foods、drink

お菓子というより、おかずになるドリトスのメキシカンタコス味レビュー感想

ドリトスのメキシカンタコス味パッケージ

 

ドリトスって、世界ナンバーワンの、トルティーヤチップスブランドなんですって。

トルティーヤっていうのは、メキシコなどで食べられている、トウモロコシをすり潰して、薄く焼いたパンのことみたいですよ。

 

てか、ドリトスって知らないと思っていたら、結構ドリトスのお菓子には、お世話になっていました。

マイクポップコーンや、たこやき亭、チートスなんかもドリトス製品ですから、意外とみんな食べている可能性大ですね。

 

ドリトスのメキシカンタコス味レビュー

 

開封した時の、タコスの香りが、まずヤバいです。

 

ドリトスのメキシカンタコス味の香りが濃ゆい

 

トマトの香りと、スパイシーで刺激的な香りが、鼻にツンとくるくらい、タコス感がハッキリしています。

トマトの香りが、非常にハッキリしているので、どことなく、ちょっとスパイスの効いた、ミートソースピザっぽい感じもありますね。

 

そして内容量をみると、60gだったので余裕だなって、皿に出してみると、溢れてしまいました。

 

ドリトスのメキシカンタコス味を皿に出すと、意外と多い

 

三角形の形をしているので、割ともりもりな感じになります。

今回初めて食べてみたのですが、第一印象は、物凄く味が濃いってことですね。

 

どれくらい味が濃いのかといいますと、たった1枚食べただけで、口にタコスが数時間残るくらい、味がしっかりしています。

口がタコスになったような感じです。

 

それくらい味がハッキリしています。

たった1枚でです。

 

ドリトスのメキシカンタコス味は、味が濃い

 

それに、おかずとして、一緒にご飯が食べられるくらい味がいいです。

ドレッシングなしで、サラダにかけて食べてもいいと思います。

 

タコスサラダみたいな。

とにかく、口に入れた瞬間に、ぶわって一気にタコスの複雑な味が広がって、噛まなくも美味しいって思ってしまうくらいです。

 

さらに食感が、ボリボリしているので、余計に美味しいんですよね。

 

ドリトスのメキシカンタコス味は食感もボリボリしていて美味い

 

ドリトスのメキシカンタコス味は、肉のうま味、トマトの酸味、ライムが香る、本格タコス味っていうのが特徴で書かれています。

が、トマトの香りやスパイシーさが全面にきていて、ライムは、ちょっと分からなかったです。

 

肉のうま味も良く分かります。

トマト!肉!スパイシー!バリバリ!って感じです。

 

ハッキリした味が、バーン!って一気に押し寄せてくるのですが、そんな中でも、いろいろな細かな味が感じられて、味が繊細なんですよね。

ですから、本格タコス味って、言われている意味が、分かる気がします。

 

原材料やカロリーなど

ドリトスのメキシカンタコス味の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

コーン(遺伝子組換えでない)(米国産)、植物油、砂糖、食塩、ぶどう糖、デキストリン、トマトパウダー、オニオンパウダー、赤唐辛子パウダー、酵母エキスパウダー、たん白加水分解物、ガーリックパウダー、ライムジュースパウダー、ビーフエキスパウダー、クミンパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、着色料(カロチノイド、カラメル)、甘味料(ステビア)、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆を含む)

 

栄養成分表示 1袋(60gあたり)はこちら

エネルギー308kcal、たんぱく質3.7g、脂質15.8g(飽和脂肪酸6.4g)、炭水化物37.7g(糖類1.6g)、食塩相当量0.9g

 

ドリトスのメキシカンタコス味は、おかずになる

 

ハッキリした味が好きな人には、たまらないお菓子ですね。

といいますか、お菓子というより、おかずでもいいかもしれません。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ