foods、drink

好きなキャラを探すタイプ?クランキー<クッキー&クリーム>レビュー感想

クランキー<クッキー&クリーム>パッケージ

 

鬼滅の刃とのコラボパッケージですね。

個人的には、胡蝶しのぶがよかったのですが、なかったので栗花落(つゆり)カナヲにしてみました。

 

味は変わらないので、そこまでキャラクターパッケージには興味ないのですが、どうせならということで。

たくさん棚に並んでいる中から、一枚一枚「必死で」探しましたよ。(2回確認しましたよ?)

 

ないならないで、全然よかったのですが。

(ちっないのかよ!なんて、心の中で悪態なんてついてませんよ、これっぽっちも!)

 

クランキー<クッキー&クリーム>

 

なんでしょうね。

この銀紙をみるだけで、美味しそうに感じてしまうのは…。(もしかして、刷り込み!?)

 

これだけで期待値が、上がってしまうので、単純です。↓

 

クランキー<クッキー&クリーム>箱開封

 

ミルククリームの香りが、かなりいいですね。

銀紙を開封した途端に、ブワッと広がる香りが強烈で、気持ちがさらに上がります。

 

サーティワンで食べる、アイスクリームのクッキークリームの香りに似ていますね。

それに、バターっぽい濃厚な感じも、香りの中にしっかりあって、ホワイトチョコバターみたいな、コクのありそうな重めの香りにも感じるので、香りからして既にうまいです。

 

クランキー<クッキー&クリーム>は、香りからしてうまい

 

この手の板チョコは、食べやすいように、ブロックみたいな感じになってますけど、結局うまいので、食べ過ぎるんですよね。

もう一列だけ…、1ブロックだけ…、ここまで食べたら、あと3ブロック食べないと、キリが悪いな…。

 

なんてことになるのが、板チョコの悩ましい所です。(銀紙を破り過ぎても、食べ過ぎるんですよね)

みんな我慢できるんですかね?

 

この出したばかりの状態のときには、これくらい食べようかななんて考えてるんですけどね。↓

それが守られたことは一度たりともない。(ドヤ顔)

 

クランキー<クッキー&クリーム>歯止めがききにくい板チョコ

 

食感は、クッキーとパフの部分がシャリシャリ、ザクザクしているので、ただしっとりするだけではないっていうのが、クランキーの楽しいところですよね。

そんな食感も美味しさを、しっかり持ち上げてくれています。

 

食感があるのとないのとでは、大違いですからね。

裏からみると、よく分かります。↓

 

クランキー<クッキー&クリーム>裏側には、クッキーびっしり

 

そして、クリームの味が濃厚ですね。

甘さもバチっと決まっていて、チョコクリームの味わいも抜群です。

 

シャリシャリ、ガリガリした食感の中で、チョコクリームの口どけは、モタっとした感じに感じるんですけど、味わいの濃厚さと、そんな口どけ感が絶妙に合ってるんですよね。

そして、口どけしてしまうと、クリーミーな感じで味わいを広げてくれる。

 

文句なしにうまいです…。

クランキーのクッキー&クリームは、抜群にうまいですね。

 

このクランキーの箱の側面に書かれている「頑張れ」が気になる。↓

クランキー<クッキー&クリーム>頑張れ

 

照れながら、まぁ頑張るけども…、みたいな。

 

原材料やカロリーなど

クランキー<クッキー&クリーム>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

植物油脂(国内製造)、乳糖、砂糖、ココアクッキークランチ(小麦粉、砂糖、ショートニング、ココアパウダー、デキストリン、ぶどう糖果糖液糖、カカオマス、ホエイパウダー、食塩)、ココアバター、全粉乳、小麦粉、ホエイパウダー、でん粉、クリームパウダー、モルトエキス、食塩/乳化剤(大豆由来)、トレハロース、膨脹剤、香料、カラメル色素

 

栄養成分表示 1枚(45gあたり)はこちら

エネルギー256kcal、たんぱく質1.8g、脂質16.0g、炭水化物26.2g、食塩相当量0.15g

 

クランキー<クッキー&クリーム>

 

鬼滅の刃も呪術廻戦に押されて、下火になってきてた感じがありましたけど、無限列車から遊郭編に向けて、また高まってきてますね。

パッケージは12種類ありますよ。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ