foods、drink

まるでデザート!?甘いプライドポテト<芋まるごと食塩不使用>レビュー感想

プライドポテト<芋まるごと>パッケージ

 

湖池屋が、理想のうまさに、一歩近づいたと言っている、新プライド製法。

その製法がよく分かる、プライドポテトのプレーンって感じですね。

 

食塩を使わずに、製法と芋本来の味を味わえるようにした1品。

よほど美味しくないと、できない感じですよね。

 

プライドポテト<芋まるごと>パッケージ裏

 

プライドポテト<芋まるごと食塩不使用>

 

開封時の香りは、とってもいい香りがします。

まさにプレーンって感じですね。

 

じゃがいも本来の香りと言いますか、ポテトをしっかり揚げましたよって感じの香りが、すごく伝わってきます。

この匂いは、ポテチが食べられる!って、ワクワクするような、そんな期待に心躍るような気分になれるんですよね不思議と。

 

子供の頃に、フライドポテトを、揚げてもらった時のような、そんな楽しみを感じられる匂いです。

 

プライドポテト<芋まるごと>心躍るような気分になれるにおい

 

食べてみた第一印象は、甘い!です。

びっくりですね。

 

うすしおが基本なので、元々の味を知らなかったせいか、こんなに甘いんだって、ちょっと意外な感じがしてびっくりしてしまいました。

口に入れた瞬間に、すごく甘さを感じるんです。

 

プライドポテト<芋まるごと>口にいれた瞬間、甘さを感じる

 

原材料に北海道産の昆布や、ぶどう糖も使われているので、完全な芋本来の味ってわけではないのですが、違和感のない、納得してしまう甘さがあります。

芋ってこんな感じありそうだよな、みたいな。

 

素朴感の中にも、旨みと甘さが広がるので、尖った味がなくても十分美味いですね。

分類としては、どちらかと言いますと、ポテチの中では、デザートみたいな感じです。

 

食塩不使用で、甘さが際立っています。

 

プライドポテト<芋まるごと>甘さが際立つ

 

本当に芋の旨みと食感に、集中して味わえるような、ポテチになっていますね。

 

あらためて、プライドポテトってこんな食感だよなぁって、強く感じることができます。

湖池屋のプライドをかけた、新プライド製法のポテトの旨みが、よく分かる商品です。

 

プライドポテト<芋まるごと>新プライドポテト製法が良く分かる

 

全種類のプライドポテトを食べてきましたけど、個人的には、このプライドポテトが、一番美味しくて好きですね。

じゃがいも感が、すごくよく出ていて、その甘さにびっくりしますし、ポテトを味わっている感じがすごくよく分かります。

 

意外性としても、プライドポテトで一番ですね。

素材な味わいだけでは、物足りないと思う人にとっては、何も感じない可能性もありますけど、大人が味わう味って感じがするポテチです。

 

原材料やカロリーなど

プライドポテト<芋まるごと>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

馬鈴薯(日本:遺伝子組換えでない)、植物油、デキストリン、香味油、ぶどう糖、酵母エキスパウダー、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、昆布

 

栄養成分表示 1袋(60gあたり)はこちら

エネルギー325kcal、たんぱく質1.8~5.1g、脂質18.9g、炭水化物35.3g、食塩相当量0.06~0.14g

 

プライドポテト<芋まるごと>

 

味付きは邪道!じゃがいもを、じっくり味わいたい!

って人には、特にいいポテチになっています。

 


 


-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ