foods、drink

袋の中で、レモンを搾った?湖池屋のストロング黒胡椒レモンチキン、レビュー

ストロング黒胡椒レモンチキンのパッケージ

 

パッケージ見ただけで、よだれが…。

レモンと黒コショウが、強烈に効いたチキンを想像してしまうと、そうなりますよね。

 

でもあくまでもチキンではなく、ポテチなので、どんな感じの味になっているのか、楽しみは膨らみます。

でも、「黒胡椒レモン」は文字が大きいのに、「チキン」の文字だけ小さいのはなぜなんだ…。

 

それに、ビールっぽい印象もあるので、アテのイメージを搔き立てているのかもですね!?

 

コイケヤオールスターアソート缶の側面
コイケヤオールスターアソートの詰め合わせ缶の中身はなに!?プライズ品【湖池屋アソート】

  コイケヤオールスターアソートは、UFOキャッチャーなどのクレーンゲームでゲットする、ゲームセンターの景品になっています。 プライズ品ですね。   取ろうと思えば、なかなかの金額 ...

続きを見る

 

ストロング黒胡椒レモンチキンのレビュー

 

開封すると、酸味のありそうなレモンの香りと、スパイシーな感じが混ざった、嗅いだことがないような独特な匂いがもれてきます。

 

ストロング黒胡椒レモンチキンの香りは、独特

 

タレに、たっぷりつけられたチキンに、これまたたっぷりとレモンを絞って垂らしたような、そんな香りも混ざっています。

でも一番強烈なのは、レモン感ですね。

 

袋の中で、レモンを搾って密封したような感じがしますよ。

でもなぜか、若干シーチキン?っぽい香りもします。(なぜ?)

 

ストロング黒胡椒レモンチキンは、レモン感が一番強烈

 

食べてみると食感はザクザクで、波打ちポテチは、食感の音を1段上げてくれるので、気持ちも上がりますね。

ですが、全然湿気ているわけではなく、サクサク、ボリボリした気持ちのいい食感なんですけど、どこかしっとりした柔らかさを感じさせてくれるんです。

 

多分ですが、レモンの搾った感じを出しているんだと勝手に思っているのですが、個人的にはそんな印象を受ける食感でした。

 

ストロング黒胡椒レモンチキンは、レモンの香りが一気に鼻に抜ける

 

一枚一枚の食べ始めが、物凄く美味いです。

口に入れた時に、一瞬だけ間があって、その後にレモンの酸味が一気にやってくるんです。

 

それから、野外でバーベキューをしているような、風味も感じることができます。

一瞬ふわっと、炭火っぽい感じがするんですよね。

 

ストロング黒胡椒レモンチキンは、野外でバーベキュウーをしているような気分になる

 

そこが、チキンを感じるポイントでしょうか。(小さく書かれていましたけど)

あとは黒胡椒が、ピリッとしたアクセントになっているのですが、どちらかというと、後味に残ってくるような感じです。

 

とにかくストロング黒胡椒レモンチキンは、レモン感が一番強いですね。

口の中から鼻に、一気に駆け抜けていくので、強烈に印象に残ります。

 

でもなぜか、口に入れる前の香りが、シーチキンっぽいんですよね。

食べると、そんな味はしないのですが。

 

原材料やカロリーなど

ストロング黒胡椒レモンチキンの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、デキストリン、ぶどう糖、食塩、ブラックペパー、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、ミートエキス調味パウダー(乳成分・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉を含む)、レモン果汁パウダー、粉末油脂、オニオン、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、香辛料抽出物、カラメル色素

 

栄養成分表示 1袋(56gあたり)はこちら

エネルギー314kcal、たんぱく質2.5g、脂質19.6g、炭水化物31.9g、食塩相当量0.8g

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ