foods、drink

もはやおかず!堅あげポテト<九州しょうゆ>レビュー感想

堅あげポテト<九州しょうゆ>パッケージ

 

九州って名前がつくと、なぜかそれだけで、美味そうに感じるのは私だけでしょうか。

九州しょうゆ、九州とんこつ、九州みそ…。

 

なんだか、全部ラーメンの味のような…。

 

堅あげポテト<九州しょうゆ>

 

開封時に、独特な甘そうな醤油の香りがします。

九州しょうゆ味って、この時点ですでに美味しそうですし、ご飯が食べたくなるような匂いなんですよね。

 

鶏だしも入っているらしく、香りの中にも鶏っぽい感じもちゃんとあります。

鶏の五目ごはんで感じるような、そんな感じの匂いもあるんですよね。

 

食べなくても、美味いのが分かるって感じです。

 

堅あげポテト<九州しょうゆ>食べなくても、美味いのが分かる香り

 

堅あげポテトは、なんと言ってもやっぱりこの食感ですよね。

バリバリとした力強い食感は、頭に響く音もいいですし、食べている感じがしっかりあります。

 

それに、だいたいポテチが折曲がっているので、さらに1枚のバリバリ感が増しているんですよね。

層みたいになっているのと同じ感じです。

 

堅あげポテト<九州しょうゆ>折曲がっているので、食感もさらに強烈

 

1枚で強烈な食感、それとともにやってくる、優しいしょうゆの味わいが、手を止めさせてくれません。

醤油の甘みと、鶏の旨みが、舌に乗った瞬間にじゅわ~と広がる感じは、たまりませんね。

 

堅あげポテト<九州しょうゆ>醤油の甘みと、鶏の旨みが、舌に乗った瞬間の旨さがヤバイ

 

そして、醤油とダシが乗ったポテチの、ゴリゴリとした食感と、それに合わせてじわじわと旨さを増してくる味わいに、気分がめちゃくちゃ上がっていきます。

歯ですり潰す度に、うまさがにじみ出てきて、その時に口に含んだ空気が、鼻に抜ける時の美味さときたら、ヤバイです。

 

お菓子ではなく、もはやおかずですね。

 

堅あげポテト<九州しょうゆ>もはやおかずのような味わい

 

これは、軽く潰してサラダにぶっかければ、ドレッシングいりません。

 

甘めの醤油で、優しい味なんですけど、ダシが効いてるので、奥深いみたいな。

しっかりドレッシング代わりになってくれます。

 

それに、九州しょうゆ堅あげポテトふりかけ、なんてあってもいいでしょうね

実際にご飯にかけて食べなくても、想像するだけで、美味いのが分かります。

 

香りも味も、とてもいいので、それに力強い食感が乗っかると、バカうまいポテチの誕生ですね。

お腹がみたるというよりは、余計にお腹がすいて、ご飯が欲しくなる味です。

 

原材料やカロリーなど

堅あげポテト<九州しょうゆ>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

じゃがいも(国産又はアメリカ)、植物油、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、砂糖、デキストリン、食塩、チキンエキスパウダー(乳成分・豚肉・ゼラチンを含む)、こんぶエキスパウダー、ねぎエキスパウダー、唐辛子パウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)

 

栄養成分表示 1袋(63gあたり)はこちら

エネルギー320kcal、たんぱく質4.0g、脂質16.3g、炭水化物39.3g、食塩相当量0.6g

 

堅あげポテト<九州しょうゆ>

 

これをおかずにすれば、ご飯がすすむはず。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ