこでも気楽に摂取できる、便利なたんぱく補給食です。

 

ビタミンもとれますし、ストックしておくと便利だと思いますよ。

 


ウェファーバニラ以外にも、いろいろな味があるので、味変するにも便利です。


 






 




-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ