foods、drink

ビーノじゃないの!ファミマのえんどう豆100%使用えんどう豆スナック、レビュー感想

えんどう豆100%使用えんどう豆スナックのパッケージ

 

ファミリーマートコレクションの、えんどう豆スナックは、よく見ると真ん中の下に、ビーノって小さく?書いてあるので、東ハトのビーノじゃないですかって感じです。

ですから、味は間違いないんですよね。

 

でも原材料を見る限り、東ハトのビーノとは、若干違います。

そこらで違いをだしているのかもですね。

 

えんどう豆100%使用えんどう豆スナック

 

開封時の香りは、なんとも言えない素朴な香りです。

これ、美味しいのかな?って疑問に思ってしまう感じの、お菓子としては主張していない香りなんですよね。

 

なんて表現していいのか、えびせんのえびを、抜いたような香りとでもいえばいいんでしょうか。

そんな表現し難いのが、えんどう豆スナックです。

 

えんどう豆100%使用えんどう豆スナックは素朴な香り

 

それに見た目も、パッとしない色をしているので、美味しそうには見えなかったりするんですよね。(言いたい放題)

ですが中身は、ひとつひとつが軽いので、結構たくさん入っているように見えます。

 

ですから、たくさん食べられるイメージがあるので、意外と満足感が高かったりします。(味を知っている人にとってはですが)

 

えんどう豆100%使用えんどう豆スナックは、口当たりが軽い

 

えんどう豆スナック(ビーノ)は、口当たりがすごく軽くて、ふわっとしているので噛み心地が気持ちよく、ナチュラルな感じがするんですよね。

サクサクしていて、口に入れるとすぐにしっとりし始める軽い食感。

 

噛まずに、しっとりしてくるのを待つのも、旨みをじっくり味わえるので、おすすめの食べ方です。

所々にある焦げ目は、ちょっとだけ硬めな食感と、香ばしい香りがするので、それもアクセントになっていて美味しいですよ。

 

もうちょっと焦げがあってもいいくらいですね。

 

えんどう豆100%使用えんどう豆スナックは焦げ目も美味しい

 

お菓子自体の香りは、そこまでって感じですけど、味は抜群に美味いのが、えんどう豆スナック(ビーノ)です。

素材の旨みをそのまま活かした、えんどう豆100%で作られています。

 

えんどう豆100%使用えんどう豆スナックは、素材のうまみが活きている

 

基本的には塩で味付けした、単純な味付けに感じるんですけど、実は違います。

素材の旨みだけで十分美味しいと思うのですが、昆布やカツオ節などの、おダシ系のパウダーも含まれているんです。

 

そのせいもあってか、単調な味になっていません。

旨みを押し上げてる感じでしょうか。

 

塩以外いらないような気もするのですが、ときおり、カツオや昆布などの旨みを感じて、これがまた美味さを持ち上げてるんですよね。

それに、えんどう豆との相性もよくて、違和感が全くないです。

 

口に入れた瞬間に、ふわっと旨みを感じる程度ですし、えんどう豆の素材の味わいを邪魔していません。(さすがです)

むしろ、旨みに変化が出て、美味い具合に調和しているので、変化があって楽しいですよ。

 

原材料やカロリーなど

えんどう豆100%使用えんどう豆スナックの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

えんどう豆グリッツ(カナダ産)、植物油脂、えんどう豆パウダー、食塩、ブドウ糖、昆布エキスパウダー、かつお節風味パウダー(食塩、乳糖、かつお節パウダー、いわし煮干パウダー、デキストリン、たんぱく加水分解物、宗田節パウダー)、たんぱく加水分解物、香辛料/調味料(アミノ酸等)、炭酸Ca、(一部に乳成分・小麦・鶏肉・豚肉を含む)

 

栄養成分表示 1袋(70gあたり)はこちら

エネルギー394kcal、たんぱく質10.2g、脂質27.5g、炭水化物28.6g(糖質24.4g、食物繊維4.2g)、食塩相当量1.3g

 

えんどう豆100%使用えんどう豆スナック

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ