キャンプギア

【キャンプギア】初心者がソトのバーナー<フュージョン>を選んだ7つのポイント&開封レビュー

 

キャンプギアを少しずつ購入しながら、細々と中庭で、キャンプの真似事をして楽しんでいます。

今回3つ目のキャンプギア、SOTOのバーナーをゲットしたので、カセットコンロから卒業かも!?

 

これまで手に入れたキャンプギア

  1. 山善のメスティン(1回で焦がした)
  2. PP-04のSORAの角型キャンピング鍋6点セット(まだ出番なし)
  3. SOTO(ソト)のバーナー<フュージョンST-330>(かっこいいので、眺めてる)

キャンプに欠かせないのは「火」ですよね。(中庭ですけどね…)

火があれば、大抵なんとかなる?ような気がしています。(中庭ですけどね…)

 

ってことで今回は、そんな火をおこす装置、バーナーを手に入れました!

実家のテーブルの上に、落ちていたカセットコンロを、こっそり持ってきて使っていたけど、使わなくなるかもですね。(世間的には落ちていたとはいわない)

 

イワタニのカセットコンロを、買おうかとも悩みましたよ。

お値段も優しいですしスリムですし、見た目もいいんですよ。↓これ


安定感も抜群ですし、カセットコンロは使い慣れているので、安心感もあります。(壊れませんし)

でも今回は、見た目もそうですけど、持ち運ぶとなれば、もっと軽くて小さなものが欲しくなるわけです。(持ち運ぶといっても、中庭で使うんですけどね…)

 

ですから、悩んだあげくソトのバナー、フュージョンにしました。

もしかすると、イワタニのカセットコンロも購入するかもしれませんけど…。(今使っているのを、落ちていたところに返すために…)

 

キャンプギア SOTO(ソト)のバーナー、フュージョン開封レビュー

 

新富士バーナーのブランド、SOTO(ソト)のバーナー<フュージョンST-330>レギュレーターストーブは、箱からしてセンスが光ってますよね。

フュージョンバーナー箱の正面↓

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>側面箱1

 

下3枚の箱写真は、右回りで写真を撮っています。

フュージョンST-330は、CB缶を使えるって点が、嬉しいんですよね。

 

家でカセットコンロを使っているなら、燃料はそのまま兼用で使えるってことです。

OB缶は、見た目もカッコよくていいのですが、お値段と売っているところが限られているんですよね。

 

ですから、今回はCB缶を使えて、見た目もかっこいい、フュージョンにしました。(それだけで決めたわけではありませんが)

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>側面箱2

 

フュージョンのゴトク天辺は、地面から9センチの高さになっています。

実はユニフレームのセパレートバーナー US-Sと、どちらにするのか悩みました。こやつです↓


ユニフレームの方は、SOTOのフュージョンよりもホースが長く、高さがあるんですよね。

火から燃料を離したい私としては考察するべき点でした。

 

ユニフレーム:高さ12センチ、ホース35センチ

SOTO(ソト):高さ9センチ、ホース17センチ(金属の部分を含めれば20センチ)

 

この点では、ユニフレームだったのですが…。

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>側面箱3

 

決め手は、マイクロレギュレーターと風防でした。

マイクロレギュレーターは、連続使用や低温時でも、安定した火力を発揮してくれるそうです。

 

そして家の中庭は、Gの形をしているので、風が強く吹き込んできます。

ですから、火口がすり鉢状になっているため、風防にもなるフュージョンにしたんですよね。

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>側面箱4

 

上の面はシンプルなデザインです。↓

留めを横に引き抜いてから、ふたを開けますが、このふたが両サイドの折り返しに引っかかって、ちょっと箱にしわが出来たりする場合の箱もありますよね。

 

でも、この箱はすーっと抵抗なくキレイに開いてくれるので、箱を傷めずにすみます。(箱をキレイに残しておきたい派です)

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>上面

 

ここから開封ネタバレになります。↓

ネタバレといっても、中身を見て買うでしょうから、あまり意味はありませんが…、言ってみたかっただけです…。

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>の箱を開封すると、こんな感じで入っています。↓

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>の箱開封

 

箱自体もコンパクトですが、中に入っているソトのフュージョンST-330バーナーは、さらにコンパクトです。

箱の中に、かなり空間が開いていますよね。

 

収納時は、幅150×奥行75×高さ90mmなので、どれだけコンパクトで軽い(重量250g)か分かってもらえると思います。

 

フュージョンのバーナーと、説明書を取り出してみると、こんな感じです。↓

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>のバーナーと説明書

 

手のひらに、すっぽり収まるサイズで、見事としかいいようがないデザインです。

設置も簡単で、折りたたんである4本のゴトクを、カチっと動かなくなるまで、横にスライドさせるだけになっています。↓

 

ゴトク(五徳)とは、鍋とかフライパンとかを置く台のことです。

ガスコンロの上に、爪みたいな脚が置かれている、あれですね。

 

これを買うまでは、そんな名前があったとは知りませんでしたけど…。

4本のゴトクを広げると、こんな感じですね。↓

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>ゴトクを開いてもコンパクト

 

「幅350×奥行120×高さ90mm」

大きめの鍋にも対応でき、安定しています。

 

ゴトクを広げたら、台形になっている、火力調整のつまみも折りたたまれているので、それも広げます。↓

写真の一番左、端っこについている、ピンみたいなものですね。

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>火力つまみ

 

これを回して、火力を調整します。

火をつける時に、開いてガスを出し、着火って感じですね。

 

その前に、CB缶の差し込み口と、CB缶を合わせて差し込んだら、上にまわしてセットします。↓

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>CB缶の差し込み口

 

あとは、着火スイッチをカチっと押せば、点火できますよ。↓

燃料缶の方に、着火スイッチがついているのは嬉しいですね。(火元についているものも多いので)

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>着火スイッチ

 

火をつけても静かで、弱火も安定しています。↓

約300個の炎は、みていても綺麗ですね。

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>着火

 

カセットコンロで使っていた、CB缶が使える分離型は、まさにゆる~くやりたい私のような人にとっては嬉しい形です。

それに、火の近くにガス缶がないので、安全性も高いですし、鍋なんか置いても安心です。

 

それに、マイクロレギュレーターが、火を安定させてくれるので、料理にも最適ですよね。

 

もちろんですが、なおすときも簡単です。↓

バネになっているので、ゴトクを上に持ち上げて、ロックを外し、横にスライドさせるだけでコンパクトになります。

 

SOTO(ソト)バーナー<フュージョンST-330>ゴトクを少し上に持ち上げれば、ロックが外れて、横にまたスライドできます

 

ソトを選んだ7点のポイント

  • 見た目がかっこいい
  • コンパクトで持ち運びが楽
  • CB缶が使える
  • 火元と燃料が離れている分離型
  • 4本(ゴトク)脚で安定している
  • マイクロレギュレーターで火力が安定
  • 着火スイッチがボンベ側についていて安全

 

とりあえず飾って、デザインを堪能してから使います。


ただ問題点は、使わず飾っておきたくなる、見た目をしているのが難点ですね…。

 

あとは、バーベキューを元々よくするので、ユニフレームのファイヤグリルを狙っています。


 

-キャンプギア

© 2021 e-きっかけブログ