foods、drink

シャふわっって、すぐに消えてなくなるチョコ棒、レビュー感想

チョコ棒のパッケージ

 

チョコ棒といえば、その軽さですよね。

見た目の大きさと違って、軽すぎるので、空気を持っている感じがします。

 

軽いので、買い物には便利ですが、意外と場所をとるみたいな。

でも、空気のように軽いお菓子なのですが、その袋には満足がパンパンに詰まっています。

 

チョコ棒レビュー

 

軽い!

さっきから、軽いしかいってませんが、放り投げると浮くんじゃないかって思ってしまいます。(大げさ)

 

チョコ棒の中身

 

食べてみても、ふわふわしそうなくらい軽い食感で、なんだか疲れを癒してくれるんですよね。

頑張らなくても食べられるみたいな。

 

軽ーいサクサク感って、分かりますかね。

シャふわっって感じなんですよ。(シャって音がなったと思ったら、すでにふわって消えていくような)

 

チョコ棒はとにかく食感も軽い

 

口に入れた途端に、溶けていきます。

溶けてく感じが、空気を含んでいて、シャリリリーって消えていくんですよね。(さっきから効果音、多めですけど)

 

チョコよりも先に、チョコにコーティングされている中のコーンパフ?が、先になくなっていくんです。

それから、しっとりしたチョコが口に残るんですけど、それが少しづつ口どけしていく感じですね。

 

コーンパフの方が厚みはあるのですが、エアリーな感じで、すぐ溶けてなくなります。↓

 

チョコ棒の口どけは素晴らしい

 

それが、抵抗を感じさせない食感も含めて、たまらなく美味しいんですよね。

原材料に、ピーナッツも入ってはいるのですが、若干風味を感じることができます。

 

食感としては、あまり残らない感じがしましたけど。(逆に残らなくて正解)

小ぶりですが、そんな存在が10本。↓

 

チョコ棒10本入り

 

たっぷり楽しめると思いますよね?

ですが、残念。あっという間になくなります。

 

口どけ良すぎて、食べた感じはしないので、やめ所が分からないお菓子なのです。

口の中が幸せですから、とまらないですし。

 

満足感は、十分つまっていますね。

 

チョコ棒のチョコは溶けやすい

 

それと、チョコも溶けやすいです。

袋の上から手にもっているだけで、体温で溶けていきます。

 

ですから、口どけいいのですが、ただコーンパフはチョコよりも、さらに早い口どけなので、チョコが最後に、しっとり消えていく感じになってしまっているんですよね。

 

私だけですかね、チョコ棒をシャっってかじった時に、よだれがでそうになるのは…。

 

原材料やカロリーなど

チョコ棒の原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、植物油脂、コーン(遺伝子組換えでない)、ココア、全乳粉、カカオマス、脱脂粉乳、ピーナッツ、小麦粉/乳化剤、香料、(一部に乳成分・落花生・小麦・大豆を含む)

 

栄養成分表示(1本あたり)はこちら

エネルギー39kcal、たんぱく質0.5g、脂質2.4g、炭水化物4.0g、食塩相当量0.01g

 

関連しているお菓子は、リスカの徳用チョコ棒ですね。

ピーナッツが苦手な人は、こちらがいいですね。↓


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ