foods、drink

クリーミーで優しい味、セブンイレブンの素材のおいしさ枝豆チップス、レビュー感想

素材のおいしさ枝豆チップスのパッケージ

 

セブンイレブンで販売されている、東ハトが作っている、セブンプレミアム商品。

枝豆といえば、ビーノって感じもあるので、味は間違いなさそうな感じですよね。

 

それに東ハトの商品って、食感が面白いものが多いので、枝豆がチップスにされたら、どんな感じなんだろうってことで、買ってみました。

 

素材のおいしさ枝豆チップス

 

香りは、とにかくいいですね。

開封しただけで分かる、あっこれ、うまい奴だって感じの香りです。

 

ただの枝豆ではなく、枝豆を香ばしく焼いたような香りなので、なんとも言えない食をそそる香りがあります。

それに、香ばしさの中に、枝豆の甘みも感じられるんですよね。

 

素材のおいしさ枝豆チップス、美味しいのが分かる香ばしいえだまめの香り

 

そして、形が整っているので、見た目もいいですね。

ふわっと軽い感じのする見た目ですし、一口サイズなので、食べやすくなっています。

 

食べると、見た目通りで、食感が非常に軽いです。

すごく薄いチップスで、パリパリに仕上げられているので、カリッとサクサク感が、気持ちいい食感をだしています。(さすが東ハト)

 

素材のおいしさ枝豆チップスは、すごく薄いチップスで、パリパリに仕上げられている

 

それに食感と同じく、味も優しいです。

絶妙な塩加減とともにやってくる、枝豆の風味が非常に優しくて、素材感が出てるんですよね。

 

香りは、結構枝豆してましたけど、それとは違って、意外とあっさりとした優しい味わいには、ギャップもあります。

食感の軽い感じと、優しい味わいはすごく合ってますね。

 

素材のおいしさ枝豆チップスは、意外とあっさりとした優しい味わい

 

塩気も程よく、枝豆!って主張する感じではないので、味、食感、あと味など、尖った味というよりは、全体的に丸い感じになっています。

それに、どこか卵ボーロ?みたいな味わいも感じるんですよね。

 

枝豆のほどよい甘さがそんな雰囲気といいますか、枝豆と卵ボーロが混ざったような、そんなちょっと不思議な味わいもあるので、面白いです。

ですから、クリーミーな味わいって感じもします。

 

素材のおいしさ枝豆チップスは、クリーミーな味わい

 

そこまで主張した味ではないのですが、なんかうまいんですよね。

クセになるといいますか、体が自然と求めてしまうような味わいといいますか、非常に食べやすいです。

 

食感も楽しいので、子供も結構ハマりそうな感じもありますね。

素材のおいしさ枝豆チップスは、とにかく優しい味わいです。

 

原材料やカロリーなど

素材のおいしさ枝豆チップス原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

枝豆(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、砂糖、ショートニング、加工米粉、枝豆ペースト、食塩、粒状大豆たんぱく、ブドウ糖、枝豆パウダー、大豆パウダー、粉末醤油、昆布パウダー、香辛料、小麦粉、デキストリン/加工澱粉、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、クチナシ色素、炭酸Ca、(一部に小麦・大豆。ゼラチンを含む)

 

栄養成分表示 1袋(48gあたり)はこちら

エネルギー227kcal、たんぱく質1.9g、脂質8.9g、炭水化物34.8g(糖質34.2g、食物繊維0.5g)、食塩相当量1.3g

 

素材のおいしさ枝豆チップス

 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ