エンタメでリラックス

まじか!日本版も!?映画キューブのストーリーは単純だけど、謎が謎をよびハマる【途中ネタバレあり】


キューブ (Cube)

 

映画キューブは、立方体の部屋に閉じ込められた、6人プラス1人の男女が、脱出するところから始まりました。

それからキューブ2、キューブ・ゼロと続きます。

 

このストーリーの面白いところは、単純にキューブからの脱出という内容だけではなく、キューブの謎も解き明かしたくなってくる、そんな映画になっています。

ですから、見事にハマりました。

 

キューブとは、立方体の各面に1つずつ、出入口が付いている部屋のことを、キューブといっています。

ようするに、何か分からないけど、そんな立方体の部屋に閉じ込められたから、脱出しようよっていう、単純明快なストーリーなのですが、それだけでは終わらない要素が、キューブにはあるのです。

 

映画キューブの感想

 

1997年制作の映画なので、24年たってようやく観ることができました。

ずっと気にはなってたんですよね。

 

  • キューブとは?
  • どんな謎がある?
  • 脱出ゲームみたいなもの?
  • 自分で挑むのか、閉じ込められたのか?

なんて思いながら、気になって仕方なかったんですけど、何故か気にしているだけで、見ていなかったんです。

 

古いし、今さらみるのもなぁなんてことで、ずるずるとしていたのですが、ようやくでした。

そこまで見たいと思っていながら、引き延ばし続けた映画って、期待度が上がりますが、それでも率直にいって、みて良かったと思える映画になっています。

 

そんな古い映画を今さら見て面白いの?

なんて思いますけど、ハッキリいって間違いなく面白いです。

立方体の部屋の中を、永遠移動するだけ。

 

と言ってしまえば、そうなのですが、ただの部屋ではなく、間違った部屋を選ぶと、高確率でこの世からお別れをすることになります。

 

どの部屋が安全なのか?

一体いくつ部屋があって、出口はあるのか?

誰がこんなものを作ったのか?

 

みたいな謎解きが楽しいんですよね。

それに、同じ立方体を永遠と移動するだけなので、時が経った今でも、映像が特段古臭く感じないんですよね。

 

撮影のやり方に、ちょっと時代を感じてしまう部分もありますけど、24年経っても違和感なく見れてしまう映画です。

さぁ、謎解き開始です!

 

って感じで、楽しく見ることができます。

グロい部分もありますけど、作り物感があるので、そこまでではないかもとは思いますが、そういうのが苦手な人にはきついかもですね。

 

キューブのストーリー

 

キューブに閉じ込められた人達は、立方体の部屋の中で目を覚まします。

いつ連れて来られたのか、どうやって連れて来られたのかも、何も分からないまま、立方体の部屋に入れられているんです。

 

部屋の各面の真ん中には、簡単に開けられる出入口が、それぞれ6つあるんですけど、それ以外は何もありません。

立方体なので、全部で六ヶ所の出入口から、どっちの部屋に進むかは、自分次第。

 

そして、その入口を選んで開けると、また同じような立方体の部屋って感じで、それが永遠に続いています。

ただの部屋ならいいのですが、命を奪う仕掛けがあって、基本的には当りの部屋に入らないと、生きて出られません。

 

罠のある部屋でも、罠をかわせるなら別ですけどね。

ですが、その進む部屋に、どんな罠があるのかも分からないので、生き残る確率は低いわけです。

 

そんなキューブの、ある一部屋に、5人の男女がたまたま集まってきて、本格的な脱出がスタートします。

はたして何人、生きてでられるのか?

 

キューブを脱出した先には、何が待っているのか。

そういった謎が好きな人には、おすすめです。(ハマります)

 

キューブに入れらた人たちの共通点

 

そんな訳の分からない部屋に、拉致監禁されるくらいなので、何か共通点がありそうですが、何もありません。(多分)

職業、年齢、性別、犯罪歴など、みんな違います。

 

ですから何もない?とは思うんですけど、そもそもの話、キューブの謎を解けるような、情報を持った人や、頭脳を持った人がいないと話になりませんよね。

ってことで、謎解きに関わる知識や情報を持っている人が、メンバーの中にいるので、選ばれたと言えば、そうなのかもしれません。

 

そのメンバーがいなかったら、脱出なんて不可能だったと思うので、それぞれ役割があって入れられたみたいな感じにはなっています。

 

ネタバレ:キューブの謎

 

キューブの中で出会う男女は、脱出に不可欠な知識や頭脳を持っています。

ですから、部屋に関するヒントを見つけて謎解きをするのですが…。

 

説明を聞いていても、さっぱり分かりませんでしたので、考えることを放棄しました…。

あー俺が入れられたら、完全にツム奴だってことしか分からないような、謎解きが始まります。

 

まず、部屋には数字がついています。(部屋番号みたいなものです)

各部屋には、数字が割り振られていて、その数字を読み解くことで、罠のある部屋なのか、安全な部屋なのか、どこの位置にあるのかを見抜くことができます。

 

見抜けたところで、出口に繋がっているのかは別なんですけどね。

 

キューブの部屋数

一体キューブは、どこまで続いているのかって、みんな思うと思います。

 

たくさん同じような部屋が、あるんだろうなくらいにしか思っていませんでしたけど、作中でそれに関してのちょっとした情報から、部屋数を割り出すことになるのですが、部屋数聞いたら、諦めるレベルですよ。

キューブは、巨大な立方体の中に、部屋サイズの立方体が、1万7576部屋集まって出来ているっていうのが分かります。

 

無理ゲーな話しですよね。

水も食料もないので、もって3日ほどです。

 

その間に、危険な部屋を回避しながら、脱出しなければいけないのですから。

タイムリミットもありますし、少しずつ謎が解けて物語が進むにつれ、結末が非常に気になってきます。

 

キューブに集められた人達がどうやって、脱出するのか。

そんな楽しみが、途切れない映画になっていますね。

 

  • どうやってキューブに入ったのか?
  • どうやって脱出するのか?
  • 誰がキューブを作ったのか?

 

気になる部分が、たくさんあると思いますので、非常に楽しめます。

謎が謎をよんでくる展開になっていますよ。

 

映画あるあるはキューブでも

 

すげーカッコいいこと言ってた人が、真っ先にやられるなんてテンプレですよね。

笑いを取ろうとしているのか、何なのか分かりませんけど、そういうものなんですよね。

 

ですから、リアルでもカッコつけないようにした方が身のためです。

という教訓も学べます。笑

 

単純に立方体の部屋からの脱出ゲームなんですけど、謎解きも含めて、魅入ってしまいますよ。

 

キューブを見られるのは、下記の動画配信サイトです↓

気になったら、チェックしてみて下さい。

動画視聴サービス

配信期限があったりしますので、2021年7月現在でみれるサイトはこちらです。

U-NEXT 無料ポイントで漫画も読めます

アマゾンプライムビデオ Amazonプライムの特典のひとつ

Netflix

総合的にはU-NEXTを選んでおけば間違いないですね。

 

アニメは無料動画よりもコスパのいい動画配信サービス
【おすすめ動画視聴6選】映画やアニメの無料動画配信サービスの価格とメリット、デメリット

  見たいアニメが見つかった時に、このアニメを無料でみれるサイトはないかな? って探すじゃないですか。   でも無料サイトを探すほうが、コスパが非常に悪いです。 どうしてもアニメ動 ...

続きを見る

 

追記

菅田将暉、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎 出演で、日本版のキューブも今年始まります。

ようやくキューブを見た年に、日本版がでたので、びっくりしました。

 

原作キューブのヴィンチェンゾ・ナタリ監督も参加した、完全オリジナルストーリーになっているみたいです。

これも要チェックですね。

 

しかし、元祖サイコロステーキ先輩に、柄本時生さんが選ばれてます。

好きな俳優さんんなので、期待大です。

 

 

-エンタメでリラックス

© 2021 e-きっかけブログ