foods、drink

モルトパフがサクサクすぎる!アーモンドチョコレートクリスプ、レビュー感想、アーモンドチョコレートとの比較もあり

アーモンドチョコレートクリスプのパッケージ

 

基本のアーモンドチョコレートにするのか、もしくはアーモンドチョコレートクリスプにするべきか。

この2択で迷ってしまう人って、多いと思うんですよね。

 

そんな時に、どうやって決めているんでしょうね。

聞いてみたいです。

 

私は、どちらが好きかと聞かれると、非常に悩んでしまいます。

どちらもそれぞれ良さがあるので、その時の気分…でしょうか。

 

クリスプと、アーモンドチョコレートとの比較は、最後にあります。

 

アーモンドチョコレートクリスプ、レビュー

 

アーモンドチョコレートに、モルトパフが入ったことによって、食感が変わって、少し甘さも控えられているような感じがします。

チョコは同じなのかは、ちょっと謎ですね。

 

アーモンドチョコレートと同じで、ビターとミルクの二層のチョコを、アーモンドにコーティングさせているのかは分かりませんが、原材料がモルトパフを除いて、ほとんど変わらないので、多分同じだとは思いますが。

箱から引き出した時の香りは、相変わらず強烈にいい香りがしますよ。

 

アーモンドチョコレートクリスプは食感が特徴

 

クリスプの噛み心地は、全く重い感じがしないので、優しい食感になっています。

噛み続けても、サクサク感が続きますし、食感としてはクリスプの方が楽しいかもしれませんね。

 

1粒の大きさとしては、一口サイズにはなっていますが、チョコの中では、ちょっとだけ大きめのサイズかもしれません。

それに、パフが入っている分、アーモンドチョコレートより、丸みを帯びた形になっています。

 

アーモンドチョコレートクリスプの中身

 

食感はといいますと、チョコレートの、しと~って食感よりも、サクサクとした食感がすぐに来るので、本当に柔らかく軽いチョコレートって感じになっています。

それから、すぐにアーモンドのカリって食感がきますよ。

 

サクカリって感じで、カリっまでがすごく軽く、早く訪れます。

それと、箱から引き出しを引き出した時の、アーモンドチョコレートが箱の中で転がる音。

 

これも気持ちよくて、何から何まで気分を上げてくれるんですよね。

この音、きっと好きな人いますよね?

 

そんな演出まで狙っているかどうかは知りませんけど、その部分も高評価です。

 

アーモンドチョコレートクリスプの入数

 

1箱に、アーモンドチョコレートクリスプは「21個」入っています。

内容量は89gなので、1個当たり4.2gくらいですね。

 

アーモンドチョコレートは86gなので、クリスプよりも3g少なくなっています。

個数が同じなので、モルトパフ分?の重さだと思いますが。

 

今まで数なんて、数えたことなかったのですが、意外と入ってるんですよね。

なんとなく毎回、量的に満足できるイメージはありましたけど。

 

アーモンドチョコレートクリスプのおいしさ

 

アーモンドチョコレートクリスプのポイント

チョコのほどよい甘さと、サクサクと軽い食感に、アーモンドのカリっとするちょっとした重厚感が特徴ですね。

 

口に放り込むと、チョコのおいしそうな香りが口いっぱいに広がって、表面のチョコのしっとり感を感じるよりも先に、まずサクサクっとした食感を楽しませてくれます。

そして最後に、カリッとするアーモンドの噛みごたえでまとめてくれるような、そんな楽しいチョコレートになっています。

 

チョコの甘さと、アーモンドが一緒になることで、いい甘さと味を演出してくれています。

しかも最後まで、サクサク食感を長く楽しめるんですよね。

 

気分で使い分けるなら

気分がいい時は、クリスプのサクサクを楽しんで、ちょっとイライラや不機嫌な時は、アーモンドチョコレートって感じがします。

奥歯でアーモンドをカリッってさせて、怒りを発散できそうな感じがしますので。

 

味はどちらにしても、完璧ですね。

 

原材料やカロリーなど

アーモンドチョコレートクリスプの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

アーモンド、砂糖、全粉乳、カカオマス、植物油脂、モルトパフ(小麦粉、でん粉、モルトエキス、食塩)、ココアバター、乳糖/光沢剤、乳化剤(大豆由来)、膨脹剤、香料、カラメル色素

 

栄養成分表示(89gあたり)はこちら

エネルギー507kcal、たんぱく質8.9g、脂質32.8g、炭水化物43.9g、食塩相当量0.21g

 

LOTTEのアーモンドのこだわり

U.S.D.A(米国農務省)が定める最高クラスの基準より、さらに厳しい基準でアーモンドを選別しています。

 

 

アーモンドチョコレートとアーモンドチョコレートクリスプ比較

 

アーモンドチョコレートと、アーモンドチョコレートクリスプの一番の違いは、食感です。

 

アーモンドチョコレート:しと~カリっ!

アーモンドチョコレートクリスプ:サクサクっカリっ!

 

アーモンドチョコレートは重い食感ですが、クリスプは軽い食感が特徴です。

 

アーモンドチョコレートとクリスプの違い

 

ですから、クリスプの方が、噛み砕きやすいです。

チョコとアーモンドの間にモルトパフがあるので、空気感といいますか、空間があるのでサクッと噛みやすい。

 

アーモンドチョコレートは、チョコとアーモンドの空間がなくチョコがコーティングされているので、若干クリスプよりも硬く感じます。

そして、大きさはクリスプの粒の方が大きくなっていますよ。↓

 

上がアーモンドチョコレート(細身)、下がアーモンドチョコレートクリスプ(ふくよか)です。

 

アーモンドチョコレートとクリスプの比較

 

入っている個数は同じですが、クリスプが3g多く入っています。

 

 

アーモンドチョコレート:甘すぎなくてクセになる

アーモンドチョコレートクリスプ:サクサク食感でクセになる

ということで、どちらを食べても、クセになるということです、はい。

 


 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ