foods、drink

チョコを石に見せるなんて凄いよね。ロックンチョコミルクのレビュー感想

ロックンチョコミルクのパッケージ

 

今では当たり前ですが、このお菓子って、はじめてみた時は、衝撃的だったんですよね。

子供が食べていた時は、え!?って思いましたよ。

 

今でも、チョコの香りがなかったら、きっとバレない気がします。

考えた人すげー。

 

ロックンチョコミルクのレビュー

 

店舗に飾る用?なのか、部屋に飾れるようにしてあるのか、裏に引っ掛けがついているんですよね。↓

 

ロックンチョコミルクの引っ掛け

 

用途は不明ですが、部屋の壁にたくさんあったら、おもしろそうですけどね。

ちょっと、石のキャラクターが怖い感じになるかもですけど。

 

箱をとった透明の丸い容器に入っている感じは、見た目も結構おしゃれです。↓

決して、箱がおしゃれではないと、言いたいわけではないですよ。(決して…)

 

ロックンチョコミルクの中身

 

水槽とかに入ってそうな、オシャレな石の見た目をしていますよね。

5色の色石が入っていますが、味はどれも同じです。

 

ロックンチョコミルクは5色とも味は同じ

 

香りは、美味しそうなミルクが強めの、チョコの香りになっています。

見た目の硬そうな石と違って、香りは優しい香りなんですよね。

 

味はミルクチョコレートで、食感は表面カリカリしていて、中はしっとりです。

石が、カリカリ、シャリシャリしながら溶けていく感じは、クセになるかもですね。

 

見た目もですが、食感も楽しいチョコレートです。

ミルクチョコで、甘さも控えめ、とってもまろやかな味なので、ずっと食べ続けられる感じがします。

 

食べていても、全然ムッとこないんです。

 

ロックンチョコミルクは優しいミルクチョコ味

 

玄関の、ちょっとした棚に飾っておいても、違和感なさそうな感じです。

出かける前にとか、帰ってきたときに、ちょっと摘まむのもありかもですね。

 

ジオラマやお菓子の家でも、使えると思いますよ。

ロックンチョコミルクは、見た目から楽しむ、エンターテイメント性ありありなチョコレートですね。

 

庭に落ちていてもチョコだと気づかないと思います。

アリが持っていくかもしれませんが。(試してみたい…)

 

原材料やカロリーなど

ロックンチョコミルクの原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

砂糖、植物油脂、ココアパウダー、脱脂粉乳、全粉乳、ココアバター、ゼラチン、コーンスターチ、コーンシロップ、ココアエキス、食塩/着色料(フラボノイド、クチナシ、カラメル色素、ラック、紅麹)、卵殻カルシウム、乳化剤(大豆由来)、増粘安定剤(アラビアガム)、香料、光沢剤

 

栄養成分表示 1カップ(40gあたり)はこちら

エネルギー208kcal、たんぱく質1.6g、脂質10.3g、炭水化物27.1g、食塩相当量0.03g

 

探してみたのですが、ロックンチョコミルクって、通販で売ってない感じです。

似たようなものはあるんですけどね。

 


 


 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ