ヒント

コミュ障の歩き方

コミュニケーションなんて必要ない。

 

コミュニケーションが苦手な人って結構いると思うのですが、私もその1人で一時期はすごく悩んだりもしました。

(一時期はと言いましても、今もそんなに変わりませんが、それでも問題ないやり方を少しずつ見つけてきました。)

 

とにかく人と話すのが苦手で、話題に困るといいますか、何を話していいのか分からない。

人と話すとドキドキしてしまったり、あとになってからあの時こう言えてたらなぁ、なんて後悔もしょっちゅう。

 

でもそんな私も、営業をしていたこともあるので、自分でもびっくりなのですが、ただ、その経験で学んだことは、コミュニケーションが取れる取れないは、あまり仕事の成績に関係ないってことでした。

 

しかも世間で言われているコミュニケーションスキルって、実はあまり役にたたない事が多いんです。

 

コミュニケーションスキルは、「ただ話ができること」みたいな風潮。

 

とにかく話しさえ出来ればいいとか、誰とでも気軽に話しが出来るようになるのがコミュニケーションスキルだ、みたいな感じでしょうか。

 

まわりに居ません?

一人で話しまくっている人。

誰も興味ない話なのに、とにかく話しまくって、一人で笑ったり満足しているみたいな人。

 

女性に嫌われるパターンでよく使われる例えでしょうか。

自分の事ばかり話しして、相手は退屈しているのにも関わらず、そのことには気にもとめず、うまく話ができたと思って満足しているみたいな。

 

確かに話しは出来ているけれど、それでコミュニケーションできているかと言ったら、そうではないですよね。

 

そういうことが、仕事の商談でも普通におきているんです。

 

こうやって客観的にみると、そんなことはないって言えない人も結構いると思いますよ。

 

誰とでも話が気楽にできるけど、コミュニケーションになっていない。

 

誰とでも話しが出来るっていうのは、コミュ障の私からすれば、羨ましくもあるのですが、でも一方的に長く話していた割には何も残らない事が多いんです。

 

それはなぜか?

 

そもそもの話、みんな他人に興味がないんですよね。

人の事よりも、自分の事を見てほしいし、自分のことを知って欲しいし、自分のことを話して欲しいと思っているんです。

ですから、一方的に話したところで、全くコミュニケーションが取れていないんです。

 

聞くのもコミュニケーション

 

あまり人と話せなくて、伝えられないっていうのも、コミュニケーションがとれているとは言えませんが、相手の話はよく聞けますよね。

 

それには、こちらがコミュ障とか、自分がコンプレックスだと思っていることなんかも、他の人はどうでも良かったりするんです。

 

早い話、ただ自分だけが、気にしすぎているだけだったんですよ

 

みんな自分のことで精一杯で、人のこと気にしてる場合じゃないですし、あなたの事より夜ご飯を何にしようか考えているし、私、口臭いとか思われていないかなとか、あぁこの肩こり何とかしてほしいとか、そういう風に思っているんですよ。

 

なので、聞くコミュニケーションのやり方の方が、相手が喜んでくれます。

 

コミュニケーションを気にしているのは自分だけ、楽にいこう。

だから、どんなに人と話すのが苦手でも、話題に困っていても、何を話していいのか分からなくても、あまり気にする必要はないってことです。

 

コミュニケーションスキルは、必要な事を、必要な分だけ話して相手に伝われば、それで十分なんです。

 

コミュ障なんて相手からすれば、どうでもいい事なのですから。

 

雑談が出来ない?

それって美味しいんですか?って話なんですよ。

 

ですから、コミュ障でも営業で成果を十分上げられるんです。

むしろ、コミュ障がゆえに成績があがるんです。

 

仕事の商談なんて、5分で終わる内容がほとんどですよ。

 

それがなぜあんなに長引くのか気になりませんか?

話しがうまい?

違いますよ、ただ無駄な話が多いんです。

長い時間商談していた方が、仕事した気になるからですね。

 

ですから、それって仕事ができない奴なんじゃないの?って思っていればいいんです。

 

 

長さではなく、結果で仕事したかどうか判断すればいいので。

 

コミュニケーションが得意な人は、雑談が出来るから場を和ませたり、相手と仲良くなったり懐に簡単に入れたりしますよ、短期では。

でもペラペラ話す人は、長い付き合いとなると、話が長いから面倒になってくるんですよ。

 

話が長いだけで中身がないことがほとんどだから。

仕事の面ではですね。

 

コミュニケーションが苦手な人は、どうやって必要なことを話すかに意識が向くので、成約しやすいし長期では重宝されやすいんです。

 

なので、会話に悩むくらいなら、その特性をいかして、どうやって口数少なく、相手に伝えるかを考えれば勝てます。

 

 

という事で、コミュ障の人の方が、凄く付き合いやすいので、逆に好かれると思った方がいいと思います。

人の話よく聞いてくれますしね。

 

それにもっと話したかったとか、もっとこんな事も言いたかったのに伝えられなかったとか、あると思いますが、コミュニケーションって言葉だけではないですからね。

 

文字も使えるわけだし。

文字で伝えてもいいんですよ。

 

コミュニケーションは、会話を通じて人との関係性をつくれる話しが出来ることだと私は解釈しています。

 

口で言うのが苦手なら、メールでもラインでもなんでも、コミュニケーションツールなんて沢山ありますよ。

 

男女の出会いですら、ネットで出来るんですから、ブログ立ち上げて友達つくってもいいわけですし。

 

結論として、コミュ障は、人との関係性をつくる障害にはなりえないってことですね。

 

問題ないですよ全く。

逆にその方が得してるとすら思いますよ。

 

 

コミュニケーションは結局のところ

 

どんなに沈黙時間が訪れようが、

必要な事を、必要な分だけ話して相手に伝われば、それで十分です。

 

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ