foods、drink

くどくなくムッとこないスコーン<とろけるクアトロチーズ>レビュー

スコーン<とろけるクアトロチーズ>のパッケージ

 

ゴーダ、カマンベール、モッツァレラ、チェダーの4種類のチーズをブレンドしているので、コクが溢れているチーズスコーンみたいです。

それぞれのチーズの、味の違いを知りませんので、ひとまとめにチーズ味って思ってしまいそうですけど、チーズに詳しい人には、分かるのかもですね。

 

スコーン<とろけるクアトロチーズ>

 

開けた瞬間から、ふぁって鼻につく、凄く濃そうなチーズの香りがします。

しかも見た目の色からして、スコーンの色が濃いですよね。

 

チーズがたっぷりかかっています。

 

スコーン<とろけるクアトロチーズ>チーズの濃そうな香りが鼻につきます

 

ですが香りや見た目のイメージと違って、割とあっさりした味になっている気がします。

確かにチーズの美味しそうな香りや、味もしっかりついていて美味しいのですが、どちらかといいますと、あっさりしているかなぁって感じです。

 

ですから逆に、強烈なチーズ臭さがない分、食べやすいですね。

くどくないといいますか、ムッとこない感じです。

 

元がとうもろこしで作られたスコーンに、チーズの味付けをしているので、そんな風に感じるのかもしれませんが。

 

スコーン<とろけるクアトロチーズ>意外とあっさりしているちーず味

 

お菓子のチーズ味なので、食べやすくなっているんだと思います。

チーズは、詳しくないので、それぞれの味わいみたいなのものは分かりませんが、ひとつのチーズでは出せないであろう味になっているのは、しっかり感じられて美味しいですよ。

 

あっさりしているといっても、チーズのもつ微妙に違うクセが合わさって、味わいを出してくれているのくらいは分かります。

ひとつのチーズでは感じられない、複雑な味をしていますので。

 

これがコクになっているんだと思います。

 

スコーン<とろけるクアトロチーズ>複雑なコクを生み出している

 

食感もガリボリと力強くて、食べた感じがしっかりありますので、チーズのまろやかな食感と違って、食べている感じのする食感で、チーズを味わえるのはいいですよね。

噛んでいる時は、その力強い食感に気がいってしまっていますが、あとからチーズのうまみが、しっかり押し寄せてくるって感じになっています。

 

じっくり味わうというよりは、ガンガン口に放り込んで食べたい味をしています。

 

原材料やカロリーなど

スコーン<とろけるクアトロチーズ>の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

コーングリッツ(国内製造)、植物油、砂糖、食塩、デキストリン、チーズパウダー、粉末油脂、ホエイパウダー、香辛料、オリゴ糖/調味料(アミノ酸等)、香料、カロチノイド色素、香辛料抽出物、くん液、(一部に乳成分・大豆を含む)

 

栄養成分表示 1袋(83gあたり)はこちら

エネルギー463kcal、たんぱく質4.0g、脂質28.2g、炭水化物48.2g、食塩相当量1.5g

 

スコーン<とろけるクアトロチーズ>


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ