foods、drink

思った以上にビター感が強い、明治のヘーゼルナッツチョコレート、レビュー感想

明治のヘーゼルナッツチョコレートのパッケージ

 

明治のヘーゼルナッツチョコレート

 

ヘーゼルナッツチョコレートの箱を開封すると、中の袋はこんな感じですね。↓

スライド式ではないので、ちょっと手間が増えます。

 

明治のヘーゼルナッツチョコレートの箱の中身

 

香りは非常にいいです。

甘そうな感じで、アーモンドチョコレートと同じような香りがします。

 

チョコに包まれているので、当然かもですが、ナッツによって香りが変わることはなく、チョコレートの香りが、たまらなく美味しそうです。

カカオ分が66パーセントのチョコレートなので、よりチョコレートの香りが際立っているのかもですね。

 

このパッケージには書いてありませんが、ベネズエラ産のカカオを使っているみたいですよ。

 

明治のヘーゼルナッツチョコレートは、チョコレートの香りが際立ってます

 

ヘーゼルナッツを、そのままチョコでコーティングしているので、サイズがかなり大きく感じてしまいます。

 

香りはすごく甘そうな感じですが、食べると、味は非常にビターです。

甘さ少なく、程よい苦味があって、なぜか一粒の満足感がすごいです。

 

ぱくぱく食べるというよりは、一粒をじっくり味わって食べられる、そんな味わいになっていますね。

個人的には、一粒食べるだけで満足してしまいます。

 

甘さはほとんど感じられないので、チョコレートの濃厚さが際立っている感じです。

あと味も、カカオの深い味わいが残るので、口の中で大人な味わいが続いていきます。

 

明治のヘーゼルナッツチョコレートは、濃厚で一粒の満足感がすごい

 

ヘーゼルナッツは、やっぱり食感がとてもいいですね。

キャンディーコートされているので、はじめの噛み心地が、コッていい音出すんですよね。

 

それから、ちょっと油分を含んでいるような、しっとりめのカリカリ感で、優しい噛み心地が楽しませてくれます。

食感にあまり抵抗がなく、チョコレートのしっとりとした食感に、溶け込んでいくような感じもありますよ。

 

ヘーゼルナッツは食感、味ともに、チョコレートとの相性が抜群ですね。

食べている時に、ほのかにふわっと抜けるナッツ感がありますが、ほぼほぼチョコレートの香りで満たされます。

 

明治のヘーゼルナッツチョコレートは、ヘーゼルナッツは食感、味ともに、チョコレートとの相性が抜群

 

ナッツの味はそこまで分からないですね。

それくらいチョコがとにかく濃厚です。

 

ですが、ビターなチョコレートに、ヘーゼルナッツの食感が加わると、より美味しく感じます。

 

ちょっと落ち着きたい時に、食べたくなるような味になっていますね。

甘いものを食べて、元気を出したいって時に、食べる感じのチョコ菓子ではないですが、非常に気持ちが落ち着きます。

 

原材料やカロリーなど

明治のヘーゼルナッツチョコレート原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

カカオマス(国内製造、外国製造)、ヘーゼルナッツ加工品、砂糖、ココアバター、ヘーゼルナッツペースト、植物油脂、還元水あめ/ソルビトール、乳化剤、光沢剤、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)、(一部に乳成分・アーモンド・大豆を含む)

 

栄養成分表示  1箱(52gあたり)はこちら

エネルギー318kcal、たんぱく質5.6g、脂質24.9g、炭水化物19.9g(糖質15.7g、食物繊維4.2g)、食塩相当量0.003g、カカオポリフェノール735mg

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ