foods、drink

ふわふわ幸せがとまらない、ハーシーチョコケーキのレビュー感想

ハーシーチョコケーキのパッケージ

 

ハーシーチョコを使って、ロッテが、ライセンス契約でつくっている商品だと思います。(多分…)

 

ハーシーとは?

1894年にアメリカで創業した会社です。

125年以上もの間、愛され続けているチョコレートで、アメリカンチョコレートの代名詞みたいな感じですね。

 

そんなチョコでつくられたケーキです。

 

ハーシーチョコケーキ

 

外装の開封時から、美味しそうな、まさにチョコケーキって感じの香りが、だだ洩れしてきます。

 

ハーシーチョコケーキ開封時の中身

 

まだ個包装を開けていない状態から、チョコケーキの香りがしますから、個包装を開けると、チョコレートのいい香りが、ツーンと鼻に突き抜けます。

個包装のデザインは、同じくロッテから販売されている「ハーシーチョコチップクッキー」に似ていますね。

 

ハーシーチョコケーキ↓

ハーシーチョコケーキの個包装デザイン

 

ハーシーチョコチップクッキー↓

ハーシーチョコチップクッキーの個包装

 

個包装の中には、見た目も小さくコロンとしていて、すごく美味しそうな形をしている、マカロンをふわっふわにしたような形の、チョコケーキが出てきます。

それに、なんといってもこの触り心地。↓

 

ハーシーチョコケーキは、ふわふわの触り心地

 

素晴らしい!って感じのふわふわ感で、とても気持ちがいいので、この時点でテンション爆上がりです。

優しくつかまないと、すぐに崩れてしまいそうなほど、ふわふわしています。

 

手で触ってもベタつかないので、袋ごしでつまむのではなく、直接手で触り、触り心地を楽しみながら食べると、より美味しいと思いますよ。

それに、とにかく口当たりも優しくて、ふわふわです。

 

袋の中には、小さな優しさが詰まっている感じですね。

 

ハーシーチョコケーキは、チョコのショートケーキをぎゅっと詰め込んだような味

 

ハーシーチョコケーキは、ふわふわのケーキで、チョコクリームとチョコレートをサンドしている形になっています。

そんなハーシーチョコケーキを口に入れると、ふわふわのケーキの中から、しっとりとしたチョコクリームとチョコレートの口どけが始まるのです。

 

味は、チョコレートのショートケーキみたいな感じですね。

こんな小さな丸の中に、ぎゅーっとチョコケーキを詰め込んだような感じになっています。

 

賞味期限は長いですし、チョコケーキがいつでも手軽に食べられるって感じですね。

つまめるチョコケーキみたいな。

 

小さいながらも、全てがチョコ味なので、チョコが濃厚です。

ですからチョコレート好きも、満足できると思いますよ。

 

ハーシーチョコケーキは冷やすと食感が変わる

 

冷やすとチョコレートの部分が、パリッとした板チョコになるみたいですが、私的には、最後までふわふわの抵抗感ないチョコケーキがいい感じがしました。

食感を変えたい時には、冷やすといいですね。

 

原材料やカロリーなど

ハーシーチョコケーキ原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖(外国製造、国内製造)、液卵、小麦粉、植物油脂、ショートニング、カカオマス、還元水あめ、水あめ、ココアパウダー、乳糖、全粉乳、脱脂粉乳、カカオソース、洋酒、食塩、乳清たんぱく、ココアバター/ソルビトール、加工でん粉、酒精、乳化剤(大豆由来)、香料、膨脹剤

 

栄養成分表示 1個(8.9gあたり)はこちら

エネルギー44kcal、たんぱく質0.5g、脂質2.4g、炭水化物5.0g、食塩相当量0.026g

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ