foods、drink

ふぁって鼻にぬけるシークワーサーの余韻を楽しむポテトチップス<シークワーサー味>レビュー感想

ポテトチップス<シークワーサー味>のパッケージ

 

シークワーサー大好きな私としては、買わない選択はないですね。

それに沖縄だけ、やけにパッケージが凝っていて、いいです。

 

ですが…、他の地域限定のポテチのデザインが、手を抜きすぎな感じも出てきます。笑

それに沖縄だけ、春日のトゥース!をしている、カルビーのキャラクターが入っていないのは、なぜ!?

 

謎です。

 

ポテトチップス<シークワーサー味>

 

開封時の香りは、レモン?

って感じで、シークワーサーの匂いが全然しない…。

 

なんて思っていたのですが、よく嗅いでみると、シークワーサーの香りは、ちゃんとありました。

カルビーさん、疑ってごめんなさいって感じです。

 

シークワーサー感、ちゃんとあるので、さすがですね!(もみて)

食べると分かるではなく、香りからもしっかり味わうことができて、いい感じです。

 

ポテトチップス<シークワーサー味>シークワーサーの香りは、ちゃんとあります

 

この独特な香りがないと、やっぱりシークワーサーはダメですよね。

それに食べてもみても、意外としっかりシークワーサーしてるんですよ。

 

ポテチにシークワーサーって、どうなの!?って感じでしたけど、爽やかな風味が絶妙ですね。

シークワーサー味といっても、素がポテトですから、味的には、薄い感じがしてしまうんですけど、そのバランスがよくて、うまいこと調和しているんです。

 

ポテトチップス<シークワーサー味>シークワーサーとポテチの味わいが調和している

 

さっぱりしていて、夏の時期にピッタリですし、爽快なサクサク食感にのって、シークワーサーが、ふわぁって香ってくる感じも、とてもいいです。

そよ風にのって、やってきたみたいな雰囲気があって、ガツガツしていないナチュラルなポテチもありですね。

 

そこまで、がっついた主張をしていないので、すごく落ちついて食べることができます。

噛みしめられるっていいますか、じっくり味わって食べられますね。

 

ポテトチップス<シークワーサー味>は、ゆったり食べられる味

 

ぐわって味が押し寄せるような感じもいいんでしょうけど、そういうのは味わうというよりは、味あわされる感がありますからね。

それに、シークワーサーの独特の香りは、食べたあとにより強くやってきます。

 

1枚食べ終わる度に、シークワーサーが鼻に抜けていくので、その余韻を味わうのがベストですね。

次々食べてしまうと、もったいない気がします。

 

ポテトチップス<シークワーサー味>は、一気に食べるにはもったいない

 

せっかくのシークワーサーなので、1枚1枚を味わった方が楽しめると思いますよ。

それにポテチで味わえるのは、なかなかいい感じです。

 

味わいもすごく優しいですし。

石垣の塩を使っているみたいですが、その辺は私の味覚では、よく分かりませんでした。

 

原材料やカロリーなど

ポテトチップス<シークワーサー味>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、デキストリン、砂糖、食塩(石垣の塩83%使用)、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、かつおぶしエキスパウダー(さばを含む)、シークヮーサー果汁パウダー、ホワイトペッパー、調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、甘味料(ステビア)

 

栄養成分表示(86gあたり)はこちら

エネルギーkcal、たんぱく質g、脂質g、炭水化物g、食塩相当量g

 

ポテトチップス<シークワーサー味>

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ