ヒント

忙しいアピールをする人の特徴【忙しそうに周りに見せることが、忙しい】

忙しいアピールをする人の特徴

「いつも」忙しいと言っていると…

 

「いつも」忙しいの言葉を、口グセのように言っているとしたら、こんな風に思われているかもしれません。

  • いつも忙しいって言っているけど、そんなに仕事ができないのだろうか?
  • 時間をつくろうと少しでも努力しているのだろうか?
  • 要領が悪すぎるのではないだろうか?
  • かまって欲しいのかな?

なんて思われていたりするので、やめた方がいいです。

 

忙しいアピールは、私は仕事ができない人なのですと、言っているようなものだったりします。

みんな同じように、口に出さないだけで、もっと時間が欲しい、忙しいと思っていたりしますので、忙しいって聞く度に、周りはうんざりしていたりします。

そんなのみんな同じだよ、って思うマイナスな言葉は、誰も聞きたくないですよね。

 

その人が忙しいかどうか、みんな分かっている

忙しそうに見せているだけの人=自分から忙しいとアピールしている

本当に忙しい人=周りから忙しそうだけど、大丈夫?と言われる

本当にその人が忙しいかどうかは、周りが一番理解していたりします。

 

職場内で、仕事のできる人とできない人って分かりますよね。

つまりそういうことです。

どんなに忙しそうに見せかけても、バレバレなのです。

 

自分ができないことを時間のせいにしている

 

忙しいアピールをする人は、「忙しい」を逃げ道に使っていたりします。

忙しいから私は他のことや勉強ができなくて、こんな感じなんですよって周りにアピールしていたり。

周りの人達が成長していっている時に、自分の能力が周りと比べて劣ってくると、忙しいアピールでごまかしたり。

自分でも、少しは努力すればいいのだけど、それが面倒だから、そうやっていつもごまかしていたりするのですが、周りは気づいていたりします。

 

自分に忙しいの暗示をかけている

 

時間がない、忙しいって言っている人は、自分に暗示をかけすぎです。

そんな風に言っていれば、時間がなくなるような行動を取りますし、周りにたいして時間がないように見せる行動を、取らざるおえなくなります。

周りにそう言っておきながら、暇そうにしていたら矛盾してきますからね。

ですから知らず知らず、そんな風に自分に言い聞かせている感じにもなってしまっています。

 

そんな行動を続けていれば、大した仕事をしていなくても、常に忙しそうに見せなければいけなくなってしまいますよ。

 

忙しい理由

忙しそうに周りに見せることが、忙しい。

それが一番の忙しい理由だったりします。

 

忙しいのに、長話する時間はある

忙しいアピールをしている人に話しかけてみると、忙しいとかいいながら、すごく無駄に喋ります。

忙しいのに、そんなに喋っていて大丈夫なのだろうか、っていうくらい長話をするんですよね。

実際は暇なので。

この人は、一体何がそんなに忙しいのだろう?って、さらに不思議に思われたりするのですが、実はかまって欲しかっただけだったりします。

 

時間がないとよく言っている人の特徴

 

  • 自分を忙しい人だと思わせたい
  • 私は頑張っているんですとアピールしたい
  • 家に帰ると、忙しいと言いながらソファーでダラダラSNSチェック
  • 誰にも認めて貰えないから自分で言うしかない
  • 実は要領が悪く仕事ができないのを誤魔化している

 

時間がないを理由に何もしない人は、本当は時間があるのを誤魔化すことに忙しいのです。

ですから、忙しいをアピールしているだけの人は、時間をつくろうという行動をしません。

 

なぜなら、時間を持て余していることを、自分が一番よく知っているからです。

時間が充分あるのに、忙しそうに見せているだけなので、時間をつくる必要がないのです。

時間をつくろうものなら、暇なことがすぐにバレてしまいますので。

 

本当に忙しい人との違い

本当に忙しい人は、そんなこと言っていられないので、とにかく行動しています。

仕事ができるので、仕事をよく割り振られており、周りも本当に忙しい人だと分かっています。

 

ポイント

仕事ができる忙しい人は、時間を大事にします。

仕事のできない忙しいアピールの人は、時間を無駄にします。

 

忙しい人は、何とか時間をつくろうと努力しますので、ますます仕事ができるようになります。

仕事ができるので、周りの信頼もあり、重要な仕事を任されます。

 

忙しく見せているだけの人は、どうでもいい簡単な作業を、いかに忙しそうに見せるかに力を入れています。

仕事ができないのにプライドが高くて、見た目だけを演出するのですが、基本簡単な仕事ばかりをやっていて暇なことを、周りは分かっています。

面倒臭いヤツと思われて、忙しく見せれば見せるほど誰も相手をしなくなります。

 

ただ要領が悪いだけの人

ただ要領が悪くて、「結果的に」忙しくなってしまっている人もいますが、そいう人は、本当に忙しいと感じているので、忙しいとわざわざ言ったりしません。

そういった余裕がなかったりします。

本人は一生懸命なので、そのうちコツをつかんで、うまく出来るようになったりするんですよね。

 

忙しいアピールは、余裕があって暇でないと出来ないのです。

 

忙しいを解決する方法

 

本当に忙しいと思い込んでいるだけの人は、自分が何に時間を使っているのか確認するだけで、時間がつくれたりします。

自分の行動を洗い出して、不要なもの全部やめるのです。

これだけで、時間ってつくれるものです。

 

ネットサーフィンのしすぎ、YouTubeやテレビの見すぎ、誰かとしゃべりすぎ、SNSにハマりすぎとかですね。

意外と無駄なことをしている時間に気づいていなかったりします。

それに、時間がないと言っても、秒単位で忙しい人なんて、見たことないですよね。

 

ただ、無駄に使っている時間に、気づいていないだけかもしれませんよ。

とりあえずこのひとつだけでも、やってみる価値はあります。

 

忙しいも使いどころがある

忙しいって、言ってはいけないということではありません。

付き合いたくない人、面倒な人とか、断ったりするときには使えたりしますからね。

ですが、過剰にいつも忙しい、話す度に忙しいと言っていると、忙しいの言葉に重みがなくなります。

誰にも信じてもらえなくなりますし、嫌われる可能性が高いです。

気づいた時には、誰も相手にしてくれなくなっていますよ。

 

忙しいと言わざる負えない会社なら

 

もしかすると、今の会社では活躍できないのかもしれません。

自分の力を発揮できないがうえに、そういった行動をとっている場合もあります。

好きってわけではないけど、得意だったりすることで貢献できる仕事があるなら、転職してみるのも、ひとつの選択だと思います。

今の会社で、変われそうにもないならですが。

 

まとめ

 

忙しいアピールをしていると、誰からも相手をしてもらえなくなる場合があります。

そういうことに気づかずに、忙しいアピールをしている場合もあるので、自分の行動や言動をチェックしてみてはいかがでしょう。

 

周りにうまく見せているようでも、気づかれていますので、そんなことに力を入れるくらいなら、他の仕事を手伝うなりするだけで、印象は良くなりますよ。

それに、忙しいの言葉をやめるだけで、周りの反応も変わってくると思います。

 

忙しいアピールは、余裕があって暇でないと出来ません。

忙しそうに周りに見せることが、忙しくなっていないか、考えてみてはいかがでしょうか。

 

-ヒント

© 2021 e-きっかけブログ