学べる本

【勉強上手】しょせん遊び、嫌いな勉強をしてわざわざ苦労を増やさない【書評】感想


勉強上手
 230ページ 著者:成毛眞

 

この本は、こんな方にオススメです。

  • 勉強のやり方で悩んでいる
  • 目標を定めて勉強するのが嫌い
  • 興味のない勉強をやめたい
  • 目指すべきものが今はないけど、とりあえず勉強している

逆に、受験勉強とかには向かないと思います。

 

本書で紹介しているのは、

映画が好きなら映画を観ればいい、音楽、ゲーム、マンガ、好きなことをやり続ければいい、テレビをみろとか、ネットをみろ、遊びの延長のような方法ばかりであると書かれています。

 

資格の勉強も、英会話も、セミナーも、興味がないなら新聞も雑誌も読まなくていい。

 

そんな著者は、努力が必要な勉強は必要ないと言っています。

 

 

どうでもいいという生き方

 

「どうでもいいという生き方」にポリシーを持っていると言うから、面白いですよね。

こんなエピソードも書かれてあります。

ある時、上司に、説教されたそうです。

そのなんでもかんでも、どうでもいいやっていう生き方を変えろと。

そこは猛反発した著者の成毛眞氏。

上司と対立しそうになると、説得しようと言う無駄な努力はしないのに、そのポリシーを批判されるのだけは我慢ならなかったみたいです。

普通は、逆なんですけど、普通と逆をするからいいのかもしれませんね。

 

本書の内容を少し抜粋

せめて支配されない人生を

中高年が若者をダメだダメだと言うのは、その方が安くこき使えるからだろうと言います。

若者にデキる社員になれと説きつつも、実際にデキる社員になられては自分の地位を脅かされる。自分が高給をもらい続けるためには、若者に劣等感を抱かせ…

そのあとはだいたい想像つくかもしれませんが、せめて若者には中高年に完全に支配された人生を送らないよう、本書の勉強法は役に立つと書かれています。

 

若いころって、まだ何も知りませんので、何かと影響を受けやすいですからね。

学校で、答えを教えてもらってきた中で、社会でそういうものだと教えられたら、考える力を失いかねません。

この本には、そう言った学びもあるので、それもまた勉強できます。

 

恐怖産業に乗せられるな。

人の不安を煽っているビジネスのことですね。

その中に、自己啓発セミナーや資格ビジネス、英会話スクールなども入っています。

それらが必要な人は、いいと思うのですが、あおり文句といいますか、そういう資格が今後ないとヤバイですよ、みたいなものにだまされるなってことですね。

世の中は、だます人とだまされる人で成り立っているので、疑う目を養うことだってことも本書では語っています。

 

時代が変わっても学べる

この勉強上手は、2012年に出版された本なので、8年前ですね。(2020年現在)

ですから読み返すと、こんなこともあったなと、昔の振り返りも出来るのですが、それから今の時代はこうなっていると思うと、考えさせられる部分も大いにあります。

待機児童のことも書いてありますが、まだ最近な感じがしていましたけど、この頃から起きていたんですね。

それに情報量の多い時代は、知識は詰め込み式ではなく、その都度調べる方が効率的だから、記憶力ではなく検索力が問われる時代って書かれてあり、今の時代でもまさにそれです。

 

今も、昔も本質は変わっていません。

時代は変わっても、人はそんなに進化していないですね。

同じことで悩み、同じことで、つまづいたりします。

今読んでも色あせない内容です。

 

わざわざ苦労を増やしていた!?

ただでさえ人生には苦労が多いのに、嫌いな勉強をして、わざわざ苦労を増やす必要はないだろう。

使わないことって、勉強してもすぐ忘れてしまうからですね。

確かに無駄な時間ですよね。

今は、分からないところが出てきたら、その都度ググって解決できますし、必要になってからでも十分な気がします。

ただこう言った考え方を学んでおけば、無駄に勉強して、焦らなくてすむと思います。

 

何がビジネスになるか分からない

何でもいいから自分の好きなことは続けていればいい。

今の時代、何がビジネスになるか分からない。

8年前から、こうやって言われていたんですから、今ならなおさらですよね。

遊びがビジネスにつながっている例は、たくさんあります。

 

これからも、もっと自分の得意分野が、仕事になるでしょうね。

もちろん、行動しないといけませんが、好きなことなので、行動しているなんて、そもそも思わないかもしれませんね。

でもそれをアウトプットしないと、誰にも知られないまま終わってしまいますので、これだけは、外せない部分だと思います。

 

読んで楽しいから読みやすい

 

他にも、この本を読めば、自分なりの色々な面での答えが導き出せると思います。

理想に向かって努力するのもやめた方がいい。それはなぜなのか?

モテるオヤジは結局こういうオヤジとか。

勉強法の本は4点がベースになっていて、それさえ分かれば、勉強法の本は必要ないとか。

8つの勉強本の紹介やそのレビューもあり、参考になるので、その本読まなくてもいいんじゃ?…なんて思えるくらいです。それに書評が面白くて笑える部分もあります。(私もその中の何冊かは持っていますが。)

 

前半、勉強するなと言っておきながら、後半は勉強法を提案していますから、自分でもアマノジャクとは言ってはいますが、至極まっとうです。

勉強するなら、本とネット。

本の内容は忘れてもいいから、質より量だとも言っています。

情報に触れたとき、自分がどう思うか、どう感じるかという感性や思考が大事

私も、そう思っているので、肯定してくれた本だから、買ってしまったというのもありますが、考え方を変えてくれる本は、手に入れて損はないです。


-学べる本

© 2021 e-きっかけブログ