foods、drink

これほど塩がうまく感じることはなかった。ポテリッチ<うま塩味>レビュー感想

ポテリッチ<うま塩味>パッケージ

 

カルビーのポテリッチで期間限定商品。

2021年12月下旬に終売予定になっています。

 

食べてみた感じ、期間限定にしなくても…と思ってしまう、うまさがありました。

 

それに、ロレーヌ産の岩塩使用と書かれていても、塩の味なんて分からんでしょ!

なんてはじめ思っていましたけど、そんな考えも覆されました。

 

ポテリッチ<うま塩味>

 

開封時の香りは、ちょっと酸っぱい?といいますか、サワークリーム寄りの香りが若干します。

かすかにですけど、なぜか魚介の旨みっぽい感じの香りもあるので、若干の爽やかさも感じてしまいます。

 

といっても、油で揚げたポテチって感じの香りではあるんですけどね。

ですけど、さっぱりしてそうな雰囲気も醸し出しています。

 

ポテリッチ<うま塩味>若干の爽やかさも感じる香り

 

食べると、食感が割と力強い?って感じの、程よい硬さがあって、頭に響くザクザク感が、気持ちいいですね。

この波型は、割と柔らかいサクサクした感じのものが多い気がしますが、ポテリッチは、程よい硬さがあって、食べ応えがしっかりしています。

 

それに、はじめて感じましたけど、「塩が美味い!」です。

 

ポテリッチ<うま塩味>は塩が美味い!

 

今まで、「岩塩」使用とか書かれてあっても、あまり塩の違いが分からなかったのですが、このポテリッチでは、塩が美味しく感じます。

全く別物といいますか、深みがあるといいますか、その辺の味の違いが、とにかくよく分かります。

 

ポテチ自体の味わいでそう感じてしまうのか、他の旨み成分も入っているので、そのせいなのか分かりませんけど、塩がすごくうまく感じるのは間違いないです。

塩の広がり方が違うんですよね。

 

そんな感じなので、ポテチも甘く感じます。

 

ポテリッチ<うま塩味>は、塩の違いが良く分かる

 

口に入れるとまず、塩の旨みを感じて、それからポテチの食感とともに、いろんな旨味がやってきます。

それから、甘く感じたり、塩っけがさらにきたりと、味の変化が著しいですね。

 

いろんな旨みが、変わるがわる押し寄せてくる、そんな感じのポテチです。

うま塩って言うだけあって、確かに塩がうまいですね。

 

違いがよく分かります。

 

ポテリッチ<うま塩味>いろんな旨みが、変わるがわる押し寄せてくる

 

うま塩といっても、ただの塩味だと思っていると、ちょっとビックリする感じの味わいがありますよ。

「あっ!うまー」って、一枚で違いが分かると思います。

 

これは、なんか違うみたいな。

ですが、塩が効いているので、あと味で、舌の上に塩っけが割と強く残ります。

 

最終的には、喉が乾く感じはありますけど、塩以外にも、他の旨みが押し寄せるので、かなり美味いと思います。

 

自立するから食べやすい!?

ポテリッチ<うま塩味>自立型

 

このポテリッチは、縦に立つんですよね。

ですから、食べやすいみたいな感じになっているのですが、ハッキリいってしまうと、そうでもないような…って感じです。

 

なぜなら、横から手を突っ込んで取るのか、上から取るのかの違いなんですよね。

上に手を持ち上げなくてはいけない分、面倒な場合もあるので、個人的には横がよかったりします。

 

ですが、自立するので、ストックするとき便利なんです。

いつも棚に立ててストックしていますけど、自立してくれると、非常に助かります。

 

それに、棚に飾れるんですよね、このポテリッチ。

見た目もいいですし、これがなかなか悪くないです。

 

原材料やカロリーなど

ポテリッチ<うま塩味>原材料やカロリーなど

 

原材料はこちら

じゃがいも(国産又はアメリカ)、植物油、食塩、でん粉、たん白加水分解物(大豆・豚肉を含む)、こんぶエキスパウダー、マッシュルームエキスパウダー、白ワインパウダー、ほたてエキスパウダー、ミルポワパウダー、酵母エキスパウダー、チキンエキスパウダー、オニオンパウダー/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料

 

栄養成分表示 1袋(70gあたり)はこちら

エネルギー389kcal、たんぱく質3.9g、脂質24.7g、炭水化物37.7g、食塩相当量0.9g

 

ポテリッチ<うま塩味>

 


 

-foods、drink

© 2021 e-きっかけブログ