foods、drink

食べると呪われるチョコ!?ゴリゴリチョコフレークのレビュー感想

ゴリゴリチョコフレークのパッケージ

 

ゴリゴリチョコフレークと、呪術廻戦のコラボですね。

5種類のパッケージがあるのですが、五条悟が好きなので、五条を選びました。(ちなみに味は同じです)

 

ゴリゴリチョコフレークは、チョコフレークのサクサク感を、ゴリゴリの食感にしたって感じの、チョコフレークになっています。

ですがチョコフレークは、どちらかというと、サクサクというよりは、ザクザクのような気もするんですけどね…、といってもどっちでもいいといえば、どっちでもいいのですが、ゴリゴリは気になります。

 

そして、ゴリゴリになったチョコフレークは、特級呪物扱いになるみたいです。笑

ちなみに特級呪物は、すっごいヤバイ呪いがかけられたものなんです。

 

ってことで、このチョコフレークは食べてはいけません。

森永製菓は、ヤバイものを製造しているということです。

 

ゴリゴリチョコフレーク

 

開封時の香りは、たまらないですね。

これは、好きな人には、バチッとハマるくらい大好きな香りだと思います。

 

チョコを限りなく、香ばしくしたような感じの香りで、ちょっとキーが高く、鼻にツンとくるチョコの感じがいいです。

でも呪われてるんですよね。

 

ゴリゴリチョコフレーク開封

 

それに、見た目もイメージと全然違います。

通常のチョコフレークを、ゴリっゴリの食感にして、ひとまとめにしたのち、チョコ溶かしてくっつけただけなんだろうなって思っていましたけど、全然違いました。

 

一枚の岩の、表面みたいな感じになっています。

岩を砕いて取り出したような見た目で、親指二つ分くらいの大きさですね。

 

ゴリゴリチョコフレークは岩の表面みたいな見た目

 

チョコを練り込んだフレークを、少し大きめにして、ゴリゴリにしたような感じです。

食感は、かなり力強くて、まさにゴリゴリですよ。

 

チョコフレークって感じが、全くしない食感になっています。

そして肝心の味は、かなり香ばしいです。

 

ゴリゴリチョコフレークは苦い

 

率直にいって、すごく苦いですね。

甘さはそこまで感じませんし、完全に苦味が強いです。

 

ゴリゴリの力強い食感に、この苦味はあっていますけど、大人向けな味だと思います。

呪術廻戦のパッケージに、惹かれて買った子供にあっているかは、ちょっと疑問ですけど、大人からすると、この苦味のあるチョコは、なかなかの美味しさに感じると思いますよ。

 

チョコを、ゴリゴリになるまで、焼きまくったような感じなので、香ばしくて苦いみたいな。

とにかく苦いチョコになっています。

 

甘いチョコが苦手な人に、おすすめできますね。

苦味が口の中に、一気に広がる感じを楽しめますよ。

 

ゴリゴリチョコフレークは苦みの中に甘さとしょっぱさがある

 

といっても苦みだけではなく、ふとした時に、ふわっと軽い甘さも出てきます。

そしてすぐ、しょっぱくなるみたいな。

 

苦味の途中に、フワッとくるまろやかな甘さが入っているので、苦いだけって感じではないチョコになっています。

この味の変化が楽しいですね。

 

かなり特徴的な食感と、面白い味になっています。(特級呪物なので)

香ばしさと、苦味が好きな人は、ドハマりすると思いますよ。

 

あまりないタイプの味かと思いきや、ベイクチョコを、口どけなくして、ゴリゴリにした感じです。

確かに手につきにくく、暑い部屋においてましたけど、溶けてはなかったです。

 

ですが、溶けたチョコがつく感じはないですけど、崩れているので、カケラが手についてしまいますね。笑

 

原材料やカロリーなど

ゴリゴリチョコフレーク原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、小麦粉、チョコレートチップ、ショートニング、ココアパウダー、オーツ麦フレーク、ローストアーモンド、全粉乳、カカオマス、食塩/膨脹剤、香料、乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(ビタミンE)

 

栄養成分表示 1袋(28gあたり)はこちら

エネルギー136kcal、たんぱく質1.7g、脂質5.7g、炭水化物19.4g、食塩相当量0.16g

 

ゴリゴリチョコフレーク

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ