本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

キャンプに使用するランタンは、何個あったほうがいいのか?

ランタンは何個必要?

 

キャンプをするにはランタンを、何個準備しておけば大丈夫だろう?

って思える時点で素晴らしいです。(私は何も考えていませんでした)

 

キャンプをしようと思うと、買うもの、準備するものが多すぎて、ランタンのことが、頭から抜け落ちていることがあります。

意外と照明って忘れがちなんですよね。

 

特に、焚き火中心で、キャンプをしようと思っている場合には、焚き火の明かりがあるので、ランタンを重要視していない場合も多かったりします。

ですから、忘れていたり、「とりあえず1つあればいいか」みたいな、安直な考えでいる場合もあったりすると思います。

 

それでも、スマホのライトがあるので、全然なんとかなるのですが、ソロとファミリーキャンプでは、また全然違ってくるので、特にファミリーキャンプの場合は、要注意です。

 

ソロとファミリーでは、使うランタンの数は当然違う

 

当たり前ですよね。

人数が違うんですから、必要といいますか、あると便利なランタンの数は当然違ってきます。

 

目的によっても変わってきますが、人数によるところが大きいです。

そして、ソロの場合は、ランタンがいらない場合もあります。

 

ソロキャンプでは、ランタンいらない!?

焚き火

 

焚き火をすれば、焚き火の明かりで十分ですし、焚き火をしなくても、必要時にスマホのライトで事足りてしまうのが、ソロキャンプです。

自分さえよければ、それでいいんですから、何も問題はありません。

 

夜も意外と、目が慣れてしまうと、そんなに暗く感じませんし、晴れていれば特に月明りで十分だったりもします。

その場合、スマホのライトだよりになるので、その点では、少し不安もあるかもしれませんが、夜になにもしないのであれば、ランタンがなくても全然いけます。(スマホのライトが優秀すぎますので)

 

ですが、最低1つは持っておくと、安心ですし便利なので、準備しておいて損は全くありません。

むしろあった方がいいです。

 

ランタンの灯かりで雰囲気を楽しむこともできますし、気分を変えることもできるので、最低1つは持っておくと便利ですよね。

それに、テントを離れる際にも、テント内に明かりをつけておいた方が、防犯にもなります。

 

ソロキャンプの場合

スマホのライトがあるので、なくても困りませんが、ランタンは最低1つは持っておいた方が便利です。

 

ファミリーキャンプでは、ランタン必須

ファミリーやグループといった場合は、必ずランタンが必要です。

小さな子供がいる場合には、特にですね。(暗い夜を怖がりやすいので)

 

みんなで楽しむのもファミリーキャンプですが、それぞれで、やりたいことをする場合もあったりすると思います。

そんな時に、それぞれの行動範囲内は、照らしてあげられる分だけのランタンは、あった方がいいです。

 

インナーテント内で過ごす人もいれば、テント内のリビングだったり、タープの下で過ごしたり、外を散歩するといった場合もあるかと思います。

そんなときに、ランタン1つでは心もとないので、最低でも2つはあった方が便利ですし、安心感が違ってきます。

 

最低2つの場合でも、スマホのライトは必須ですが。(トイレに行く場合などの移動用で)

ランタンの数は、テントの構造によっても違ってきますし、人数によっても違ってくるので、一概には何個必要とはいえませんが、自分にあった数を準備しておくことは必須ですね。

 

想像すると分かるかと思いますが、明るいランタンだったとしても、1つのランタンだけでは、意外と不便です。

LEDランタンは、明るさを何段階かで調整できるので、シーンによって、1つを使いまわすこともできますが、いちいち誰かが、移動するたびに持っていかれますし、場所を変えるたびに持ち運ばないといけなくなるので、複数ある方がより便利です。

 

ファミリーキャンプの場合

家族が不便なく過ごせるだけのランタンが必要です。

 

そして、ソロでもファミリーキャンプでも、実用性を重視するのか、雰囲気を楽しむのかでも、ランタンの数は変わってきます。

 

雰囲気を楽しむなら何個でも

ランタン

 

キャンプは雰囲気を楽しむみたいな部分も大きいので、自分の目的に合わせた、ランタンの数を持っていても何も問題ありません。

ランタンの明かり1つで、景色の見え方が変わりますし、雰囲気が変わるので、自分自身の気分も変えることも簡単にできます。

 

ですから、光を楽しむのも、キャンプの醍醐味だったりもします。

照らし方や、色調、明るさだったりと、ランタンによって、さまざまな色をみせてくれるので、目的に合わせて準備しておくことも、キャンプを存分に楽しむ方法だったりします。

 

季節によっても雰囲気が当然変わりますし、そんな自然の一瞬一瞬を、ライトアップによって、楽しむのもいいので、結局、何個あってもいいと思えるのが、ランタンだったりするんですよね。

周りにキャンパーがいなければ、キャンプサイト自体を、明るくライトアップして、楽しむこともできます。

 

光の演出だけで気分も変わる

結論:雰囲気を楽しむなら、ランタンは何個もっていてもいい。

 


 

明かりに集まるのは、虫だけではない

何かのイベント時に、街がライトアップされることがあると思います。

クリスマスやハロウィン、夏祭りなんかもそうですよね。

 

LEDだったり、ろうそくや提灯、いろいろなシーンに合わせたライトアップがされたりします。

そんな明かりで、いつもと違った雰囲気を楽しみに、出かけることもあるはずですし、イルミネーションに感動することもあったりすると思います。

 

それくらい灯かりは、重要な要素にもなっているので、ランタンも自分の好みに合わせて、好きなだけ持っておくといいかと思います。

季節によって持っていくランタンを変えてもいいですし、そういったことに興味がなかったとしても、光で演出してみる日があっても、また違ったキャンプを楽しめます。(灯かりがあると、虫がよく集まってきますけど、同じくらい、人も光に集まるようです。)

 

まとめ

 

ソロとファミリーでは、必要なランタンの数は違ってきますが、目的によっても大きく変わってきます。

ですから、ランタンは、なくても大丈夫だったりもしますが、何個あってもいいというのが結論です。

 

スマホのライトを、使わない場合の実用性だけでいえば、2~3個は必要ですが。

最低個数ランタン

ソロキャンプ:2個

ファミリーキャンプ:3個以上

 

そして、雰囲気を楽しむのなら、何個でもってことになります。

 

ポイント

自分にとって実用性の高いランタン1個と、雰囲気ライトを何個でも。

 


 

ランタンは明るければ明るいほど良い!?
キャンプで使うランタンの明るさについて、間違った解釈をしている場合も?【おすすめランタン】

  ※まずはじめに、この記事でいうところの、明るさの間違った解釈とは、ルーメン(lm)の数値自体の、解釈の仕方ではありません。   ランタンをはじめて選ぶ際、明るければ明るいほどい ...

続きを見る

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア