本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

ファイヤースターターを買う前に、見落としがちな部分を解説

 

ファイヤースターターを選ぶ時に、何を重要視した方がいいのか?

通常は、速く火をつけられるかどうかが、ファイヤースターターの良し悪しの判断材料になっていますが、意外と見落としがちな部分がありますので、これからファイヤースターターを買おうと思っているなら、参考にしてみて下さい。

 

ファイヤースターターを買う時に見落とす部分とは?

 

ファイヤースターターを購入する際の、判断基準といえば、ロッドの素材や長さ、形だったり、ストライカー云々といった部分が主になっています。

例えば下記に上げる部分です↓

 

■ファイヤースターターの構成

ファイヤースターターには、付属品?として、火をつける用途以外の部分で、いろいろな要素がついているものもありますが、基本的には、ロッドとストライカーの2つで構成されています。

ファイヤースターターのロッドとストライカー

ロッド:ファイヤースターターの、棒になっている部分

ストライカー:ロッドを擦るための道具

 

ちなみに、このファイヤースターターのストライカーには、定規や栓抜きがついています。(ワークマンのファイヤースターター)↓

ファイヤースターターの便利機能

 

そういった部分も、購入する際の判断材料になるかもですが、そこは重要ではありません。

 

■ファイヤースターターの素材は2種類

フェロセリウムのロッド:鉄とセリウムの合金になっていて、発火温度が約150℃〜180℃と低いため、楽に火花を発生させることができます。

デメリットととしては、価格がお高くなっています。

 

マグネシウムのロッド:発火温度が約400℃以上と、フェロセリウムよりも高いので、火花が出にくい?なんて言われていたり、いなかったり。

価格としては、お手頃価格で購入できる点がメリットです。

 

ですから、ファイヤースターターは、フェロセリウムのロッドを選ぶとよいとされています。

 

■ファイヤースターターの使いやすい形

要は単純で、ロッド部分が長い、もしくは、丸ではなく平らになっている方が、それだけストライカーが、ロッドに接地する面積が大きくなり、擦りやすくなるので、多くの火花を発生させることができます。

それをふまえて、どんなものがいいのかを考えるのが、一般的です。

 

ですが!

一概に、ファイヤースターターのよさは、着火のしやすさがいいものがいいとは限らないので、その辺は、自分の好みになります。

 

それはなぜかといいますと、ファイヤースターターでの火のつけやすさは、ファイヤースターターの質だけでは、決まらないからです。

 

ファイヤースターターの質は関係ない?

 

ファイヤースターターには、前述しました通り、ものによって、扱いやすさが違います。

ですが、なぜ、ファイヤースターターの質はどうでもいいのか?といいますと。

 

ポイント

ハッキリ言ってしまえば、火の素になるもの(火花)を生み出せられれば、フェロセリウムでも、マグネシウムでも、どちらでも火をつけることが可能だからです。

ですから、着火に関していえば、どちらでも問題ありません。

 

火をつけるための重要な点といえば?

火をつけるための重要な点は、実はファイヤースターター側ではなく、『火をつけられる側』の方が重要です。

もちろん、ファイヤースターター自体が不良品で、火種を生み出さないのであれば問題ですが、そういったことは、ほぼないかと思います。

 

ですから、重要なのは、どんなに火花が出ようが、そこに燃えやすいものがなかったら、火はつかないということです。

火花さえ出れば、火をつけられる側の素材が燃えやすければ、簡単に火をおこすことができるので、実際のところ、フェロセリウムでも、マグネシウムでも、どうだってよかったりします。

ファイヤースターターは、火をつける側の燃えやすい素材が重要

 

『燃えやすい素材』に、ファイヤースターターを使えば、ファイヤースターターの素材が何であろうが、関係ありません。

 

燃えやすい素材:チャークロス、コットン、木くず、ウッドチップ、枯れ葉、枯草、麻紐、テッシュなど

こういった燃えやすい物を準備しておけば、例え少ない火花だったとしても、簡単に火をつけることが可能です。

 

それにファイヤースターターの魅力は、速く火をつけることだけではありません。

 

速くつくだけが、ファイヤースターターの魅力ではない

ミニ焚き火台は、大きなサイズの燃料は入れられない

 

目的が、ただ速く火をつけるだけなら、ファイヤースターターに、こだわる必要はそもそもないですよね。

ライターでいいじゃん…みたいな。

 

ですが、そこにあえてファイヤースターターを使うのは、ファイヤースターター独自の魅力があるからです。

その魅力を楽しむにも、あまりにも速く火がついてしまうと、面白くないって人もいるかと思います。

 

もっとファイヤースターターで、遊んでいたいみたいな。

そこは好みの問題だと思いますけど、ファイヤースターターで、サッと速く火を起こしたい場合には、フェロセリウムのロッドに、燃えやすい素材の組み合わせで火起こしすれば、一回でつけることが可能ですが、あえてマグネシウムを選択するのも、ありだったりします。

 

ポイント

たとえ時間をかけて火をつけても、ファイヤースターターの魅力は半減しません。

よほど時間に余裕がなく、急いでつけないといけない場合には、そもそもファイヤースターターを使わない方がいいです。

 

ファイヤースターターで困難を選ぶのもあり

 

ファイヤースターターを、わざわざ使うのは、かっこいいからとか、よりキャンプ気分を味わえるとか、非日常を楽しむためですよね。

それに、ハッキリ言ってしまえば、楽しい暇つぶしができるというのが、最大の理由かもしれません。

 

ライターで済むところを、あえてファイヤースターターとか使うんですから、火のつく過程を楽しむためなので、逆に、火がつくまでが、割と困難な方がいいって人もいるかと思います。

あまりにも早く点いてしまうと、面白くない…みたいな。

 

ですから、火がつきにくい物をわざと使って、あれやこれやと工夫し、火がついたときの面白さもあったりするので、そういった、やりがい?(暇つぶし?)みたいなものも楽しみたいなら、火がつきにくいファイヤースターターを選んだ方がいいかと思います。

もしくは、子供がいるファミリーキャンプの場合は、子供でもつけやすい、使いやすいものを選んであげたりと、使い分けるのもありです。

 

子供は、ファイヤースターターに夢中になりますし、火をつけられた時の喜び様は、何物にも代えがたいものがあったりします。

ココがポイント

時と場合によって、ファイヤースターターの選ぶ基準は変わってくるので、速くつけられるという基準だけでなく、自分なりに見つけてみるのも楽しいかと思いますよ。

 

見た目だったり、ストライカーの持ちやすさといった要素だったりと、意外と豊富な種類があるので、ファイヤースターターの種類を集めて、気分で変えるのも、面白いですよね。

ですから、ファイヤースターターは、火花の飛ぶ量によって、火がつきやすい物でも、つきにくかったとしても、よりキャンプが楽しくなるアイテムになっています。

 

ちなみに、火花をバリバリ生み出す、おすすめなファイヤースターターは、ZENのファイヤースターターですね。


ロッドに持ち手がないので、すり減ってきたら、逆にして使かえる点も素晴らしいですし、ストライカーの引っ掛かり具合も抜群なので、ストライカーのみでも手に入れておくといいかと思います。(ストライカーのみでも販売されています)

 

 

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプはかっこつけるためのものでもないけど、キャンプギアの見た目がいいと気分が上がるのも事実。有名メーカーを含め、だいたい揃うキャンプギアサイト。



キャンプのおともに、映画やアニメ、ドラマが見放題のエンタメ。

無料動画配信サービス7つも含めてご紹介

-キャンプギア