本記事には広告も含まれています。

キャンプギア

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱをおすすめする理由

 

当然かもですが、ユニフレームのフィールドラック購入ついでに、フィールドラック専用のステンレス天板2も購入しました。(ちなみに評価がめちゃめちゃ高いです)

 

もしかすると、フィールドラックを買わずに、天板だけ買う人もいかるかもしれませんが、単体で使うには不便だと思います。

 

フィールドラックだけでも便利なのですが、個人的に、フィールドラック自体、キャンプ用品の物置きではなく、バーベキュー用のテーブルとして使いたかったので、天板が必須でした。

天板には、木の天板もあり、雰囲気的にはWOODの方がいいのですが、テレンスにしたのは、熱いものが置けるって点と、焼き肉のタレを落としても気にならないってことで選びました。


 

そして買ってみて分かったのですが、見た目が非常にかっこいいです。

黒のフィールドラックの上にのる、表面加工された鈍いシルバーがのると、遠目から見てもかっこいいですね。

 

そんなステンレス天板の、使用感をレビューしていますので、参考にしてみてください。

 

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱの開封レビュー

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱ

 

傷防止の青いフィルム等は張られていませんが、パッと見の第一印象がいいです。

この時点で、すでにかっこよく、オシャですね。(ブルーロックの蟻生も気に入りそう)

 

開封すると、さらに見た目がいい感じです。↓

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱ開封

 

ただ、ここで欠点が一つ。↓

 

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱの小物かけ

 

見ての通りですが、持ち上げるときに、小物掛けが下にぶら~んとします。

フィールドラック自体は、持ち上げても脚が固定されているのですが、ステンレス天板2の方は違うみたいです。

 

ですから、片手ではフィールドラックの上には乗せれないですね。↓(ぶら~ん)

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱの小物かけがぶら~ん

 

ちゃんと両手で、左右の小物掛けをもって、乗せなければいけません。

ですが、逆にいいのかもしれないとも思いました。

 

小物かけが固定されていると、片手で雑に乗せるかもしれません。

そうなると、きっとフィールドラックの方に、傷がついてしまうと思うんですよね。(錆の原因に)

 

小物掛けがぶら~んとなると、両手でしっかりもって、真上からしっかりと収まるように置くようになるので、フィールドラックに傷はつきにくくなると思います。

ですが、小物掛けは、外側に出さずに内側にしたままでもフィールドラックに置けるのですが、その場合には、ぶら~んが面倒だったりします。

 

その点が、ちょっとはじめに気になる点ですね。

ただ見た目は、何度もいいますが非常にかっこいいです。

 

ユニフレーム フィールドラックにステンレス天板Ⅱをのせた状態

 

両サイドに小物掛けがつけているため、天板の上に4か所2つずつの、丸い溝がありますが、それも含めて見た目がいいです。

何か詰まったら、掃除が面倒そうではありますけど。(特に焼き肉のたれとか)

 

このステンレス天板2は、フィールドラックと同じく、仕様変更がされています。

旧ステンレス天板には、小物掛けがついていないので、この溝はありません。↓

 

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱの溝

 

それと、あと一つ上げるとすれば、手垢?指紋?がつきやすいです。

表面も多少気になる人は気になるかと思いますが、裏は特に目立ちますね。(拭けばすぐとれますが)

 

そして個人的には、この型押しされたロゴの感じが、好きですね。↓

 

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱのロゴ

 

これがあるのとないのとでは、見た目の印象がかなり変わってくると思います。

機能性が一番ですが、やっぱり見た目って気分に左右するので大事ですよね。

 

重く感じるフィールドラック+ステンレス天板2

ステンレス天板2は、約1.3kgあるので、約1.7kgのフィールドラックと合わせると、約3㎏になります。

そんなに重いってほどでもないのですが、つくりの見た目からと、持ち上げるときの触った感じの重厚感から、気持ち的には重く感じます。

 

フィールドラックを含め、天板も一切ふにゃっとしないので、がっしりとした感じから、そう感じてしまうんですよね。

ですから安心感は、すごいです。

 

ちょっとやそっとじゃ倒れませんし、荷物置きにしてもテーブルにしても、信頼のおけるキャンプギアですね。

 

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱ

 

ステンレス天板2のスペック

使用時:約66×34.3×1(高さ)cm
収納時:約59.2×34.3×1(高さ)cm
材質:ステンレス鋼
重量:約1.3kg

 

サイズ的に、テントの中でも、意外と使い勝手がいいです。↓

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱ&テント

 

それに、熱さを気にせず使えるテーブルは、用途が広く、かつ何も気にしなくていいので、気楽に使える点でもメリットでしかありません。

ユニフレーム フィールドラック ステンレス天板Ⅱ&SOTOのバーナー

 

ですから、ユニフレームのフィールドラックを持っていたり、購入しようと思っているなら、一つ持っておくと便利だと思います。



 

横幅広めのローチェアともサイズ感が合っていて、見た目もいい感じですし、気持ちも上がると思いますよ。

ユニフレームのフィールドラックとオンウェーのローチェア

 

ユニフレームのフィールドラック
ユニフレームのフィールドラック開封レビュー、テーブルとしておすすめ

  今回の開封レビューは、ユニフレームのフィールドラックです。 リンク   ユニフレームのフィールドラックといえば、キャンパーでは知らない人はいない? くらいの有名キャンプギアだと ...

続きを見る

 

キャンプギアの普通にいいものを、安く提供しているイグニオは、さらに値下げされた価格で購入できたりするので、キャンプするなら、とりあえずチェックをおすすめ。圧倒的にコスパがいいです。

【最短翌日配送】アルペン公式オンラインストア


キャンプ用品のセールが多く、お手頃価格でブランドギアが購入できます。しかもポイントの還元率も高く、お財布に優しいキャンプギアサイト。



キャンプをしながら、映画やアニメ、ドラマで盛り上がれる、1食分以下の料金で、エンタメが30日見放題。

まだ契約していないならこちらから

-キャンプギア