本記事には広告も含まれています。

エンタメでリラックス

桐谷美玲の演技の評価がひどすぎない!?映画リベンジgirl


リベンジgirl

 

リベンジgirlは、高飛車な主人公、宝石美輝(桐谷美玲)が、自分を裏切った男に復讐するために、総理大臣を目指す、ツッコミ要素満載のラブコメディ映画です。

ツッコミどころが多くて、映画自体の評価は悪いっぽいんですけど、観てみると意外に学べるんですよね。

 

それに観て損はしません。

 

リベンジgirlの評価は悪い!?

 

このリベンジgirlですけど、ネットで調べると、評価が悪い感じなんですよね。

確かに作中気になるところが、いっぱいあるにはあるんですけど、面白いと思うし、ウルっとする要素もちゃんとあります。

 

なにせ男にフラレて、その男を見返すために総理大臣を目指すって、まず設定が面白いんですよね。

そんな動機で普通目指せるものじゃないと思うんですけど、そのあり得なさにまず惹かれます。

 

それに、どうやって短い時間で総理までもっていくのか、非常に興味が出てしまいます。

ストーリー的に、選挙活動の流れが主ではあるのですが、政治の話しに、もっていかれすぎな評価が多く感じます。

 

選挙の内容が薄いのは、どうでもよくない?

選挙の内容についての評価を多く感じるのですが、ちょっとぶっ飛んでいる、高飛車な女のする恋愛を楽しむ映画なので、選挙での内容が薄くても問題ありません。

それに、今の時代だからこそ、当選しても全くおかしくないなって感じがするような内容でもあります。

 

要はその人を言うことを信じることが出来て、有権者の期待に応えてくれそうな気がするのかどうかなんですから。

期待という面で、十分な内容です。

 

それに映画を見た人は、選挙や政治を勉強するために観ているわけではないので、その辺はさらっと流した方が無難です。

ようは宝石美輝(桐谷美玲)が、諦めずにどんなことでもやる、そんな行動力をもっているってことが重要なんですよね。

 

リベンジガールは、真剣に考えすぎると損します

桐谷美玲さんの演技が…、素人目からみても、はじめの方はちょっと…って感じの、違和感を感じるようなものが多々あります。

笑い方とか、話している時の表情とかですね。

 

実際の本人が、こういう人ではないからっていうのも、あるかと思うのですが、そりゃーもう気になりますよ。

ですが、最後までみると、桐谷美玲さんの演技云々よりも、全体的にツッコんで下さい要素が、そもそも満載なんです。

 

そういう映画なんですよね。

ですから、あえてやってる演技なのかなって感じなので、真剣に見すぎると、ちょっとイラっとしたりすることもあるかもしれません。

 

なにせ、気になる演技もそうですけど、自分のことを美人だと言うだけに収まらず、他人の顔までもけなすような、高飛車っぷりの役なんですから。

ですが、実際にそれを言えるだけの美人なので、納得してしまいます。

 

なんであれ、そんな風に感情をゆさぶられている時点で、その演技に釘付けになっている証拠なんですけどね。

ですから、そんな高飛車女だからこそ、どんな恋愛をするのか、楽しみになってくるんです。

 

完全にコメディー要素満載です。

まず冒頭のミスコンの審査の時点からしておかしいんですから。

 

ミスコンの審査がひどい?

冒頭からミスコングランプリ優勝をする主人公、宝石美輝(桐谷美玲)。

このミスコン優勝が、そもそもおかし過ぎるって話なんです。

 

ミスコンって、見た目だけで、中身は審査されなかったのか…って、思ってしまうくらいの高飛車っぷりなんですよね。

その時点で、コメディーよりなのが、すごく分かるんです。

 

ですから、ヒロイン宝石美輝の、あり得ないくらいの痛くて勘違い傲慢っぷりや、ヒロインを騙している斎藤裕雅のクソ男っぷり。

とにかく、中途半端感はなく、振り切れてますので、ツッコみながらみると非常に面白いです。

 

それに、そんな高飛車女のギャップがすごくて、かわいいんですよね。

 

頭のぶっ飛んだ高飛車ヒロインのギャップがかわいい

自分自身のことを、人前でも関係なく完璧だと豪語し、他の女を見下し臆することなく行動してしてしまう宝石美輝。

本気で総理大臣になれると、疑わないくらいの自信を持っていて、世間的に言えばクソ女なのですが…。

 

男にデートに誘われたと思うや否や、今までの自信はどこいった!?くらいな慌てっぷりを見せます。

妹に電話してしまうくらいに。

 

そのギャップが、またいいんですよね。

そう言う一面が、嫌なやつであればあるほど、そこがいきてきます。(実際に美人っていう前提になるかもしれませんけど…)

 

それにそんな一面が、自信がないからこそ、自信があるように、見せてただけなんじゃないかと思えるんですよね。

そのやり方が、だいぶ斜め上をいってしまっているだけで。

 

宝石美輝は、実は努力の人だった件

宝石美輝は、自信がない?からこそ、裏では努力してるんですよね。

その努力が、結果として評価されているので、変な自信に繋がっているんでしょうって感じです。

 

高飛車な言葉も、顔だけで威張っているわけではなく、東大主席という肩書きも入っています。

その時点で、努力の人って感じです。

 

言うだけでなく、言っただけの努力をしてるんですよね。

当然かもしれないけど、選挙活動でもいろいろとやらかしますが、ちゃんとやることをこなして、有権者でもない子供に聞かれて答えられなかった、足が臭くなる原因まで調べているあたり、相当真面目です。

 

やることはやって、その結果で威張る。

よくよく考えると、全然悪くないんですよね、実際。

 

誰かを下げる言い方がよくないだけで。

 

主人公の宝石美輝は、傲慢で性格ぶっ飛んでる痛い人なのかもしれないですけど、裏では相当努力している人なのが分かります。

高飛車な自信は、その努力からきてるって感じです。

 

といっても、実際美人でないと、こんなこと言ってたら、余計に反感くらうでしょうけど、自分の評価は自分で決めるっていうのは、素敵なことですよね。

 

言うだけはある行動力

目指しているところが、そもそも面白いのと、何かを目指していると言う口だけの人がたくさんいる中、本当に行動しちゃう行動力に、元気がもらえます。

はじめの動機なんて実際なんでも良くて、まず一歩進める、自分の背中を押して、前に進ませるだけの勢いのある動機に、すぐに乗っかれるかどうかが大事ってことを学ばさせてくれるんです。

 

やるっていったら、絶対やる。

こういう姿勢に、勇気をもらえる人もいるんじゃないですかねって感じです。

 

そしてどんな変な動機でも、目指していく中で、途中から変わっていってもいいんですよね。

ですから、とりあえずやることが大事ってことに、あらためて気付かせてくれるんです。

 

見方によっては、やる気を起こさせてくれる映画になっているので、観て損はしないと思いますよ。

 

感情を変えてくれる映画は、とてもいい映画です。

何にも思わない映画ほどつまらないものはないですからね。

 

これくらい行動力があったら、なんでもできるよねって、リベンジガールですが、今すぐ見られるのは、下記の動画配信サイトです。

気になったら、チェックしてみて下さい。

無料期間のある7つも含めVODの魅力を徹底解説
現実を忘れる映画・アニメ【見放題】のVOD(動画配信サービス)12社比較したおすすめ

続きを見る

 

-エンタメでリラックス