本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

最強寒波がすぎて使用してみたけど…イグニオ スリーピングバッグの使用感、おすすめ

コールマン(Coleman) エアーベッドとイグニオのシュラフ

キャンプ用品を見ていると、スノーピークやロゴス、コールマンなどの、よく目にする有名ブランドがいろいろありますけど、そんな中にちょっと気になる、イグニオ(IGNIO)って名前のブランドがあるんです。

初心者からすると、聞いたことないけど…みたいな。

 

イグニオ(IGNIO)ってなに!?

割とそこそこするお値段のキャンプ用品の中で、見た目もそこまで悪くなく、何よりお値段が安い!って感じなので、じわじわ気になってくるんです。

しかも安いお値段の中で、さらに値下げされていたりするので、余計になんですよね。

 

このブランドを使っている、みたいなこだわりや見栄がなければ、すごくコスパよくていい感じがしていまいます。

たぶん、服でいえばユニクロみたいな、飲食店でいえばファミレス的な、誰でも気軽に手を出せる感じのブランドですね。

 

圧倒的なコスパのよさを前面に出した、普通に使えるアイテムを提供しているので、キャンプ用品全体のエントリーモデルになっている気がします。

ってことで、何を選んだらいいか分からず、すごく悩んだ末に、イグニオの寝袋(シュラフ)を買ってみました。↓


 

イグニオでは、スリーピングバッグともいうみたいですけど、寝袋の英語読みみたいです。

ちなみにシュラフはドイツ語です。(服でいうチョッキ、ベスト、ジレみたいなものですね)

 

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグの規格と使ってみた感想

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグの箱

 

収納時のサイズ

収納時のサイズは、普通に家で使用する毛布とかの寝具に比べると、非常にコンパクトなサイズ感ですけど、寝袋(シュラフ)としては、若干大きめに感じるかなぁくらいのサイズ感です。

といっても、すごくコンパクトな物(シュラフ)に比べてなので、これでも十分コンパクトだとは思いますけど。

 

厚みを、手と比べるとこんな感じです。(ちなみに私の手は小さめです)↓↓

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグの収納時のサイズ厚み

 

横幅は、手を開いて親指から小指までの長さ、ちょうど2つ分くらいでした。↓

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグの収納時のサイズ幅

 

寝袋を広げた状態と、収納した状態の比較

広げた時のサイズは、190×85センチで、収納時は25×40センチほどになります。↓

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグの収納時と広げた時の比較

 

1.7kgの重さになっていて非常に軽く、広げてみると厚みはそんなにありません。

快適温度が5℃以上で最低使用可能温度が0℃となっていますが、これで大丈夫なのか!?って思ってしまう薄い感じがあります。

 

イグニオ スリーピングバッグを体感した感想は?

最強寒波と言われた日が過ぎてすぐ、家の中で使ったので、外で使用したわけではありません。(外は無理な寒さでしたので)

ですが、非常に寒い時に使いました。

 

使ってみた体感では、寝不足を感じないくらいには眠れました。

ですが、睡眠途中で寝返りをうつと、若干もどった意識の中で、寒さを感じるんです。

 

ですから、すごく寒い日には、これだけでは安心とは言えないって感じでしたね。

寝れなくはないけど、途中起きたときに寒さを感じてしまい心配になるみたいな。

 

少し不安のある中、寝たので、安眠とまではいかなかったです。

気温を、はかっていたわけではないので分かりませんが、多分ですが5℃以下、もしくは0℃だった可能性が大です。

 

そして、夜中の5時過ぎくらいに起きて、いつも寝ているベッドに戻って比べてもみました。

羽毛布団とかけ布団の2枚を使っているんですけど、イグニオのスリーピングバッグと同じく、寝ていてもうっすら意識の中で、寒さを感じました。

 

ですから、いつも寝ている寝具と同じく、若干寒いくらいの体感でしたので、薄いわりにイグニオの寝袋は、意外とすごいなぁみたいな印象を持ちました。

ただあくまでも家の中ですから、外で使っていたらアウトだったと思います。

 

すごく寒い日でも使えますけど、快適温度以上で使うのがベストですね。

そして、このスリーピングバッグには、中布団がついています。↓

 

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグの中布団

 

上下の布団に包まれている中布団でさえも、全部が温まっている感じではなく、冷たく感じたりしたくらいなので、相当寒かったんだと思います。

それでも寝れないほどではなかったので、個人的には優秀だと感じました。

 

逆に、この薄さで、よく耐えられたな…って感じです。

イグニオは基本的にリーズナブルなので、そのお値段でいえば、性能的に全然悪くないです。

 

むしろ中布団がついているので、温度調整がしやすく、よすぎるくらいです。

ですから、家の中でも普通に使っています。

 

なぜなら、肌触りがすごく気持ちいいんです。

 

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグの肌触りは素晴らしい

 

素材は表も裏もポリエステルなんですけど、スリスリしたくなるくらい滑らかで軽く、ふわっとしていて気持ちがいいんです。

さらさらしていて柔らかく、薄い割にはふかふかに感じます。

 

ですから、寝袋の上でくつろぎたくなってしまうのです…。

上にのってるだけでも気持ちいいですし、もちろん中に包まれると、さらに気持ちいいです。

 

同じ素材のはずなんですが、表と裏では、なぜか手触りが違う気がします。

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグは、表と裏で手触りが違う気がする

 

セパレートタイプで便利

上下がチャックで分離できるようにもなっています。↓

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグは、上下で分離できる

 

ですから、包まれるのではなく、上からかけるだけのタイプにして使うこともできるので、便利です。

中布団も合わせると3枚になるので、若干寒いかなくらいの時には、1つで3人分の掛布団にもなります。

 

表と裏の引き手も便利

表でも裏からでも開けられるように、ファスナーに引き手が表裏ついているのも便利です。

表だけに引き手があると、出るときが大変ですからね。

 

といっても、開け方としてはよくないかもですが、そもそも非常に開けやすいので、ファスナーの引き手を使わなくても、上布団を持ち上げるだけで開けることができてしまいます。

 

マジックテープは邪魔?

それで、このマジックテープが、なんのためについているんだろう?

邪魔だな…って思っていたんですけど、簡単に開けやすいがゆえに、寝返り等で開かないようにするためのものだと思います。(多分)

もしくは、腕だけ出せるようにしてあるか。

 

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグのマジックテープ

 

シュラフ着たまま歩ける

上下分離のセパレートタイプなので、それだけでも便利ですが、側面はそのままで、足元だけを開けることもできるので、ちくわみたいなシュラフにすることもできます。

ですから、シュラフを着たまま歩けてしまうってことです。(これ、意外と便利)

 

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグのチャック

 

ファスナーの開き方は、側面の直線が1つと、L字型になったファスナーが1つです。

足元を開けるには、L字型のファスナーを開けるだけです。

 

寝袋(スリーピングバッグ)は連結も可能

もう一つ同じシュラフがあれば、連結することで、ダブルベッドサイズにすることもできます。↓

イグニオ 中布団付き封筒型スリーピングバッグは、連結もできる

 

2人で同じ寝袋に入れるので、子供も安心して眠れますし、何より推奨されている快適温度帯より寒い中でも、温かく寝ることが可能になります。(人肌ほど温かいものはありません)

 

意外と万能シュラフ

このシュラフは、使い方の選択肢が多く、キャンプだけで使用するのはもったいないです。

ソファーの上で使用しても、なかなか心地よく、いいと思いました。

 

機会があったら試してみて下さい。

 

寝袋(シュラフ)の種類は、たくさんあります。

きっと、何を選んでいいのか分からないと思うんですよね。

 

そんなときにおすすめできるのが、イグニオの中布団付のスリーピングバッグです。

ココがポイント

このクオリティで、お値段も良心的なので、たとえ買って失敗したとしても、心穏やかでいられます。

 

それに、リーズナブルだからこそ、そこまで神経質にならずに、気兼ねなく使えるって点も素敵です。

お試し感覚で購入できるものが、意外と手放せないメインになっていたりするんですよね。

 

イグニオは、1,000円をきるスリーピングバッグもあったりするので、あなどれません。

ちなにみイグニオは、アルペングループのブランドです。

 


 

追記

PC業務の仕事中は、暖房を使わないようにしているので、厚着をしているのですが、どうにも体が窮屈なので、このシュラフに包まれつつ、椅子に座って仕事をしています。

足の部分と腕の部分だけ出しているので、まさに、ちくわ状態なのですが、これが、非常に暖かくて快適です。

 

はじめ、足の部分は出していなかったのですが、シュラフから出ると、足の部分の床が、しっかり濡れているんです。

ですから、足だけは出すようにしました。

 

ポイント

ここで凄いと思ったのは、足が汗をかいている様子は全くないのですが、床だけがなぜか濡れているんです。

通常、床が体内からの水分で、濡れていたら、足がサラッとしているわけないんですよね。

 

それにも関わらず、シュラフの中は、冷たくなることもなく温かく、足もシュラフも、全くぬれていないのです。

ですから、このシュラフは、熱を逃がさず、水分だけを外に出していることになります。

 

しかも、外側の足の部分のシュラフも濡れていないんです。(なぜか床だけ)

その機能性に驚きでしたね。

 


 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア