foods、drink

天草大王よりも目立っているくまモン、プライドポテト<熊本 復活の地鶏>レビュー感想

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>のパッケージ

 

熊本の地鶏で、天草大王って鶏は、日本最大級の大きさを誇るんだそうです。

しかも、一度絶滅したのですが、復元に取り組んだ結果、約70年ぶりに復活したそうですよ。

 

なぜ絶滅したんでしょうね…。(時代的に、食われ過ぎたとか?…)

そんな復活した地鶏を使ったポテチみたいです。

 

プライドポテト、さすがです。

そんな味付にするなんて、尖り過ぎてますよね。

 

それにしてもパッケージのくまもんですが、天草大王よりも目立ってます…。

くまモンが復活したみたいな感じにも見えてしまう。笑

 

ちなみに、パッケージは2パターンあります。

 

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>のパッケージ裏

 

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>

 

何!?この匂い!?

って感じの、独特な香りが、開封するとブワッてきますね。

 

何かの惣菜で嗅いだことがあるような?ないような…、ごぼうっぽい感じもあります。

混ぜ飯っぽい…かもしれないですね。

 

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>混ぜ飯っぽい香り

 

見た目の色も濃いですが、食べても、かなり味が濃いです。

喉にピリピリとくるくらいの辛みがあり、ゆず胡椒の香りが強い感じですね。

 

ポテチと感じさせないくらいの、濃い味わいが一瞬で口の中に広がります。

辛いのが苦手な人には、ちょっときついかもですけど、食べだすとなぜかクセになる味わいがあります。

 

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>食べだすとなぜかクセになる

 

天草大王を食べたことがないので、味が分かりませんが、地鶏は確かにいるんですよね。

辛みが強いながらも、味、香り共に、地鶏の味わいもしっかりあります。

 

ただ、ピリリとゆず胡椒が効きまくってます。

ゆずこしょうを、ほんのりときかせたとか、書いてありますけど、ほんのりどころの話しではない気が…。

 

他の辛み成分なんですかね。

そのせいか、かなりパンチのある、天草大王地鶏って感じになっています。

 

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>は、かなり尖った味

 

中途半端を許さない、プライドポテトならではって感じの味に仕上がってますよ。

パッケージにある、くまモンの優しく明るい雰囲気とは違って、味は鬼ですね。

 

ちなみに側面にも、くまモンいます。↓

 

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>側面のくまモン

 

くまモンと味が、マッチしない、相当クセの強い味わいなのは確かです。

慣れてくると、「あれ…好きかも」ってなってくるのですが、始めは「ちょっとなんだこれ!?」って感じでしたね。

 

食べてると、そのクセ感にハマるみたいな。

 

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>は、クセが強い

 

もうちょっと食べたいかもって、なるにはなるのですが、味がハッキリしているので、食べた!って感じは凄くします。

そもそもプライドポテトに、ボヤッとした味は想像しにくいんですけどね。

 

熊本、復活の地鶏味は、全く予想できなかった味わいでした。

 

原材料やカロリーなど

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、香味油、砂糖、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、食塩、粉末油脂(乳成分を含む)、唐辛子、酵母エキスパウダー、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、チキンパウダー(大豆を含む)、ゆずこしょうパウダー、オリゴ糖/調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素、香料、くん液

 

栄養成分表示 1袋(58gあたり)はこちら

エネルギー313kcal、たんぱく質3.5g、脂質18.5g、炭水化物33.1g、食塩相当量0.8g

 

プライドポテト<熊本 復活の地鶏>

 

味が強烈で、独特なので、プライドポテトの世界観がすごく出ています。

好き嫌いがはっきりする味だと思いますよ。

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ